beatitude

好きなことだらけさ…

『イントゥ・ザ・ウッズ』

2015年03月19日 | 映画 洋画

長年子どもを授からないことに悩んでいたパン屋の夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)は、
その原因が魔女の呪いにあったことを知る。
ある日、突然訪ねてきた魔女(メリル・ストリープ)から「呪いを解くためには、森に入って
〈白い牛、赤い頭巾、黄色い毛、金のように輝く靴〉を集めることが必要だ」と聞かされた二人は、
子どもを授かるという“願い(wish)”を叶えたい一心で森の奥へと出かけていくのだった。
時を同じくして、おとぎ話の主人公たちも、それぞれの“願い(wish)”を持って森へと入っていく。
赤ずきん(リラ・クロフォード)は、オオカミ(ジョニー・デップ)に狙われていることにも気付かずに、
楽しいことを探しながら森に住むおばあさんのお見舞いへ、
ジャック(ダニエル・ハットルストーン)はお金持ちになることを夢見ながら牛を売りに出かけ、
シンデレラ(アナ・ケンドリク)は母の眠る森のお墓の前で舞踏会に行きたいと祈り、
そしてラプンツェル(マッケンジー・マウジー)は魔女によって森の中の塔に閉じ込められながらも、
いつか自由の身になることを願っていた。
そんな彼らとパン屋の夫婦が森の中で出会い、それぞれの運命が少しずつ変わっていく……。
(Movie Walkerより)


あ~ゴメンナサイ。自分には面白くなかった…。
特にミュージカルの気持ち悪さは感じなかったけど、
歌を聴いてると眠くてしょうがなかった。
一緒に行った下の娘は、思ってたより面白かったと言っていたので、
ダメなのは映画じゃなくて自分かw

元のミュージカルは知りませんが、おとぎ話をつなげるのは
NHK-BSで放送してた「ワンス・アポン・ア・タイム」を思い出し、
(そのドラマもまだ話の決着ついてないのに、シーズン2終わったしww)
なんだか途中で飽きてきたw
『イントゥ・ザ・ウッズ』の舞台初演が1987年というから、こちらの方が先なんですけどね。
最後は人生には裏表がある。でも人は一人じゃないと歌ってたと思いますが、
深遠なテーマとやらが、ぜんぜん伝わってこない。(寝てたからか!?)
豪華な俳優陣なのに退屈でした。
一番面白かったのは王子二人が水をバシャバシャさせながら
歌い、カッコつけるシーンかな。
あそこはウケたなぁwww



コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 『劇場版 境界の彼方 I’LL BE... | トップ | 『ヴァチカン美術館4K3D 天国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

イントゥ・ザ・ウッズ (試写会) (風に吹かれて)
めでたしめでたしのあとも人生は続く 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/woods3月14日公開 ブロードウェイミュージカルの映画化 監督: ロブ・マーシャル  「
イントゥ・ザ・ウッズ (本と映画、ときどき日常)
監督 ロブ・マーシャル 出演 メリル・ストリーブ     エミリー・ブランド     ジェームズ・コーデン 子宝に恵まれないパン屋さんの夫婦。 実は魔女に呪いをかけられていた。 その呪いを解くために準備するもの… 赤のずきん 真っ白な牛(ジャックと豆の...
イントゥ・ザ・ウッズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカル。ブロードウェイで上演され、トニー賞を受賞したミュージカルを基に、『シカゴ』『NINE』などのロブ・マーシャ...
イントゥ・ザ・ウッズ (だらだら無気力ブログ!)
ディズニー作品で童話のキャラが出るから、アナ雪みたいに子供が楽しめるかと思ったけれど、コレ、子供は全然楽しめないな。
イントゥ・ザ・ウッズ 字幕版(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[イントゥ・ザ・ウッズ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:吉 2015年11本目です。 【あらすじ】 子供がなかなかできずに悩んでいたパン屋夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)のもとに謎の魔女(メリル・ストリープ)が...
『イントゥ・ザ・ウッズ』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ウッズ」□監督 ロブ・マーシャル□脚本 ジェームズ・ラパイン□キャスト メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、        アナ・ケンドリック、クリス・パイン、ジョニー・デップ■鑑...
イントゥ・ザ・ウッズ (映画的・絵画的・音楽的)
『イントゥ・ザ・ウッズ』を吉祥寺オデヲンで見てきました。 (1)暇ができたので映画館に行ってみようと思っただけのことで全然期待していなかったのですが、ミュージカル物としたらこんなところなのかな、でもあまり出来の良くない作品ではないかなと思いました。  本...
森へ~『イントゥ・ザ・ウッズ』 (真紅のthinkingdays)
 INTO THE WOODS  パン屋を営む夫婦(エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン)は、子宝に 恵まれないことを悩んでいた。自分たちに魔女(メリル・ストリープ)の呪い がかけられていると知った二人は、呪いを解く4つの品々を魔女に捧げる ため、...
映画:イントゥ・ザ・ウッズ Into the Woods 名作のhappy ever afterのその後を描く 異色のディズニー映画 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ミュージカルの映画化らしいが、ほとんど無知識のまま鑑賞。 登場するのは、ディズニーのおかげで?有名になったキャラたち、が大集合! それらは、 ・シンデレラ ・赤ずきん ・ジャックと豆の木 ・ラプンツェル それぞれの運命がからみあいつつ、各々の定番物語が展...
「イン・トゥ・ザ・ウッズ」 (ここなつ映画レビュー)
赤頭巾ちゃんがおばあさんをお見舞いに、ジャックは牛を売る行き道に、シンデレラは舞踏会に行けない悲しみを母の墓前にぶつける為に、ラプンツェルはその中の住まいで、そしてパン屋は魔女の呪いを解く物を見つける為に、みんながみんな、それぞれ森に入っていく。イン...
『イントゥ・ザ・ウッズ』をトーホーシネマズ六本木2で観て、アナ・ケンドリックは好きよふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★二次創作っぽい】   お伽話のこれとこれをくっつけたら面白そうて、素人考えだよなあ。 纏まってるからそんなに素人発想に見えないけど。 後半、怪獣映画 ...
イントゥ・ザ・ウッズ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
イントゥ・ザ・ウッズ '14:米 ◆原題:INTO THE WOODS ◆監督:ロブ・マーシャル「シカゴ」「SAYURI」「NINE」 ◆出演:メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティン・...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 森が象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
おとぎ話やディズニーのアニメでお馴染みの「シンデレラ」「赤ずきん」「ジャックと豆
イントゥ・ザ・ウッズ (いやいやえん)
【概略】 世界中で愛されるグリム童話を現代版にアレンジしたストーリーに登場するのは、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん、ジャックと豆の木のジャックなど、願いを叶えたはずの“おとぎ話”の主人公たち。そして、彼らを待ち受けていた驚くべき運命とは…!? ミュ...