にゃんこの置き文

行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず

検査入院

2012年12月10日 | 日記

気管支鏡検査の時、肺の中をジャボジャボと洗ってもらったおかげか、あれから一度も喀血してない。
ところが、口から血を吐かなくなった代わりに、頻繁に鼻血が出るようになった。
これって何か関係があるのかな?
もしや単に血の気が多いだけだったりして。(そんな馬鹿な)

明後日、検査の結果を知らされる。
手術とか必要な病気でなければいいんだけど。
初めての入院体験は、なかなか楽しかったけど、もう一度と言われたらご遠慮申し上げたい。

先週の今日が、入院前日だった。
午後9時から絶食。午前零時からは飲むのも禁止。
食べずにいるのは平気だけど、何も飲めないのはけっこう辛いので、12時過ぎにはさっさと寝てしまった。
翌日も止血剤を服用する時だけ、少し水を飲んだけど、それだけで朝の8時前には家を出た。
タクシーをつかまえて、8時半に病院到着。
病室に案内されて、検査の順番が回ってくるまで部屋で待っているように指示される。
本とかも持って来ていたけど、絶飲食なのと緊張のせいで何もする気になれず、ひたすらボーっとしていた。
いつもならこの時間は通勤電車の中だ。それが見知らぬ部屋で時間を潰している。何だかとても変な気持ちだった。

10時前に看護師さんが迎えにきた。
いよいよだ。車椅子に乗せられて、検査室へ移動。
ここからは、前に「気管支鏡検査」で書いたとおり。

11時過ぎに部屋に戻ってきたものの、喉に施した麻酔が切れる2時間後まで絶飲食を命じられる。
気が抜けたのと、検査前にうたれた精神安定剤の注射の影響か、とっても眠い。なのでこれ幸いと寝てしまった。
1時過ぎに起こされて、お茶を飲まされる。それで問題なしと判断されて昼食にありつく。
ご飯を食べた後、病棟の外に出かけてコンビニで飲み物を買い、少し散歩してタバコを吸った。
いやぁ、この一服が旨いの何の。

それからは本を読んだり眠ったりして、夕食までダラダラと過ごした。
治療や検査がないと、入院生活というのはひたすら暇だ。
大部屋なので同室の人は二人いたけど、一人は末期なのか痛みで動けないらしくずっと寝ている。もう一人の人は元気そうでテレビを見たりしていたけど、抗がん剤の効き目が薄れているとかで、次に投与する抗がん剤の相談を家族同伴でしたいと医者が告げていた。
もし私もそうなったら家族はいないから、一人でそういうことの決断もしていかないといけないわけだ。
うーん、なかなかシビアかも。

夕食後は9時の消灯までずっと本を読んでいた。
元気そうに見えていた人も、寝付くまでずっとおかしな咳をしている。
しばらくの間それが気になって眠れずにいたけど、いつの間にか寝てしまっていた。

翌日は7時に目が醒めた。
朝食をすませ、あとはレントゲンを撮ったら帰れると思っていたのに、造影CTも撮るようにと言われる。
これが順番待ちで、昼前になるかもしれないとか。
時間がたっぷりあるので、またまた病棟を抜け出し、外で一服。
戻ってからはおとなしく本を読みながら待つ。
前にCTを撮った時は車椅子で検査室に向かったけど、今回は歩きだった。
また造影剤を体内にぶち込まれるわけだけど、気管支鏡検査を乗り切った私に怖いものはもうない。

撮影終了後も歩いて病室へ。
そこでやっと退院許可が下りた。


たかが一泊。しかも検査入院。なのに病院の外に出た時の解放感は半端ではなかった。
もし次は治療のために入院が必要と言われたらどうするか。
もしかしたら治療を拒否して逃げ出してしまうかも?
どうにも根性なしの私です。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« その他の検査、あれこれ | トップ | 検査結果 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みーやん)
2012-12-11 11:14:12
確かに入院・・気が滅入りますね・・
私は何度もわけのわからん病気やけがで入院は経験してますが・・。
仕事してるときは、2,3日の入院もいいもんだと思ったが・・
3日目くらいになると本当に耐えられなくなる・・

で・・・1週間くらいしてくるとこれがまた。。。
不思議なことに、慣れてくるんだ( ̄ω ̄;)
毎日注射や点滴で身体がなまってくる・・

あたしも、入院中はうろうろ歩きまわって病室にいないものだから・・
看護士さんがしょっちゅう探してた・・。( ̄▽ ̄;)
明日は検査結果ですね・・。
何だたらついていきましょうか・・

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事