beatitude

好きなことだらけさ…

『宇宙人ポール』

2012年01月26日 | 映画 洋画

1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、
ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。
この不可解な出来事から60年。
イギリス人のSF作家クライヴ(ニック・フロスト)とイラストレーターのグレアム(サイモン・ペッグ)は、
世界中のマニアが集うイベント“コミコン”に参加した翌日、
レンタカーでアメリカ西部のUFOスポット巡りに出発。
その途中、ネバダ州のエリア51付近で1台の暴走車の事故現場に遭遇する。
恐る恐る車内の様子を窺うと、姿を現したのは、“ポール”と名乗る宇宙人(声:セス・ローゲン)。
地球を訪れた60年前、政府の秘密施設に拘束された彼は、
解剖されそうになったところを逃げ出してきたのだ。
故郷に帰るのを手伝ってほしいと頼み込むポール。
宇宙人にもかかわらず、長年の地球暮らしで
すっかりアメリカナイズされた毒舌とフランクな性格のポールに驚きつつも、
不思議な能力を持ち、人知れず世界中の大衆文化に影響を与えてきた意外な一面を垣間見たことで、
2人は徐々に打ち解けてゆく。
そんな彼らの前に現れたのは、ポールを捕えるために派遣された捜査官ゾイル(ジェイソン・ベイトマン)。
凄腕のゾイルは間もなく、クライヴとグレアムがポールの逃亡を手助けしていることを突き止める。
一方、ポール一行はひょんなことから、宿泊先のモーテルで働く
敬虔なクリスチャンのルース(クリステン・ウィグ)を誘拐する羽目に。
しかも、グレアムが彼女といい雰囲気になってしまう。
ルースの父、モーゼス(ジョン・キャロル・リンチ)は怒り心頭。
過激なキリスト教原理主義者の彼はライフルを手にその後を追う。
ゾイルやモーゼスの激しい追撃を危機一髪のところでかわす4人。
次第に固い絆で結ばれてゆく一行は、いよいよ目的地に到着。
そこには、想像を絶する驚きの光景が広がっていた……。
(goo映画より)



やっと観てきた!チラシを見た時から絶対観に行こうと思ってた1本ですw
もったいないので、情報は一切入れずに行ってきました。
期待を裏切らず、十分楽しんできましたよ。
何のひねりもないベタなタイトルといい、
どこかで観たシーン満載の展開といい、
下品なギャグもいっぱいでB級臭プンプン、面白かったです。
最後に登場したシガニー・ウィーヴァーにもちゃんと驚いて、扱いにさらに驚きましたw
一人としてカッコイイ男がいなくて、
ではポールがクールかといえばそうでもなく、
どこかオヤジ臭のするヤンキーなんだもん。
最後の責任の取り方はカッコ良かったかも~w
おばさんも乗りたいよ(ノ≧∀≦)ノ 




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 『ミラノ、愛に生きる』 | トップ | 早かったなぁΣ(゜□゜) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dezire)
2012-01-26 09:28:17
こんにちは。

おもしろそうなSF映画ですね。
私も時々SFを見たい気分になるので、興味深く読ませていただきました。
一度見てみたくなりました。

私はブログにバルト三国・リトアニアのヴィリニュスの美しい寺院と聖堂の写真を載せましたので。ぜひご覧になってください。

よろしかったらブログに感想などなんでも結構ですので、コメントをいただけると嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

宇宙人ポール (だらだら無気力ブログ!)
期待通りで面白かった!
宇宙人ポール/PAUL (LOVE Cinemas 調布)
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のサイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディ。ポールという名前の宇宙人と、オタクの青年2人がアメリカ大陸のミステリースポットを旅してゆく。ポールの声を『50/50 フィフティ・フィフ...
グレッグ・モットーラ監督 「宇宙人ポール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
あけましておめでとうございます。 稚拙なブログですが… 本年もまた、宜しくお願いしますm(__)m 早速、今年一番最初のレビューですが 新年ですから、楽しい映画が良いなぁ~と言うことで、この映画を観てきました。 オフィシャルサイト⇒http://www.paulthe...
宇宙人ポール (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙人はつらいよ 公式サイト。原題:PAUL。グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライ ...
宇宙人ポール / PAUL (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で人気のコンビ、 サイモン・ペッグ&ニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディーで帰って来た 全米で今年の3月公開。日本ではしたコメ映画祭で秋に上...
宇宙人ポール/サイモン・ペッグ、ニック・フロスト (カノンな日々)
予告編を見て一目惚れです。これは絶対に観ようと思っていました。かなりいい感じのB級臭はもちろんのことSF映画ファンにたまらない感じのオマージュとパロディ要素に期待大の作品 ...
宇宙人ポール  監督/グレッグ・モットーラ (西京極 紫の館)
【出演】  サイモン・ペッグ  ニック・フロスト  クリステン・ウィグ  セス・ローゲン(ポールの声) 【ストーリー】 1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは、アメリカ・サン....
「宇宙人ポール」 これこそスピルバーグLOVE、宇宙LOVE (はらやんの映画徒然草)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
『宇宙人ポール』をユナイテッドシネマ豊洲3で観て、あははははふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おもろい。欠点がない、ような気がする】 おもろい。 欠点がない、ような気がする。 まあ、オタクが主役で、その描かれ方がちゃんとしてる映画は 前提 ...
宇宙人ポール(2010)★☆PAUL (銅版画制作の日々)
 ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!?友情は星を超える! 評価:=90点 わあ~このコンビものがとても好きなんです!それに+人間みたいな宇宙人ポールが絡んで最高で~す! ただコミックオタクとかにはまったく興味もないしそのあたりはよくわ....
宇宙人ポール (食はすべての源なり。)
宇宙人ポール ★★★☆☆(★3つ) SFオタクのイギリス人青年クライブとグレアムは、全米最大のコミックイベント、コミコンと米中西部のUFOスポットをめぐる旅を楽しんでいた。その途中、ネバダ州のエリア51を通りかかった2人は、ポールと名乗る本物の宇宙人と遭...
宇宙人ポール (風に吹かれて)
SFオタクの夢かなう公式サイト http://www.paulthemovie.jp1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が、愛犬
「宇宙人ポール」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ツボにハマった。 どこが? わからん。このユルい感じの宇宙人にしてやられたとしか、言いようがない。 頭でっかちの、つるっぱげ。「未知との遭遇」の宇宙人がそのままじっちゃんになったような容貌。 古今東西SF映画に出てくる宇宙人の典型。 こいつが、品は悪いわ....
宇宙人ポール (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
宇宙人ポール '10:イギリス ◆原題:PAUL ◆監督:グレッグ・モットーラ ◆出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー ◆STORY◆1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギ...
宇宙人ポール (銀幕大帝α)
PAUL/10年/米/104分/SFコメディ/PG12/劇場公開(2011/12/23) -監督- グレッグ・モットーラ 過去監督作:『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 -脚本- *サイモン・ペッグ *ニック・フロスト -出演- *サイモン・ペッグ…グレアム 過去出演作:『スタ...
宇宙人ポール (いやいやえん)
サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビが帰ってきましたよ! SF作家とイラストレーターの二人がコミコンの帰りにUFO関連の観光地巡りをしていたところ、なんと宇宙人と遭遇。ポールと名乗るその彼はめちゃく
宇宙人ポール (Paul) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 グレッグ・モットーラ 主演 サイモン・ペッグ 2011年 アメリカ/イギリス映画 104分 コメディ 採点★★★★ そのむかしの宇宙人っていえば、子供心にトラウマを植え付けさせられたフラットウッズモンスターや、警官が撮影したとかいうアルミホイルを巻き付け...