beatitude

好きなことだらけさ…

『ギフテッド』

2017年11月29日 | 映画 洋画

フロリダの小さな町。独身男のフランク(クリス・エヴァンス)は、
生意気ざかりの7歳の姪メアリー(マッケナ・グレイス)、
片目の猫フレッドと一緒にささやかな生活を送っていた。
その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになったことから揺らぎ始める。
メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクの前に母イブリン(リンゼイ・ダンカン)が現れ、
孫のメアリーに英才教育を施すため、フランクから引き離そうとする。
だが、フランクには亡き姉から託されたある秘密があった。
メアリーの幸せは、一体どこにあるのか……?
そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか……?
(MovieWalkerより)


天才少女絡みのありがちなストーリーだったけど、
マッケナ・グレイスの可愛さとクリス・エヴァンスやリンゼイ・ダンカン
大人の俳優さんたちの抑え気味の演技と構成がうまかったと思った。
中盤からフランクとイブリンの親権争いが始まるけど、
肝心のメアリーの気持ちは問題とされず、
大人の問題にすり替わっていて、実にアメリカ的。
その中で語られる母娘(メアリーにとっては祖母と母親)の現実や葛藤。
会った事もないメアリーの父親が登場して
真剣にメアリーを探そうとしてなかった事を知ったメアリーが落胆。
励ますために取ったフランクの行動。
ちょいちょい見応えシーンを挟んでうまくハッピーエンドにつなげてました。

それよりもここで「ナビエ-ストークス方程式」だの
「ポアンカレ予想」だの出てきたのでワクワクしてしまった。
いや、けして自分、数学の7つの難問を理解してるわけではありませんww
でも「ポアンカレ予想」を解決したとされるグレゴリー・ペレルマンの逸話は
あまりにも分けわからん状態で面白過ぎだし、
「ナビエ-ストークス方程式」を解いただとー!! 100万ドルじゃん!!とか
別の意味で興奮して観てました~www
そう、子供の人格形成に失敗すると難問解けてもペレルマンみたいになっちゃうよぉw


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『KUBO クボ 二本の弦の秘密』 | トップ | いやいや、マズイでしょww »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます(^^) (jun-sweets)
2017-11-30 10:00:50
ナビエ-ストークス方程式とかさっぱり分かりません(+_+)
数学 (kossy)
2017-11-30 17:40:08
中学時代は数学得意だったのにな~
難しい命題はさっぱりわかりませんが、
7歳の子がQEDと黒板に書いたところに感動しました!
jun-sweetsさん (kurukuru)
2017-12-01 17:54:53
私も中身はサッパリですwwww
でもミレニアム懸賞問題は興味深々ww
kossyさん (kurukuru)
2017-12-01 18:00:16
得意でしたか。
自分も学生時代は数学好きでした。
と言っても、上等で高等な分野を勉強したわけじゃないんですけどw
7歳であれだけできたら、長い人生の間にいろんな解答が出せるだろうから、うらやましいかぎりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事