尾形修一の紫陽花(あじさい)通信

教員免許更新制に反対して2011年3月、都立高教員を退職。教育や政治、映画や本を中心に思うことを発信していきます。

「明治日本の産業革命遺産」への疑問④

2015年06月18日 21時34分42秒 |  〃 (歴史・地理)
 さて、「明治日本の産業革命遺産」問題も長くなった。問題をまとめた上で、最後に残された一番大きな疑問について書きたい。今回の「世界遺産」は、「1850年代~1910年」と時期を区切って、日本の「製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」に関する遺産を「稼働資産」を含めて構成したものである。

 これに対する僕の疑問は、
1850年代の「韮山反射炉」「鹿児島集成館」などは、「産業革命」と直接の関連がないのではないか。(広義の「近代化遺産」には間違いないが。)
「明治日本の産業革命」と言うならば、アジアで最初に近代的産業を達成した製糸、紡績産業を取り上げないのはおかしい。(日本の歩みに与えた影響が非常に大きく、また砲兵工廠などを除けば、本格的な近代的労働者は製糸、紡績の「女工」が圧倒的に多かった。)
「重工業の発展」を考えるならば、本格的に発展していく1910年以後を対象に含めないとおかしいのではないか。(それはまさに、日本の重工業が朝鮮半島、中国への侵略とともに発展していく過程であるから、近隣諸国の反発をそらすために、あらかじめ不自然な時期区分にしたのではないか。)

 例を挙げてみると、「軍艦島」とも呼ばれている「端島(はしま)炭鉱」の事例。確かに明治時代になって採掘が始まった。1890年に三菱が買い取って、以後本格的な採掘が始まる。しかし、この島の何が「世界遺産」と言えるのだろうか。「軍艦島」と呼ばれた独特の高層住宅の存在、そして1974年の閉山後に一種の「廃墟遺産」になっていることではないのだろうか。ところで、この独特な住宅などは、大正期以後に作られていったものだとされる。「明治日本」の遺産とは言えない。

 また「旧八幡製鉄所」関連の遺産の評価も疑問がある。確かにそれは「日本史」の上からは非常に重要な遺産である。でも、「世界遺産」とまで言えるのだろうか。日本がアジアで初めて近代化に成功したことは間違いない。ある時点では、それは「非西欧世界で唯一の」と言っても良かった。だが、21世紀の現在から見れば、それは「他の非欧米諸国に先駆けて」と言う位置づけになる。八幡製鉄所そのものは、技術的に何か新発明をしたというわけではなく、西欧諸国の技術を移転することに成功した場所である。とするならば、それ自体に大きな人類的価値があるのだろうか。日本が鉄鋼を自給できるようになったことは重要だが、そういう近代化は日本に何をもたらしたのだろうか。

 近代日本は絶えざる戦争の歴史だった。日本の産業革命は、果たして自国及び世界の人々を幸福にしたのだろうか。戦争を支える技術が発展しただけではないのか。いや、橋や駅やトンネル、港湾やダムなど、中には今も使われている建造物も多く作られ、日本人の生活を向上させたというかもしれない。だけど、それならそういう施設を「世界遺産」の候補にするべきではなかったか。横浜港や神戸港のさまざまな施設、東京駅、琵琶湖疏水、木曽川の読書発電所や大井ダム…候補はたくさんある。

 とともに、明治時代においては、炭鉱、鉱山の重要性が大きい。特に炭鉱は1970年頃まで、日本のエネルギーを担ってきた。今回の候補にある三池炭鉱の宮原鉱、万田鉱などは、明治末期の資産がそのまま残っているものが多く、その重要性からも「明治日本の産業革命遺産」にふさわしいと僕も認めるものである。だけど、なぜ筑豊炭鉱など他の炭鉱が入っていないのだろうか。さらに、足尾(栃木県)や小坂(秋田県)、生野(兵庫県)、別子(愛媛県)などの金属鉱山が入っていない。これは足尾鉱毒事件などの公害事件、戦時中の朝鮮人、中国人の強制労働問題を避けるためなのだろうか。それとも三菱、三井が重視され、住友、古河、日立などのより小さい財閥を軽視しているのか

 こうして見ると、今回の世界遺産は二つの方向で問題があるように思う。一つは「近代化にともなう負の側面」を無視していること。単に戦時中だけの問題ではない。産業革命の進展による「労働者問題」への目配りもない。重工業の発展が戦争と結びついていたこと。軍事産業が優先され、民生面の産業がおろそかになったこと。その結果、明治では足尾鉱毒事件などの公害問題を起こした。「明治の重工業の遺産」という中で、足尾関連が抜けているのは致命的な間違いだと思う。日本の近代化・産業革命を世界に紹介するなら、足尾と水俣を抜きにして、「明治の日本はすごかった」などと言ってはいけない。その悲惨な歴史を語り継ぐことこそ、「世界遺産」の価値がある。そして、その中に鉱山労働者の悲惨な労働も含まれる。もちろん、戦時中の朝鮮人、中国人労働者の悲惨な歴史も語り継いで行かないといけない。そのことを無視して、「時代が違う」と切り捨てるのは、歴史に対する不誠実である。

 もう一つは「民生面の遺産の無視」である。20世紀末になって、日本だけでなく、韓国、中国、インド、ブラジルなどの国々でも、重工業部門が発展した。しかし、多くのアジア・アフリカ地域では、やはり繊維産業などから発展する段階にある国の方が多い。そういう意味では、日本が非西欧社会で初めて工業化したという時、まず最初に発展し、海外進出もした紡績業を抜きに出来ない。戦前には大阪は「日本のマンチェスター」と呼ばれて、アジアの紡績業の中心だった。大坂はじめ、西日本には紡績業の遺跡もある程度残っているようで、それらは世界遺産にふさわしい。その時にも「負の側面」を無視できない。「女工哀史」と言われた悲惨な労働。これは今の世界で問題になっている女性、少年労働の問題を考える時に日本が世界に伝えるべきことだと思う。一方、民生産業としては、食品産業(日本酒や洋酒の醸造、しょう油等)、デパートやホテル(三越や日光金谷ホテル、箱根富士屋ホテルなど)なども忘れてはならない。特に最後に書いたデパートやホテルは、世界遺産的な価値がまだ認めらないかもしれないが、日本人が「近代化」を考える時に非常に重要だと思う。それらをまとめて言うと、ホントはいったん取り下げて再構成して申請し直す方がいいのではないかと僕は考えている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「明治日本の産業革命遺産」... | トップ | 「蜜柑とユウウツ」を見る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 〃 (歴史・地理)」カテゴリの最新記事