beatitude

好きなことだらけさ…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ヒューゴの不思議な発明』

2012年03月14日 | 映画 洋画

1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、
駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。
独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺した壊れたままの“機械人形”。
その秘密を探るうちに、機械人形の修理に必要な“ハート型の鍵”を持った少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と、
過去の夢を捨ててしまった老人ジョルジュ(ベン・キングズレー)に出逢う。
やがてヒューゴは、それぞれの人生と世界の運命をも変えてしまうほどの秘密のメッセージが機械人形に隠されていることを知る。
機械人形に導かれたヒューゴの、世界を修理するための冒険が今、始まる。
(goo映画より)

 
まさか色付き3Dで月世界旅行の画を観るとは思いませんでしたw


今回は娘2人と3人で3D字幕版での観賞。
予告の印象で冒険活劇かと思っていたら違いました。
(なにせタイトルを「ヒューゴの不思議な冒険」だと思ってた
でも「発明」もどうかと…
ってか、ジョルジュ・メリエスの話じゃないですか! 

父親の遺した機械人形が月に弾丸型ロケットがぶっ刺さった絵を描いた時、
やっと気が付きました。ジュール・ヴェルヌじゃんか!!
これはそういう映画だったのね~

映像はなかなか凝った作りになっていて良かったです。
駅、時計台内部、駅に集まる人々の見せ方も雰囲気たっぷり。

3Dの使い方もいやらしくなく、効果的でした。
メリエスが隠していた沢山の画をヒューゴとイザベルが見つけちゃって、
図らずもぶちまけるシーンは、描かれてる画が動き出しながら舞い落ちていく様が
とても素敵でした。
面白かったのが"顔”。
白人の顔を3Dアップで見るとメチャメチャ奥行き感じる~w

明快にファンタジーって映画ではありませんでしたが、
ジョルジュじいちゃんも元気になり、ヒューゴも好きな道に進めそうで
良かった良かった。
エイサ・バターフィールドもクロエ・モレッツも可愛かったです。




コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 貼り紙取れた~♪ | トップ | まさかのNHK進出!!!! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画の魔法 (iina)
2012-03-21 10:23:56
ジョルジュ・メリエの名ははじめて知りましたが、『月世界旅行』のロケットが月に突き刺さる
シーンは有名ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%B9

機械人形の謎追いは、少年探偵団が謎を求めて探し回るかのようで、冒険といっても違和感は
なかったです。
映画マジックのチカラ (kurukuru)
2012-03-22 03:10:55
iinaさん
TB&コメントありがとうございます。
なるほど、少年探偵団ね。それなら冒険もアリですね。
雰囲気のある映画でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
劇場鑑賞「ヒューゴの不思議な発明」 (日々“是”精進! ver.A)
“映画ファン”、必見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203010001/ ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック ブライアン セルズニック 中島 早苗 アスペクト 2012-02-17 売り上げランキング ...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て...
マーティン・スコセッシ監督 「ヒューゴの不思議な発明」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
残念ながらアカデミー作品賞は逃してしまいましたが、11部門でノミネートされた話題作「ヒューゴの不思議な発明」、今日3月1日、映画の日、公開ということで、早速観てきましたv(^m^)v 公式サイト⇒http://www.hugo-movie.jp/ 【あらすじ】 1930年代、...
[映画『ヒューゴの不思議な発明』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろうイメージが惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった...
ヒューゴ (もののはじめblog)
「ヒューゴの不思議な発明」3D字幕を観るには疲れると思い、吹替版にして観た。 ことしのアカデミー賞授賞式をBSで観たが、映画創生期の作品に受賞が集まったのも面白い傾向と思った。 白黒サイレント「アーティスト」は、作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
ヒューゴの不思議な発明  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  サシャ・バロン・コーエン 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つ...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
ヒューゴと不思議な発明 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが ヒューゴやヒューゴの父親が発明し...
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
サラの鍵 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”...
ヒューゴの不思議な発明(3D) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
映画『ヒューゴの不思議な発明 3D』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-28.ヒューゴの不思議な発明 3D■原題:Hugo■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:126分■観賞日:3月24日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:マーティン・スコセッシ◆ベン・キングスレー(パパ・ジョルジュ/ジョルジュ・メリエス)◆サシャ...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に8名ほど。公開から一週間以内の割に少ないかも? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。 ただしか...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚