アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

運命は変えられない。

2018年06月27日 21時05分24秒 | いつものまいにち


だるまさんが、ころんだー尻尾も動きませんよっ

「運命」とはなんぞや。



那覇修行の機内で読む本を買いました。そこにあった「運命」についてのちょっと不思議なお話を・・・。

「産神問答」という福島県に伝わる昔話があります。

 人の一生は生まれた時にすでに定められているという話です。

あるとき村のお堂に泊まった六部(六十六部の法華経を納めて周る行脚僧)が夜中産神達の声を聞いた。

「その子の寿命は。」「十三の初カミソリよ。」

六部は生まれたばかりのその子の運命を知ったので、両親にそのことを知らせます。

両親は十分に注意していたのですが、その子は13歳の時に首をカミソリで切り死んでしまいました。

産神の定めた運命には逆らえなかった。

そしてもう一話。

生まれた子は七歳の時に水難で死ぬと産神が問答していた。

そのことを宗教者が知り、両親に教えます。

両親は子供を水に近づけないように育てますが、七歳の夏、暖簾に首を巻いて死んでしまいました。

その暖簾には波に千鳥の絵が描かれてあったという事です。

私はこの話を読んではっとしました。

10年前に亡くなった私の妹は、私たち家族の住む家の近くに住みたいと新築のマンションを購入しました。

さて、いよいよ住んでいた関西を離れるとき興味本位でよく当たると噂の占い師にこの先の事を

占ってもらいに行きました。

その占い師は「横浜に行ってはいけない。水難の相が出ています。絶対に行ってはダメ。命を落としますよ。」

妹は驚いて私に電話をかけてきましたが、近くの川が氾濫しても大丈夫なように上の階を買ったらという

軽い私の返答を信じて「そうだよねー。」とマンション上階を購入しました。

それから2年ようやく新築マンションに引っ越し10ヶ月が過ぎたところ妹は突然死してしまいました。

あんなに健康だったのにどうして?

なにも持病がないことから解剖されることになりましたが、解剖後の書類をみて私は飛び上がったのを

いまでも覚えています。

死因は急性心不全、肺の所見の欄には「肺水腫」と書かれていました。

水難の相ってこれが占い師に見えたのか?横浜に来なければ死ななかったかもしれないと悔やみました。

亡くなる前からさかのぼること15年前にも実家の母が宮崎の有名な占い師に私たちの事を見てもらったところ

「tomyさんどころじゃないですよ、妹さん、御祓いして印鑑も下の名前だけにして、とにかく

字画だけでも変えて、やれることは全部やらないと大変なことになります。」と言われていました。

やることはやったけど、結局運命は変えられませんでした。

結婚して字画は変わったけど「変わりませんよ、すごく悪いです。」との占い師の言葉通り、

命数が先細りする方向にずんずんと進んでいったのです。

ということは私自身の運命も決まっているのね。

妹があまりに運勢が悪すぎて「この人はどうでもいいです。」と言われた私。

そっか、そういうことを言われる運命なんだな。困ったこともあるけれどたいしたことではないし、家もあるし

職もある。適当に楽しんでるし・・・そういうことか(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修行で那覇に3時間滞在③ | トップ | 七志 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
運命 (kay)
2018-06-28 06:16:56
ぎょっとするお話ばかりで、背筋がぞ~~~っとなりました。
夏の夜にぴったりのホラーみたい・・・。
ごめんなさい、わたしは占いは信じないし、運命論も信じません。
運命は自分で切り開くもの、と思ってるので。
それにしても、本当に妹さん受難でした。
tomyさんの「どうでもいい」運命、今のところ良い感じではありませんか?
Kayさん (tomy)
2018-06-28 06:35:16
私も占いやスピリチュアルはあまり信用しない方なんですが、この偶然にはびっくり。
こんなこともあるのかと・・・・。

どうでもいい運命(笑)。
わりと褒められた感があります。
これはラッキーなことと思って楽しくいきることにします。
妹の分も。
Unknown (チョコレーゼ)
2018-06-29 03:08:10
私はスピリチュアル系は信じていますが人の生死についての
予言みたいなのは聞いた事がないんです。
どちらかというと、どうすればより明るい方向に行くかを重点に聞いたりするので・・・
でも妹さんの突然死とその病名には、かなり驚かれたでしょうね。
運命は変えられない・・・のかもしれないけど、運命は切り開く事もできる!って思ってます。
tomyさんはどんどん切り開いていってるように見えますよ♪
チョコレーゼ様 (tomy)
2018-06-29 08:24:00
もち、運命は切り開くもの。
命数は決まっているかもしれませんが
どう生きるかはその人次第ですからねー。
命数に怯えてはいません!
美味しいもの食べて、動いて、人生楽しむべし。

コメントを投稿

いつものまいにち」カテゴリの最新記事