アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

人手不足、嘆いてばかりでは何も変わらない。

2018年03月08日 11時46分35秒 | いつものまいにち
今日は種イモの下処理をしようと張り切っていたのに・・・



しかも寒い・・・。朝いちばんで義母を病院に連れて行き、これがまさかのゲキ混み。

予約していたのに1時間半以上待たされようやく5分診療終わり。

「こんなに待って診察5分かい。」とはよく言われるセリフですが、よーく考えて。

診察5分で終わるってことは「深刻に悪いところはない、落ち着いてる」ってことよ。

今朝は横浜の保育園が人手不足で閉園するというニュース。知人の娘さんんも保育士で時々その過酷な勤務事情を

聞かされる時があります。

同じく保育士さんがTwitterで「妊娠するのに順番があるとは・・・。」という投稿をしていることも話題になっています。

園の事情もわかりますが、悲しくなりますねえ・・・・どうにか人手不足を解消する案はないものでしょうか。

看護師も万年人手不足。公立の大学病院でさえ入職の年齢制限を撤廃しているところがあります。

50過ぎてても正職員で雇うから来てくれってこと

看護師の人手不足は介護士という免許の導入でほんの少し解消されていると思います。

少しでも専門知識があると雇う側も楽でしょうし患者さんも安心。

病院は看護師や薬剤師、PT・OTなどのコメディカルな部門を担う人がたくさんいます。

コメディカルは医師・歯科医師の指示のもとに業務を行う医療従事者。

このコメディカルからさらに指示をもらって業務を行う人がたくさんいても良いのではないのかなと思うのです。

看護師の指示→看護助手、薬剤師の指示→薬剤助手、この二つはわりあい知られている存在。

とにかく病院の業務は煩雑で膨大。人手がなければ患者満足度も下がるというものです。

ところでその保育士さんの人手不足。保育助手なんてのないのかしら。

子育てを終わった女性、子供好きな女性、は雇えないのだろうか。

もちろん看護度(患者何人に対し看護師何人・・・・という基準)が存在するように園児何人に対し保育士何人・・・という制度が

あるのかもしれませんが、現にPT(理学療法士)不足、とくに開業医においてPT不足を解消するために

看護師がセラピストという認定を取ることで整形外科クリニックにPTを置かなくても良いという制度があります。

もちろん四頭筋のセッティングや松葉杖の指導などは看護師はできるわけですから

全くの素人が患者指導をするわけではありませんし、認定の継続のために勉強もしなければなりません。

こういう制度、保育園にも適用できないのでしょうか。

前にも書きましたが看護師はその社会的地位をあげるために数十年もあらゆる改革をしてきています。

教育カリキュラムを変え、大学を設置し、専門看護師・認定看護師というさらに高度な知識を要する免許も導入してきました。

「看護学校」よりも「大学」という学歴のほうが良いという風潮は世間にあると思いますが、

動機はどうあれその中から優秀な人材は出てくるに違いないのです。

数十年で改革、やっとここまで。北米などはもっと専門職に多くの権限が与えられているのですから。

若いころに北米のナース事情を見る機会がありましたが、北米のナースの地位の高さに驚愕した覚えがあります。プライドもそれなり。

全然私たちと違うではないか、ちんたら仕事していたのが恥ずかしい、しかもなんだこの白衣。白衣からして違う。キャップもない。

この白衣、いまはスクラブと言ってかなり普及してきました。キャップを被るのもほとんど見かけませんね。


拝借画像

話が逸れました

私が卒業した看護学校も大学の看護学科にヘンシンしてしまいました。これから看護大学は増えてゆき私の様な看護学校卒のおばはん

よりも大卒の若いナースのほうが圧倒的に多くなる時代はもうすぐそこ。そして看護師に次ぐ知識を持つ人をもっと増やすこと。

いま動かなければ20年先も変わらない。

50年先を見据えて動かなければ何も変わらない。

保育士さん、がんばれ。










ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の植え付け開始 | トップ | 新しい防具 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカとの違い (チョコレーゼ)
2018-03-09 22:03:23
アメリカと日本の専門職の違いってものすごく違いますよね。
といっても私は海外ドラマなどを見て感じてるだけですが
セラピストひとつとっても日本の診療内科みたいなものとは全然違うし
対面セラピーとなると保険外になってバカ高いし
医療のスタッフも、tomyさんがおっしゃるように
段階があってもっと人手確保ができるといいですよね
これから老人大国にますますなっていくのに
肝心な人手がどんどん減っていったときの現場を想像すると
怖くなりますね
チョコレーゼさま (tomy)
2018-03-10 21:04:29
そうなんですよねー。
病院が身近にあるということはいいことかもしれませんが
保険事業というのはすごいです、いろんな意味で・・・。
考えさせられますねー。

人手が足りないとそのうちAI病院なんてできちゃったりして・・・・

想像するとなんとなく怖い~~~。

コメントを投稿

いつものまいにち」カテゴリの最新記事