椰子雪のオクラホマミキサー

花の舞うあいだ輪唱を口ずさむ
僕はハルをまっている
獣と自然を織り交ぜて言葉と花束をほおる

人生の楽園

2021-01-23 03:06:15 | 北国の詩
空が歌い
風が歌い
大地が歌う
雨は楽器
太陽は色気
花は絨毯
雪が踊り
緑が踊り
空気が包む
手をとり
手をつなぎ
リズムは広がる
楽園
名付けたよ
僕らの楽園
僕らの楽園
可愛い語尾
綺麗な解きほぐし
可憐なあっかんべー

コメント   この記事についてブログを書く
« 春と修羅 | トップ | 木漏れ日と »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北国の詩」カテゴリの最新記事