太陽電池と水耕栽培と。。。 Season 9

いえのかたすみで野菜づくりin茅ヶ崎

太陽電池(SP75)の発電量はどのくらい?

2010-05-16 | 太陽電池

5月5日から14日までの10日間、バッテリの電圧とバッテリに流れ込む電流をデータロガーを使って測定してみました。

その結果、電圧が12V台から11V台に下がっているのが分かりました。この原因は「天気が曇りがちだったから」なのか、「ベランダへ射し込む日の面積が減ったから」なのか、「日の出・日の入りの時間がのびて、循環ポンプが稼動する時間がのびたから」なのか、それ以外の原因なのか分かっていません。

過去の経験からだと、バッテリの電圧が11.5V程度になると、その後いっきにこの電圧が下がってしまう、つまりバッテリがあがってしまう状態になります。循環ポンプを回す時間を光センサーによってコントロールするのではなく、別の方法でコントロールするかなど考えなければいけないかもしれません。

上の表をながめていると、13日は天気がよいのに電圧も電流もあがっていないのはなぜなのかというなぞもあります。引き続き測定をしていく予定です。

*****

太陽光発電を導入している住宅では、一般的に夏になると発電量があがります。しかし、我が家の太陽電池はベランダの床に置いてあるので、屋根や壁の影の影響をもろに受けます。5/5には、太陽電池全体に陽の光があたらなくなっています。

 5/5(12:00)の太陽電池への陽射し

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 土曜日恒例の微生物資材注入... | トップ | 【SideStory】ペチュニアの花 »
最近の画像もっと見る

太陽電池」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事