アロハマな生活 

50代、快適な暮らしを目指して仕事も趣味も環境整備も頑張る日々。
楽しく生活、アロハスピリット@ヨコハマな日記

ちょこっと函館一人旅⑦~函館山~

2016年06月12日 15時22分14秒 | ちょこっと函館
元町散策もこれくらいにして、函館山ロープウェイに乗るのだ。



到着~。もうすぐ開館時間。ここまで予定通り、むふふ

ここもツアーのクーポンを使えます。



125人乗り?そんなに乗れる?
今日は朝イチ便だからがらがらですが、夜は混んでいるんだろうなあ~。



出発ー



ぐんぐん登りマース



到着したらさらに建物の屋上に・・・。
風がさわやかで気持ちいい~

函館の地形がよくわかりますね。



良い季節に来ました。



ぶらぶらして、ぼ~っと座って景色を眺め・・・

そして下界へ降りるのです。



さよおならあ~~、また来る日まで。



市電に乗って函館駅に向かいます。

そろそろ帰るモードに切り替えないと・・・。

朝ご飯、あんなにたくさん食べたのに、元町散策でおなかぺこぺこののどからから。

同僚おすすめの「ラッキーピエロ」にとうとう入ってしまいました。

地元の人なら誰でも知ってる・・というか函館のあちこちにあるレストラン?です。
ハンバーガーショップかと思ったら、バーガーショップ風のレストランなのか



このド派手な店構え。

友人のホッケーオヤジに「フトッチョバーガーを食べろ。」と指令が出ていましたが・・・



↑こんなに食べられるわけないじゃんwww



チャイニーズチキンバーガー食べました。



レタスしゃきしゃきコーラ、ぐびぐび



店内はさっきまで中国人観光客と修学旅行生で賑わっていましたが、



誰もいなくなっちゃった。

店内良い雰囲気です。店員さんも感じ良し。

あ~空港行きのバスの時間が近づいてきた。

函館ともさようなら。ああ、寂しい。

駅横の市場を覗いてみようかな。



お魚の匂いでいっぱい。

「おねえさん、市場でなんか買ってきてって言われてないー」

威勢がいいわ、お兄さん。言われてたら買って帰るんだけどねー。ごめんねー。



函館空港に到着。

うちへのお土産はコレ



トラピスト修道院へ行く時間がなかったので、また今度という意味で。
このバター、とってもおいしいです
コメント

ちょこっと函館一人旅⑥~元町教会いろいろ~

2016年06月11日 16時54分05秒 | ちょこっと函館
だいぶ間が空いてしまったが、函館の話に戻ろう。

早朝からの元町散歩の続きだ。

本当に天気に恵まれたなあ~。



すこーーーんと海に向かって抜けるような坂道。ここは石畳ですね。

広くて綺麗で清々しいっっ



北海道は春なのですよ。



この洋館ピンクでかわいいでしょう。

ちゃんと幼稚園として活用しているのです。うらやましい。
こんな幼稚園に行きたい(笑)



向こうに港が見える。



堂々とした佇まいの聖ハリストス正教会。国の重要文化財です。



裏庭に行ってみた。ひっそりとしてるけど、隣の赤い屋根のおうちには神父様がお住まいの様子。



後光が差しているかのごとく。



このように元町にはあちこちに坂があるのです。



ここはカトリック元町教会ですが、幼稚園が併設されています。
尖塔のてっぺんには風見鶏がいるのよ。



桜と教会と青空、絵になるわー。



空に向かって行くように教会へ。



教会は平日はどこも静かですね。

昼頃になると聖書会なども催されているのかなあ。



牧師館の横にはかわいいベンチのあるお庭が。

少女が飛び出してきそう。

そんな想像しながら元町を後にします。
コメント (2)

ちょこっと函館一人旅⑤~元町公園~

2016年05月26日 21時20分20秒 | ちょこっと函館
強行軍といえば強行軍。

元町の坂を制覇したい・・・でも今日は横浜に帰らねばならんのじゃ。

5時に起きて温泉に入り、朝食の時間まで部屋で珈琲を飲みながら元町の地図を頭にたたき込む。

よーし8時に出発。

昨日行った金森倉庫を抜けてまずは電停末広町まで歩く。



函館山を背にすぐに見事な坂が見える。基坂。美しいのだ。



市電の走る道路には洋館が至る所に建てられ異国情緒を醸し出している。



ガラス工房。

元町公園が見えてくる。



良い天気だなあ。



ホテルを出発したときは薄手のダウンジャケットを着ていたが、ここで脱いだ。



振り返れば港。



上の建物は一見米軍の建物風・・・何かと思って近くに行ってみたら
どうも道営住宅らしい。なんておしゃんてぃーな。

横浜も市営住宅は赤レンガ風にするとか、そんな粋なことはできないのかね。





旧函館区公会堂。すばらしい眺望だろうなあ。



公園の一番高いところから函館の港を臨む。
多分公会堂のベランダからはこういう風に見えるのだ。



木々のあいだから見える洋館もまたステキ。だれかが出てきそう。
八重桜の花が落ちて芝生はピンクの絨毯。



函館市元町観光案内所。



公園の上から下までは階段と車いすのためのスロープがうまく設えてある。
長男が小学生の頃「すべてバリアフリーで作るという考え方は間違っている。」と作文に書いたことがあった。
当時変わった少数意見として扱われたが、まさにそういうデザインではないかな?


美しく且つ機能的、そして景観も損ねない。
いま都市開発を学ぶ息子に見せようと撮った1枚。





函館市旧イギリス領事館。中ではお茶がいただけるようですよ。

ここから坂を横移動。



この洋館はテナント募集中。

O邸「大切に使って頂ける方・・」とある。

良い雰囲気ですわよ。



横から見るとステンドグラスもあって裏庭もついてますわ。

どなたか、いかが?
コメント (2)

ちょこっと函館一人旅④~金森倉庫とやきとり弁当~

2016年05月24日 21時02分25秒 | ちょこっと函館
金森倉庫をぶらついてみた。



みなとのすぐ横、波は静かで鳥が飛び交い、海の良い匂いがする。



煉瓦造りの倉庫群も夜はライトアップされて良い雰囲気。



しかし・・・。

倉庫の中のショップにはもう少し工夫をしてほしいのだ

ガラス工芸や北海道の特産などをもっともっと増やして欲しい

キティちゃんもかわいいが、ここになくても良い

隣国客に向けた爆買い用のドラッグストアなど興ざめなのだ

文句言ってスミマセン



もう少し時間があれば港町のスタバで黄昏れたいんだが、

同僚お薦めの「やきとり弁当」を夜食にしようと

ハセガワストアに向かう。やっぱり食べ物に向かう。



ラッキーピエロに負けず劣らず派手だなあ~。



えっっ?普通のコンビニなんだが、お弁当こうやって注文するの?へー

「やきとり」弁当ですが「豚串」弁当なんですよ。

鶏肉でなくて、豚肉。

でも名前は「やきとり弁当」。ややこしいな。



もーもータクシーみっけ

運転手さんのネクタイも牛柄。このタクシーを見るとラッキーらしい。



少し早い夕飯はスープカレー。



初めて食べるけど、どうやって食べればいいの、これ。



お肉も柔らかい。

ホテルに戻って温泉に入り、明日の予定を決めていると小腹が空いてきて、

「やきとり弁当」を食べる時間となりました。



夜景に合う。



ほんとだ。豚串だ。いただきまっす。

この夜はぐっすり眠れました。



イカつりの漁船。

朝の金森倉庫は人も少なくてお散歩にはもってこい。



お天気も最高。



夜とはまた違った表情。



ベンチは何気なく港町を演出。



のんびり歩きながら、元町方面へ向かいます。

歩きに自信がある人なら、下から坂の上を見ながら元町の端までまずは歩いてみて、



たまに休憩。

そしてここぞという坂をのぼって、今度は上から函館の街を見下ろすのがお薦め。
コメント

ちょこっと函館一人旅③~ラビスタ函館ベイ~

2016年05月22日 14時20分38秒 | ちょこっと函館
ラビスタ函館ベイ



金森赤レンガ倉庫の横にあるホテル。
最上階にはかけ流しの温泉があるという。ふふふふ楽しみ。



外壁には赤レンガの倉庫の一部を使ったのかな。



ロビーはそれほど広くはないが、落ち着いた雰囲気。


さて、部屋はどこかしら。



いちばん端のお部屋でしたね。

これまでにもいくどか一人旅はしたことがあったけど、二間続きのかど部屋にひとりで寝たこともあれば、
ツインルームだったり、ひどいときはトリプルルームを割り当てられた事もあった。

なにかと待遇の悪い一人旅・・・

今回も期待をしていなかった。



シングルルームじゃん

しかもかなり良い空気清浄機もあり。



シャワーしかないけど、トイレも独立性高し。





かわいい

黒い館内着と白いパジャマがあり、大浴場に行くには館内着でこのカゴに着替えを入れて行く。

カゴの仕様は男女区別のないようでエレベーターでカゴを下げているおじさん幾度となく遭遇(笑)。

今回はANAスカイホリデーの「デコラージュ」という女子向け旅を利用したため

クーポンなどの割引があるほか



アメニティセットもついている。



シャンプーやターバンや圧靴下までもがセット。



金森倉庫と函館山が望めるお部屋。
車窓のような雰囲気が楽しめるよ。



部屋も洗面所やオープンクローゼットのある出入り口付近とはドアで隔てられているので
ぐっすり休めます。


日が暮れてきた。



朝目覚めて温泉で朝日を眺めた後は



お部屋でコーヒーでもいただきましょう。

豆をひいて淹れるのです。



コーヒー飲みながら、朝の景色も楽しむ。



今日も1日良い天気になりそう。

このホテルは朝食ランキング1位らしい。

2階の和食の店でバイキング



朝から海鮮丼とは何とハッピーな。
いくら入れ放題、イカそうめん入れ放題、甘エビ入れ放題でーす



ししゃも、朝から。
いつも朝食はヨーグルトとコーヒーくらいのほうが体の調子が良いのだが、
もともと食い意地が張っているので、旅先でこんな朝食を目にすると
食べるだけ食べないと気が済まなくなってしまう



やはりヨーグルトは食べたい。



これはプリン。

ランキング1位だけあって、行列。
なるべく早く行くのがおすすめ。
外国人も多数。

隣国のツワモノは部屋のパジャマでお出まし。ああ、びっくり

お風呂は最上階、写真は撮れなかったので残念ですが、露天風呂もありゆっくり楽しめます。

ただ、露天は外から望遠鏡で見えそうなので露天風呂入り口にある「湯浴み着」着用をおすすめします。

この露天風呂で一緒になった方が、

「昨日は嵐のような天気。今日、明日と最高のお天気よ。あなたラッキーね。」と言っていた。

それだけでもう気分最高。
コメント (2)