くるみ日和

結婚7年目のアラサー主婦です。
最愛の旦那くんと長女のちび子、愛猫くるみとの生活を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちび太出産記③

2013年08月03日 | 出産記
7月25日22時。
実母到着。

ちび子はまだ眠っていなかったけれど
痛みの間隔が10~15分になっていたので
母に寝かしつけを丸投げして旦那君と2人で産院へ出発。
玄関を出る際に「ンママぁぁぁぁぁぁ」とちび子の絶叫がきこえたけれど
後ろ髪をひかれながらも脱出しました。

23時産院到着。
担当してくれた助産師さんがものすごくべっぴんさんで
私と同い年、しかも生年月日がまったく一緒、
さらにご近所に住んでいると聞いて
初めて「あ、今日産まれるかも!」と思いました。

最初は陣痛がちび子の時の半分くらいの痛みだったので
到着してもおうちに帰されるコースかな~と思っていたのです。

でも、こういう縁にビビっとくるタイプの私は
完全に覚悟を決めました。
よっしゃ、いざ出産じゃ!と。

思った通り、子宮口は5センチで
25日か26日AMに産まれそうとのこと。

この後…恥ずかしながら20年ぶりくらいの浣腸をしました
自分では全然気にならなかったけれど
助産師さんいわく「シャレにならないくらいの便秘ですね」とのことで
選択の余地なく例のあれにお世話になりましたよ…
旦那君が手続き等で席を外している間の出来事だったのが唯一の救いでしたわ。
つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ちび太出産記② | トップ | ちび太出産記④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出産記」カテゴリの最新記事