アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

アメフト問題に思う。

2018年06月03日 15時32分03秒 | HOCKEY MOM
「監督に言われたからってボール持ってない奴にはいくら何でも当たりにはいかないわ。」

そう次男は言いました。それだけあの選手は追い詰められていたんでしょうか?

アイスホッケーの試合中、監督が「あのレフェリームカつくなあ、あいつにパック当ててこい」。

選手はみんなどっと笑いました。信頼する監督の毒舌ジョークだとみんなが知っているからです。

知らない人が聞くととんでもない!と怒るかもしれませんが、

こんなことを言ってもほんとにレフェリーにパックを当てる選手などいない。

そういう信頼関係ができていてこその発言。

トップクラスのチームはくそまじめにベンチでディスカッションしているかもしれませんが、

それぞれモチベーションの上げ方はあるでしょう。多少下品でも・・・。

次男は中・高時代に指導者やチームメイトに恵まれていたほうなのかもしれません。



アイスホッケーにも「checking from behind」という反則行為があります。

後ろから相手に当たる行為。危険でけがをする可能性の高いかなり悪質な行為です。

アイスホッケー自体はそんなに複雑なルールがあるわけではないですが、

コンタクトスポーツのためかなり細かく罰則が作られています。

試合中に「どんどん当たっていけ」という指示があるのも事実。

ですが、反則を取られるようなボディチェックはしないのが暗黙の了解です。ふつうはそうなんです。

「けがをさせろ。」または「相手がけがをしてもいいから。」という指示が日常的にあったとしか思えないアメフト事件。

アイスホッケーもかなり当たりの強いスポーツですが、父兄や選手から軽蔑されるような低レベルのコーチにおいても

そのような発言をするのを見たことがありません。



高校時代、春季公式戦で次男は相手からボディチェックをくらいました。

父兄サイドから見るとボーディングという相手をボードに激しくぶつけるという反則に見えましたが、

次男がパックキャリアだったためレフェリーは反則を取りませんでした。

この時次男は相手の肘によってボードに激しく頭をぶつけていました。

頭を狙うのはかなり悪質。



このあと次男は左足に力が入らなくなり、普通に滑っていても転倒するようになりました。

転んでは起き、首をかしげて靴を確認、滑ってまた転んで「あれ?」とまた靴を確認。

んん?この状態どこかで見たことがあるぞ?

私はベンチまで走っていきコーチに「脳震盪を起こしているのでは。」と告げました。

強制的にベンチに還らされ24時間の安静と状態観察。



一時的な症状で治まったので良かったのですが、この時脳出血や脳損傷など起こしていたらと思うとぞっとします。

反則をする選手は心のどこかに多少激しくぶつかっても大丈夫だし、フィジカルの強い俺はスゴイ・・・という慢心があるのです。

慢心を植え付けるのは「強い」という意味を勘違いしている指導者です。

レフェリー・監督・コーチ・選手にはコンタクトスポーツをする上での危機管理の学習を徹底してほしい。

わざとでなくても大けがをする可能性の高いスポーツなのですから。

アメフトの選手も大けがでなくて幸運だったのでしょう。

なんとなくけがをさせてもスポーツ中の出来事ならば不運な事故として事件にはならない風潮。

生活の中でけがをさせるという行為は犯罪です。反則でなくて犯罪なのです。

アメフトの被害選手の父兄はここに一石を投じたことになります。

犯罪がスポーツで美化されてはいけないのです。
コメント (4)

カナダ・アイスホッケーチームの事故

2018年04月12日 10時16分46秒 | HOCKEY MOM
4月6日、カナダのアイスホッケーチームがバスで遠征に向かう途中、トレーラーと衝突事故。

若い選手が亡くなりました。

なんて痛ましい。

うちの息子二人も数えられないほどバスに乗って遠征に行っていました。

そのことを思い出し、未だに悲しみを引きずっています。

Humboldt Broncos supporters across Canada, U.S. leave hockey sticks outside in tribute.
こんな記事がFBに載っていました。



Leaving it out on the porch tonight.

The boys might need it....wherever they are.




この文章に泣けてたまらず、うちもサポート。

中学・高校時代は遠征というとたまに新幹線のこともありましたが、

大荷物と健康管理やその他諸事情でマイクロバスを借り、父兄が運転して出かけていました。

運転するホッケーパパのほか、健康管理や会計を担当するホッケーママ2~3名、コーチアシスタントをするホッケーパパなど

数名が遠征に同行していました。

春先の雪道の事もあれば、大嵐に遭遇することもあり、このような事故を耳にすると

よく事故もなく数年間を過ごすことができたなと改めて運転をしてくれた父兄に感謝。

今回事故に遭ってしまったのは16~21歳のユースチーム。



若い選手たちです。

バスには29名が乗車。亡くなった15名のうち10名が選手です。他5名は私たち父兄と同じく

チームに帯同していた人たちです。

いまだ重体の方もいるようですが、回復をお祈りしますとともに

亡くなられた選手、関係者、そして大切な人を亡くされたご家族にお悔やみ申し上げます。
コメント (2)

新しい防具

2018年03月10日 21時06分10秒 | HOCKEY MOM
子供たちが小学生で始めたアイスホッケーは

子供の成長に合わせてこんなに防具を買い替えなきゃいけないのかと、大変な思いをしました。

運よくお下がりがもらえることもあるけれど大体壊れて次のを買い替えるので

そう都合よくこちらの買い替え時期には合ってくれない。

長男などはゴールキーパーだったのでプレイヤーよりももっとお金がかかります。

北米のホッケーショップにメールで購入を掛け合ったり、旅行したときにホッケーショップに行って購入したりと、

ありとあらゆる手段でできるだけ安くいいものを買おうと努力してきました。

今日は次男が東伏見のホッケーショップに買い物に行き壊れた防具を買い替えてきました。

もうバイトもしてるし貯めていたお年玉もあるし防具は自分で買ってくれる。ありがたや。



なんと進化しているホッケーの防具。これはエルボーパッド。

大学生ともなると当たりが激しいのでできるだけしっかりしたもの。



これはシンガード。私がつけてますが、これも最新モデルだそう。

それとショルダーパッド、スティックを買って四万数千円ほど。「だいぶおまけしてもらえた。」と喜んでいました。

半額くらいになっていると思います。

私が使っていたものはすべてホッケーを辞めた時に人に譲り、いまはスティックとホッケーシューズだけ残ってます。

もうやることもないだろうしいつ捨てるか悩み中。

コメント (4)

アイスホッケー選手の身だしなみ。

2017年11月09日 08時20分31秒 | HOCKEY MOM
予選じゃ勝たなくていいなんて言っていたら、ほんとに勝てずに本戦出場が危なくなってきた(笑)。

今日の相手は優勝候補のWB。

ある大学の同好会チームだが、ほかの大学にも広く門戸を開けている次男のチームと違いその大学在学者でないと入部できない。

そのせいか、高校時代からの特有の悪いカラーが出てしまっている。

高校生からホッケーを始めて、礼儀や身だしなみというものを教えていない監督の下で育った選手は気の毒です。

この試合中も幾度かレフェリーに注意されていました。

「ここに(フェイスオフ時)出てくるときにはしっかり直してこないと10分の退場となります。」

普通のマイナーペナルティは2分退場なので、ひどい行為だということですね。

そういわれ渋々身なりを直す選手が二人・・・。

この二人はユニフォームの袖をエルボーガードという防具の中に押し込んでいた。

ルール知らないのもそうだが、それ以前の、スポーツ選手としての身だしなみや振る舞いを教えられていない。

大学体育会系にも所属できそうなレベルの高い選手なのにもったいないが、小さいころからこういったスポーツの場での

礼儀や身だしなみというものを教えられてきた体育会系の選手たちの中では悪いところが目だってしまうかも・・・。



1ピリ終了。1-1.人数が少ない我がチーム・・・スタミナが切れるのはいつかな??

アイスホッケーは凶暴なスポーツと認識されることも多いが、服装の規定も割と細かい。

野球のようにソックスを膝の下まで伸ばしていたり、ソックスが見えなかったりといった自分スタイルは認めていない。

ユニフォームをパンツの中に入れるのも禁止。

袖が邪魔だからとたくし上げたりするのも禁止。

女子は髪が背番号を隠してはいけない。これは私も注意されたことがあります。



3ピリでスタミナ切れ、キーパーは集中力切れ、6-2で負け、意気消沈。

NHLのスタンレーカップなどではひげをぼーぼーに生やしたこきたない選手がたくさん見られますが、

あれは優勝するまでのゲン担ぎ。ユニフォームにはうるさくてもこういうのはOKなのね。

そして余談ですが、スタンレーカップで観客が「生のタコ」をリンクに投げ入れる行為。

一昔前はプレーオフで8勝すれば優勝できたとのことで8本足のタコが投げ入れられるようになったそうですが、

倫理的(生き物を投げるという)にも氷に引っ付いて後の始末が大変という事もあり、一応禁止行為。

一時30杯のタコが投げられたこともあるとか。。。。。

コメント (2)

予選ではあまり勝ちませんように・・・。

2017年10月23日 20時23分09秒 | HOCKEY MOM
次男の所属するホッケーチームが予選を突っ走っている。

昨年の悪夢ふたたび・・・。

予選1位で突破、そして本選びりっけつ。

保護者はみんな口をそろえて「そんなに勝たんでもいいよ。」

一昨日は10-0で勝ち、あら、どうしましょう。

試合には主審が1名、そして2名のラインズマンがいる。

ラインズマンは試合にしていないチームの選手が務めることになっている。

そういうわけでレフェリークリニックなるものを受講しなければいけないわけです。

毎年少しずつルールが変わったりするのでこれを知らないと試合に大きく影響することもあります。



受講中に落書き。

今は関東大学リーグの真っ最中なので、学生同好会の公式戦はまったくニュースにもなりませんが、

レベル的にはそれほど低くはないのです。

ディビジョンⅡの下部もしくはディビジョンⅢの上位くらいに位置するのではないでしょうか。

・・・にしてもディビジョンⅠの大学が恐ろしいくらいに上手いので、激しいくらい差があります。



コメント (2)