beatitude

好きなことだらけさ…

『オブリビオン』

2013年06月06日 | 映画 洋画

西暦2077年。60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により地球は荒廃し、
人類の大半は、土星の衛星であるタイタンへの移住を余儀なくされていた。
そんな中、地球にたった二人残った元海兵隊司令官ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)と
ヴィクトリア・オルセン(アンドレア・ライズボロー)は、上空から地上を監視する平凡な日々を送っていた。
ある日パトロールの途中で彼は、墜落した宇宙船の残骸から
謎の女性ジュリア・ルサコヴァ(オルガ・キュリレンコ)を助け出す。
彼女は何故か会った事も無いジャックの名前を口にするものの、
その記憶は途切れ途切れのものでしかなかった。
そんな時、2人は突然何者かに捕えられ、
ジャックは連れて来られた先でマルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)と名乗る男と出会う。
自分以外にも地球で生きる者がいた事に驚くジャックに、マルコムは「ある真実」を告げる。
そしてこれが、ジャック自身と地球の運命を大きく変えていく事になるのだった。
(Wikipediaより)


今回はインド映画を観るつもりで池袋に行ったんですが、
「満席、完売」!!そしていっぱいの人で混み々!!
そんなにかっ!!これはオンラインでチケ取らないと無理かもなと諦めて
地元の映画館に戻り、期待しないで『オブリビオン』を観ることにしました。
 (こちらはガラガラw)

ストーリーがちゃんとあって、意外に面白かったです。
主人公のの語りがずーっと入ってて、
ちょうど翻訳もののSFを読んだ時のような印象でした。
 謎の女性ジュリアを助け出すシーンになる前に、丹念に世界観を見せてきます。
荒廃した地球、壊れた月、高度1000m上空にある居住空間完備のステーション、
スタイリッシュなパトロール機、海に浮かぶ海水処理プラント。
(どれもなかなかカッコイイ)

パートナーのヴィクトリアはもうすぐ終わるこの任務を問題なく済ませ、
タイタンへの移住を切望しているのに、
ジャックは地球を離れたくないと考えていて、
その最大の理由が荒廃から再生し始めた場所での湖畔の自作コテージ。
そこで人間らしい生活をしたいと望んでいる。
このズレがその後のあらゆる状況に亀裂が入っていってるようです。

なぜ二人っきりなのか、敵はどこなのか(誰なのか)、助けた女性は誰なのか、
だんだん分かってくる面白さもあり、なかなかの佳作じゃないかな。

観終わった後、ジャックは地球上にまだまだたくさんいるんじゃないのか?
あっ、でも彼らはパートナーのヴィクトリアと一緒にいるから問題ないのかなぁ…
なんて事を思ってしまいましたw
 


コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 週刊ロビ14号、15号届た けど… | トップ | く~(≧Д≦)チクショー!!足り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

オブリビオン (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョセフ・コシンスキー 出演 トム・クルーズ     モーガン・フリーマン     オルガ・キュリレンコ 宇宙人との侵略戦争から60年。 勝利したものの人間が地球に住めない環境に。 人々は他の惑星に移住する中、その地球を管理し偵察する男女。 哲学....
『オブリビオン』 その意味するものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。  トリンプ・インターナショナル・ジャパンの...
オブリビオン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P)(10) 偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)
『オブリビオン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、       メリッサ...
映画:オブリビオン Oblivion 久々に本格的SFを観た、ていう感覚。これって なんかうれしいかも?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
西暦2077年。 主人公元海兵隊司令官ジャック・ハーパーは、荒廃した地球の監視任務で派遣される。 60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により人類の大半は、他の惑星へ移住。 荒廃した地球(写真)での任務は、あくまでも「監視」なので、簡単なはずの任務だった。 が....
オブリビオン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた...
オブリビオン (だらだら無気力ブログ!)
映像が綺麗で面白かった。
オブリビオン トム様的な映画で、なーんか消化不良なんですが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=30 うち今年の試写会5】 予告編を観ている限り「宇宙戦争」的な香りを感じていたのだけど、うっかり観に行ってしまいましたとさ・・・。  エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へ...
「オブリビオン」 独特の感覚、言うなれば滑空感 (はらやんの映画徒然草)
未来は見えないもの。 見えないものであるからこそ、見てみたい。 だから映画は、特
映画「オブリビオン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「オブリビオン」観に行ってきました。「ミッション:インポッシブル」シリーズや「アウトロー」のトム・クルーズが主演のSFアクション大作。先月の2013年5月は何故か公...
オブリビオン (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オブリビオン '13:米 ◆原題:OBLIVION ◆監督:ジョセフ・コジンスキー「トロン:レガシー」 ◆出演:トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、アンドレア・ライズボロー、ニコライ・コスター=ワルド ◆STORY◆エイリアン“...
オブリビオン (いやいやえん)
トム・クルーズ主演、化粧っけのないオルガ・キュリレンコさんが、何故かオセロ中島さんと菊地凛子さんっぽく見えて仕方なかった^; カメラワークやSF的なガジェット類、遠くにかすかに見える建造物、文明が滅びた後の地球風景など、映像のスケールは圧倒的に美し...
オブリビオン (Oblivion) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 トム・クルーズ 2013年 アメリカ映画 124分 SF 採点★★★★ 「オッサンだからでしょ?」と言われればそれまでなんですが、どうにも昨今主流のCGの嵐映画ってのが苦手な私。ロケーション撮影に付きまとう様々な問題もクリア...