beatitude

好きなことだらけさ…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『図書館戦争』

2013年05月05日 | 映画 邦画

近未来の日本。各メディアにおける風紀を乱す表現を武力の行使をも厭わず取り締まる
『メディア良化法』が施行された。
それから30年後の正化31年、『メディア良化法』による検閲に対抗し
読書の自由を守るために結成された図書館の自衛組織・図書隊に笠原郁(榮倉奈々)が入隊する。
郁は高校生のときに図書隊隊員に読みたい本と彼女自身を助けてもらったことがあり、
その隊員に憧れていた。
郁の担当教官となった二等図書正・堂上篤(岡田准一)は非常に厳しく、
郁を助けた隊員のことも愚かだと非難する一方、絶妙なタイミングでフォローを入れてくる。
堂上の厳しい指導を経て、郁は女性としては初めて
図書特殊部隊ライブラリータスクフォースに配属されるまでに成長。
堂上や小牧幹久(田中圭)の下、エリート・手塚光(福士蒼汰)や
業務部・柴崎麻子(栗山千明)といった同期の仲間に囲まれ過酷な訓練と図書館業務をこなしていく。
そんな中、郁はなぜか優しく助けてくれた憧れの隊員とは真逆であるはずの堂上のことを意識しはじめる。
ある日、小田原にある情報歴史図書館が閉館されることになる。
情報歴史図書館が有するすべての資料は関東図書隊に移管されることになったが、
その中には『メディア良化法』に関する報道資料が含まれていた。
それは『メディア良化法』成立の裏側に触れていると言われており、
メディア良化委員会はその報道資料を狙っているため、
移管の日には図書隊とメディア良化委員会との衝突が避けられないことが決定的だった。
本来タスクフォースは危険な前線に立つべきであるものの、
郁は図書基地司令・仁科巌(石坂浩二)の護衛にまわることになる。
戦闘配備から外されたことにショックを隠せない郁に、堂上は何も言わないでいた。
全面対決がはじまるそのとき、堂上の耳に、思いもよらぬ事件が起こったことが入ってくる……。
(Movie Walkerより)

 戦闘シーンに特化して上手くまとめたなぁという感想かな。
思ったよりも面白かったです。

水曜日じゃなかったので地元の映画館でポイント使って観賞。
一緒に行った下の娘の分は払わされました

原作本は「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」「図書館革命」、
スピンオフの「別冊 図書館戦争I、II」の2冊も読み、
ノイタミナのアニメも見てました。
TVアニメのデキにかな~り不服で、劇場版アニメは観なかったはずです。
実写化の話を聞いた時は正直、またやるのか!!と思いました。
笠原が榮倉奈々と知ってさらに凹んだw
榮倉奈々、苦手です
他のキャストはベストなのに榮倉奈々だけは他にいなかったのかよーと叫びたくなった。
でも蓋を開けてみれば、まあいいかといったところw
若手で他に笠原やれる女優思いつかないしね。

手塚、柴崎、小牧の話はまったく登場せず、玄田と折口の話も特に無し。
スッキリと堂上と笠原に焦点を当て、見せ場を戦闘に持って行ったのは大正解か。
アニメよりも格段にいい仕上がりになってました。
ただやはり激烈戦闘シーンの印象が凄くて原作の読後感とはかなり違いますね。
それはそれで映画なんだからいいんだろうな。
主人公は笠原のはずなんだけど、堂上の見せ場が多かったなぁ。
岡田君すっかりアクション映画俳優、V6とは思えないw

一緒に行った下の娘は福士君目当てだったらしい。
正確スナイパーの手塚だったからあんまり動きがなくて残念がってました。
 (そういえば、手塚が高所恐怖症だという話も出てなかったなぁ)
自分は橋本じゅんさんが出る度に芝居がかってて吹きそうになってました。
(じゅんさん顔デカイよ!!)

児玉清さんの写真にちょっと驚き、検閲で没収される本の中に
何気に有川浩さんの別の著書が混じってたと思ったんですがどうかな?



コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 1日は惨敗~w | トップ | 週刊ロビ10号、11号♪ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-05-05 08:44:15
こんちは。

> 岡田君すっかりアクション映画俳優、V6とは思えないw

とりあえずEDにV6タイアップ新曲がかからなかった事を強く評価します。
ふじき78さん (kurukuru)
2013-05-05 22:05:36
ども!

V6タイアップ新曲…流れたら萎えるわ~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 邦画」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

「図書館戦争(実写・2013)」 原作に忠実 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんの小説「図書館戦争」の実写映画化作品です。 有川さんと言えば、4-6ク
『図書館戦争』をトーホーシネマズ錦糸町1で観て、久々に演出の力技を観たぞふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★本来は映画として成立しえない素材をどうにかして見せた】 まず、原作は未読。 作品としての付き合いはアニメ映画1本の鑑賞のみ。 なので、詳しくはな ...
図書館戦争  監督/佐藤信介 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  榮倉 奈々  福士 蒼汰  栗山 千明 【ストーリー】 メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった笠原郁は、憧れの...
図書館戦争 (だらだら無気力ブログ!)
榮倉奈々の制服姿がイイ!
図書館戦争 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/27公開 日本 128分監督:佐藤信介出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二 本のために、あの人のために。 [Story]メディアに対する取り締まりを正当化する法律&ldquo...
[映画『図書館戦争』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予備知識がなく観ました。  基本、私は、この、なんちゅうか、ライトノベルによく見られるような、例えば、生徒会や図書委員会、風紀委員みたいなのが一つの権力のように描かれるような作品が嫌いで、  この作品も、その流れのものだと思っていた。  そしたら、書...
「図書館戦争」何か、スゴイよ!この映画!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[図書館戦争] ブログ村キーワード  「阪急電車」「フリーター、家を買う。」の著者、有川浩原作の大人気小説シリーズが、コミック化→アニメ化→アニメ映画化に続き、遂に実写映画化!「図書館戦争」(東宝)。近未来の架空の日本を舞台に、“SF”“戦闘アクション”...
『図書館戦争』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「図書館戦争」□監督 佐藤信介□脚本 野木亜紀子□原作 有川 浩□キャスト 岡田准一、榮倉奈々、栗山千明、田中 圭、福士蒼汰、西田尚美■鑑賞日 4月28日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、...
図書館戦争 (to Heart)
製作年度 2013年 上映時間 128分 原作 有川 浩『図書館戦争』シリーズ(角川書店刊) 脚本 野木亜紀子 監督 佐藤信介 音楽 高見優 出演 岡田准一/榮倉奈々/田中圭/福士蒼汰/西田尚美/鈴木一真/相島一之/嶋田久作/栗山千明/石坂浩二/橋本じゅん メディアに対する取り締ま....
映画『図書館戦争』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-36.図書館戦争■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:128分■観賞日:5月1日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,000円 □監督:佐藤信介□原作:有川浩◆岡田准一(堂上篤)◆榮倉奈々(笠原郁)◆田中圭(小牧幹久)◆石坂浩二(仁科巌...
図書館戦争 実写(2013) (単館系)
図書館戦争 MOVIXさいたま 2013年4月27日公開 メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が 施行されてから30年がたった日本。 読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった 笠原郁(榮倉奈々)は、憧れの図書隊員...
図書館戦争 (銀幕大帝α)
2013年 日本 128分 アクション/ロマンス/コメディ 劇場公開(2013/04/27) 監督:佐藤信介『GANTZ』 原作:有川浩『図書館戦争』シリーズ 出演: 岡田准一:堂上篤 榮倉奈々:笠原郁 田中圭:小牧幹久 福士蒼汰:手塚光 西田尚美:折口マキ 橋本じゅん:玄田....
図書館戦争 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:佐藤信介 出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、栗山千明、石坂浩二 【解説】 『阪急電車 片道15分の奇跡』などの原作者、有川浩の代表作を基に、岡田准一と榮倉奈々が本を読む自由を守る自衛組織の隊員にふんするSFアクション。国家によるメディア検閲....