にゃんこの置き文

行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず

右往左往

2020年01月15日 | 小説
人間というのは誠に欲深いもので、最初の頃は「とにかく予選を通りたい!」とだけ願い、通過者100名以上の小さな文字の中に自分の名前をみつけただけで、本屋の中で万歳三唱してしまうほど喜んでいたのに、次第に名前だけでは飽き足らなくなって「最終に残って批評が欲しい!」と切望し始め、いざそれも叶うと「絶賛されて受賞したい!」という身の程知らずな願望を抱くようになった。

それでも初めて候補になった時はまだかわいかったよね。
「あこがれのプロ作家に私の作品を読んでもらえた」というそれだけで感動してたんだもん。
けれど三度目の正直がならず、これまでにない酷評を食らった今は、無我夢中で突き進んでいた道が消えたような気分。
この先どうすればいいのかさっぱりわからん。

努力で伸ばせるのは文章力に限られる。そしてその方面はどうやらクリアしているらしい。
これまでの批評でも、「最後まで飽きずに読ませる筆力を高く評価する」と言われ、前回は「筆力だけなら受賞作より上」とまで言ってもらえた。
なのに何がダメなのか。

今回の総評で今野敏先生が述べている新人に求めているのは整った綺麗な文章ではない。定まった円の中に収まっているのではなく、その円から何かが飛び出しているような作品だという一文が答えなのだろう。
きらめき、センス、感覚。
どれも努力で身につくものではなく、もし欠片くらいは持っていたとしても、磨くには時間がかかる。それだけの時間が自分にあるかどうか。

ここらで一度小説から離れてみるのも手かもしれない。マンガを描いていた時も、しばらく描くのをやめると絵柄がガラッと変わったりしたから。
・・・などと言いつつ、この3日間で小説のプロットを1つまとめてしまったのだ。
だってしゃあないよね。もうご飯を食べたり息をしたりするのと同じレベルで、書くのが当たり前になってるんだもん。
「数十年前の冒険小説を読んでいるようだ」という酷評にへこみつつ、だったらいっそ昭和を舞台にして書いちゃろか。そうしたら陳腐さはリアルさに化けるかもしれんぞなどと頭の隅で思ったりしてる懲りない私です。

これはもう、寿命がある限り突っ走るしかないな。


コメント

限界かな

2020年01月12日 | 小説
今日、「大藪春彦新人賞」の選評を読み終えた。
前回のブログで、「ダメだった理由は年齢か」というようなことを書いたが、失礼しました。一にも二にも十にも百にも、作品と資質の差でした。

受賞作は「奥行きがあり、今は粗削りだがいずれいい作品を書けるだろうという可能性がある」という批評。私の作品は「悪趣味で陳腐で作者の限界を感じる」だと。しかも「応募の度によいところが少なくなり、悪いところが強調されてきている」とまで言われちゃったよ~。
もちろん自分に傑出した才能などないことはわかっている。それでも努力でなんとかならないかと思ってたけど、プロの世界はそんなに甘いものではないらしい。

小説を書き始めた時は、「5年応募を続けて、手応えが得られないようならやめる」と決めていた。幸い2作目で予選を通過し、5年目には最終まで残れるようになった。そして8年目にして、自身の限界を突きつけられたわけだ。
というわけで、この先どうしよう。
懲りずに今年も応募し続けるか。それともこれからは趣味として楽しむか。
しばらく悩みそう。

それはさておき、選評を読んでて面白かったのは、選考委員といえどそれぞれ好みがあるんだなぁ、ってこと。
前々回の作品に対しては、今野先生はけっこう好意的で、馳先生はボロクソだった。
今回は逆で、今野先生は丸ごと否定、馳先生は「前半はおやっと思わせるものがあった」と部分的評価。
まあ「悪趣味すぎる」と言われるほどにえぐい設定だったから、健全な思考を持つ人だったら読むのすら苦痛だったろうなぁ。そう思うと申し訳なさでいっぱい。でもこの作品を、私が目標としている平山夢明先生が読んだらどんな感想をくれただろう。
ちょっと興味があったりして(^^)
コメント

大藪春彦新人賞はダメでしたぁ~

2019年11月04日 | 小説
引っ越しでてんやわんやしていた最中に出版社から電話あり。
「残念ながら・・・・」
「三度目の正直」を期待してたんだけど、「二度あることは三度ある」になってしまった。

その時はまだ仕事中だったこともあり、「わかりました、ありがとうございました」と冷静に受け答えしたものの、ショックは後からじわりと襲ってきた。
また1年、手探り状態での応募生活が続くのかぁ。

年齢的にハンデがあるのはわかっている。
今回受賞した人は27歳らしい。
「すばる新人賞」などは35歳以下は足きりされるらしいという噂だ。それでもたまに50代60代の受賞がニュースになるように、まったく可能性がないわけではない。ただ、将来性という下駄を履かせてもらえない分、より素晴らしい作品を書かねばならないのだろう。私の応募作は、まだその域には達していなかったということだ。

書くことはすでに人生の一部と化しているので執筆をやめることはないが、今回も受賞できなかったことで、応募のやり方は変えるつもり。
何せ先行きが短い分、時間の余裕っていうものがないからね。
まずは賞の締め切りに合わせて突貫工事で応募するのは止めにする。
どうしてもこれだけは書きたいという原案があるんだけど長編だから、これからはそれをじっくり仕上げていくつもり。
合わせて、これまで「オール読物新人賞」の1次や2次で落ちていた作品を、ネットに上げていこうと思う。(もしデビューできたら改稿して発表しようと後生大事に抱えていたけど、このまま死蔵になったらつまらんもんね)

ショックが尾を引いているので、今回はグチグチした内容になってしまった。
次回は引っ越しの報告も兼ねて、もう少し前向きなことを書こう。
それにしてもよく、「賞を取るのは簡単だ。それよりもデビューしてから生き残る方が難しい」というけど、受賞するのも大変じゃん!!

コメント (1)

一作だけ最終候補に残った

2019年09月25日 | 小説
今年前半の結果報告。
6月までに3つの賞に応募し、うち2つが轟沈したことは先に書いた。
よもや全滅かと絶望しかけてたんだけど、1つだけかろうじて最終に残りました。(ホッ)

今度こそ受賞したい。
賞を取れば担当の編集者からアドバイスをもらえる。(別名「恐怖のダメ出し」とも言うが)
もうこれ以上、どこがいいのか悪いのかわからないまま、ドキドキしたり落ち込んだり喜んだりする日々を重ねたくない。
今回も、前の2作のどこがダメでこの1作がどうして残ったのか、読み返してもさっぱりわからんもんね。
プロの編集者がついてくれれば、「この作品はここがダメで、ここを手直しすればよくなる」とか、「どこをどういじろうと使い物にならない」とか、きちんと判定してくれるだろう。

結果がわかるのはまだまだ先だけど、どうか受賞しますように。
「悪魔に魂を売ってもいい」と思う人の気持ちが、今はよくわかる。受賞できるなら、魂でも何でも喜んで売りまっせ、っていう感じだ。(あ、これをネタに短編が一本書けそう)

とある作家のエッセイで、「候補に残ってから発表までの間情緒不安定になり、夜中に飛び起きて転げながら叫んだ」という一文があってしみじみと共感した。
一次の発表を待ってた時より、今の方が心理的に追い詰められてる。

次回の記事のタイトルには、「受賞しましたぁ!」って書きたいなぁ。

コメント

二つ目轟沈

2019年08月23日 | 小説
オール読物新人賞。
例年なら10月号で中間発表のところ、今年は合併号になるとかで一か月早く結果が出た。
で、ドキドキしながらそのページに目を走らせてみたところ・・・
名前がない。ここんとこ「名前は載っていて当たり前」状態が続いていたので、何度も見直してしまった。
最後は都道府県まで見たりしてね。
でも見間違いでも見落としでもなく、ないものはない。

これでますます選考基準ってものがわからなくなってきた。
作品の出来自体は過去作品より上だと思っている。(でなきゃ出さない)
悪くても2次まではいくものと信じていたんだけど、いったい前回までの作品とどこがどう違うのか?

相性の悪い下読みさんに当たったのかな、と自分を慰めつつも、けっこう落ち込む。
何より3作品全滅の予感がひしひしと・・・・

「こんな徒労ばっかりの作業なんてやってられっか! もうやめてやる~~」と叫びたいところだけど、そう言ってるそばからR-18に投稿する作品を書いてたりする。
書くことは私にとって、食べたり息を吸ったりするのと同じで、生きてることと切り離せない生命活動の一部なんだよね。
だから選評で「センスがない」と切り捨てられた後も、こうして3作も書き上げてただ今4作目を執筆中。
来年もきっと、「作家になりたいよぉ」とぼやきつつ、書き続けてるんだろうなぁ。

今回の結果で私のオール読物新人賞の戦績は、落選2回、一次2回、二次4回となりました。
次こそ最終に残ってやる!!


コメント