beatitude

好きなことだらけさ…

『インターステラー』

2014年12月06日 | 映画 洋画

劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。
新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、
生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、
まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男(マシュー・マコノヒー)と、数少ないクルーが選ばれる。
人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、
前人未到の未開の地へ旅立った一行は、
自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。
(Movie Walkerより)

マコノヒーが娘を抱きしめて「必ず帰ってくる」と囁く…
どこの映画館でも必ず予告をやっていた本作。
いや~、恐れ入った!!
ヒューマンドラマ仕立てのガチのハードSFでありました。
侮って2Dで観ちゃったんですが、IMAXでもよかったかなぁww

なんたって後半、5次元空間から3次元を覗くっていうあのシーン。
真っ先に頭に浮かんだのは“リサ・ランドール「ワープする宇宙」”。
あ~なんと見たかった世界がここに再現されてる!!
そこに至るまでがお決まりのブラックホール突入ってのはしょうがない。
本来なら人間が到達できるはずもない世界に行くわけですから、
そこは解明されてないブラックホールに登場してもらわなければね。
 
あと最後、「えっ!?どうやって帰ってきたの???」と
「単独でまた行くんかいっ
!!w」とは思いましたが、
そんなのスルーできるくらい魅せてくれました。

瀕死の地球、父娘の愛、宇宙の深淵、
そんなところに行ってまでのどうしようもない人間の業
たたみかけるように次々展開していきます。

劇中に登場するロボ「TARS」と「CASE」も秀逸でした。
見た目がヒューマノイド型じゃないのに、
コミュニケーションの取り方が人間臭い。
こいつはロボットだとしっかり認識できて、使いやすいってのは最高じゃないですか。

3時間ガン見してメチャメチャ目が疲れました!!




コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 『デビルズ・ノット』 | トップ | セーター、あとちょっと。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
GWに、こんな企画を... (onscreen)
2018-05-13 14:47:07
この作品がトップです!
onscreenさん (kurukuru)
2018-05-13 23:33:35
これ、面白かったですよねー!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 洋画」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

映画:インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ....
最新号の WIRED US はなんと! インターステラー特集、ていうか、ノーラン特集。ファンにはマストの出来! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
実は 前号から、既に怪しい動きはあった。 インターステラーのマニアックな記事が3pに渡って載っていた。 しかも、妙に テクニカル な内容(笑) で最新号。 今号の Guest Editor は、何とクリストファー・ノーラン Chrisotpher Nolan ! 既に表紙からして、ヤ....
『インターステラー』 スピルバーグ版とのラストの違い (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。  ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められている...
「インターステラー」 時空を越え、人の想いを (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランの最新作です。 例によって2時間半を超える長尺の作品です
インターステラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐....
インターステラー (だらだら無気力ブログ!)
もの凄く見応えのある内容で大満足。
インターステラー  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・マコノヒー  アン・ハサウェイ  ジェシカ・チャステイン 【ストーリー】 近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミ...
惑星間移動/重力最強説~『インターステラー』 (真紅のthinkingdays)
 INTERSTELLAR  近未来。頻発する大砂嵐によって小麦やオクラが絶滅し、人類は存亡の危機 に瀕していた。元宇宙飛行士で、今は農夫をしているシングルファーザーのクー パー(マシュー・マコノヒー)は、政府が秘密裏に復活させていたNASAにより、人...
映画「インターステラー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『インターステラー(字幕版)』 (公式)を本日、劇場にて鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら90点にします。 ざっくりストーリー 近未来、地球規模の食糧難と環境変化で地球の寿命が終わろうとしていた。元...
「インターステラー」その2 Interstellar (2014 ワーナー=パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
その1はこちら。作品の基本線は、人類が生存できる環境を求めて星間(Interstellar)を飛翔するクルーのお話。「ゼロ・グラビティ」とは桁の違う距離を彼らは航行する。ワームホールが球体だったり、ブラックホールが絶対的な死の世界ではないなど、お勉強になります。....
インターステラー (試写会) (風に吹かれて)
本棚の幽霊 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar11月22日公開 監督: クリストファー・ノーラン 劇的な環境悪化による植物の激減と食糧難で、
「インターステラー」 (ここなつ映画レビュー)
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と...
インターステラー (銀幕大帝α)
INTERSTELLAR 2014年 アメリカ 169分 SF/ドラマ 劇場公開(2014/11/22) 監督: クリストファー・ノーラン 『インセプション』 製作: クリストファー・ノーラン 脚本: クリストファー・ノーラン 出演: マシュー・マコノヒー:クーパー アン・ハサウェイ....
インターステラー (いやいやえん)
【概略】 地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッション...
インターステラー (Interstellar) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 マシュー・マコノヒー 2014年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 169分 SF 採点★★★★ 馬頭星雲やら木星の大赤斑、最近のお気に入りでもあるわし星雲なんかの画像をボーっと見ている時間が好きな私。ぱっと見静かで美しいそ...