Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

アマドコロ-房総丘陵

2019年04月23日 | みんなの花図鑑
アマドコロ(甘処)
学名 Polygonatum odoratum
クサスギカズラ科アマドコロ属
山地や山裾などに自生する多年草で、ナルコユリに似てますが茎に稜角があるのがアマドコロ、丸いのがナルコユリですので、茎を触ることによって同定ができる山野草です。
房総での花期は4月下旬から5月中旬で、ナルコユリよりも2週間ほど早く開花します。
2019.4.23撮影 房総丘陵にて











コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヒメコバンソウ-房総丘陵 | トップ | ヤマフジ-房総丘陵 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヒメフウロ (サンタさん)
2019-04-23 21:17:25
車旅好さん こんばんは‼
ヒメフウロウなのですね。
はじめて知りました。
いつも勉強になります。
アメリカフウロによく似ているのですが、
雄蕊の葯の色が黄色で違うのですね?
あと見分け方があるのでしょうか?
Unknown (kurumatabisky)
2019-04-23 22:15:45
サンタさん こんばんは~
ヒメフウロとアメリカフウロは花の形も違うので比較的わかりやすいかと思いますが、在来種のヒメフウロと外来種のヒメフウロはDNAを調べないと判別できないようです。
さらに複雑化しているのがヨーロッパ原産のヤサカフウロも酷似していることです。
外来種のヒメフウロは雌しべの柱頭は黄色で雄しべの葯が赤、ヤサカフウロは雌しべの柱頭も雄しべの葯も黄色です。 
難しいですねぇ。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事