にゃんこの置き文

行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず

二つ目轟沈

2019年08月23日 | 小説
オール読物新人賞。
例年なら10月号で中間発表のところ、今年は合併号になるとかで一か月早く結果が出た。
で、ドキドキしながらそのページに目を走らせてみたところ・・・
名前がない。ここんとこ「名前は載っていて当たり前」状態が続いていたので、何度も見直してしまった。
最後は都道府県まで見たりしてね。
でも見間違いでも見落としでもなく、ないものはない。

これでますます選考基準ってものがわからなくなってきた。
作品の出来自体は過去作品より上だと思っている。(でなきゃ出さない)
悪くても2次まではいくものと信じていたんだけど、いったい前回までの作品とどこがどう違うのか?

相性の悪い下読みさんに当たったのかな、と自分を慰めつつも、けっこう落ち込む。
何より3作品全滅の予感がひしひしと・・・・

「こんな徒労ばっかりの作業なんてやってられっか! もうやめてやる~~」と叫びたいところだけど、そう言ってるそばからR-18に投稿する作品を書いてたりする。
書くことは私にとって、食べたり息を吸ったりするのと同じで、生きてることと切り離せない生命活動の一部なんだよね。
だから選評で「センスがない」と切り捨てられた後も、こうして3作も書き上げてただ今4作目を執筆中。
来年もきっと、「作家になりたいよぉ」とぼやきつつ、書き続けてるんだろうなぁ。

今回の結果で私のオール読物新人賞の戦績は、落選2回、一次2回、二次4回となりました。
次こそ最終に残ってやる!!


コメント

まず一つ目撃沈

2019年08月08日 | 小説
今年の前半、3つの賞に応募したことは以前に書いた。
その中の一つで3月末締め切りだった「すばる文学賞」は駄目でした。

7月中に連絡がなかったので、最終候補に残れなかったことはわかっていた。
それでも1次くらいには引っかかってるかなと「すばる」を立ち読みしたんだけど、掠りもしてませんでした。
どちらかというと純文に近い「R-18」も連続して落っこちているので、もしかしたら私は純文には向いてないのかもしれない。(それでもしつこく、今年も「R-18」には出すつもりだけど)

だいたい自分で書いてても、純文とエンタメの違いがよくわからないんだよね。
今回「すばる文学賞」を選んだのは、 「殺人事件が起きてないから、純文かなぁ」という滅茶苦茶な理由。
もし落ちた理由がカテエラだとはっきりすれば、エンタメ系の賞に使い回してみるんだけど。

しかしこうなると、残り2つも不安になってきたぞ。
自慢じゃないが、私は自分の作品をまったく客観的に見れない。
相性のいい「オール読物新人賞」では、7回応募して落選1回、一次2回、2次4回という成績なんだけど、落ちた作品と2次までいった作品の違いが自分ではさっぱりわからない。
今回も自分では「傑作だ~~」と思ってるわけだけど、すばるに応募した作品も「傑作だぁ」と信じてたわけだからね。

小説を書き始めて7年目。
「5年続けて結果が出なければやめよう」と決めていたけど、幸い最終候補に残れるようになって、「あと5年続けて受賞できなければやめよう」という目標に変わり、でもそれももう2年目。

うーん、せめてもう10年早く書き始めるべきだったなぁ。


コメント

オール読物新人賞に応募完了

2019年06月20日 | 小説
今日はオール読物新人賞の締め切り日。
前々回のブログで、「まだ1か月半もあるし~」と暢気なことを書いていたような気がするけど、結局6月に入ってから、「あわわわ、間に合わない~」という事態になり(いつものことだけど)、この2週間は食事も用事も仕事も(?)そこそこに、怒涛の追い込みになりました。

で、何とか間に合って今年も出せた。
結果はどうなるかなぁ。
今年こそ万年2次通過から足を洗って最終に残りたい。
別の賞で最終に残って、シビアな評価に打ちのめされたりもしたけど、やっぱり批評をもらえるのは有り難いもんね。


ともあれ今年に入ってから、投稿予定だった3つの賞すべてに応募できた。
3月末、4月半ば、6月20日というスケジュールは、かなりきつかったけど、やればできるとわかったのは収穫。

半年間、執筆三昧だったけど、今日からしばらくは充電期間(別名おサボりタイム)に入る予定。
ここの更新も、もうちょっとマメにできるかも(?)

コメント (2)

GWってどこの国の話?

2019年04月30日 | 日記
世間は大型連休だと騒いでいるけど、サービス業勤めには遠い世界の出来事。
下手すりゃ10日連続出勤になるところだったけど、今日1日だけ休みをもらった。

貴重な休み。
本当ならオール読物に応募する作品を書き始めなければいけないところなんだけど、
「締め切りまでまだ1か月半もあるし~」という言い訳をしつつ執筆はサボり。
(夏休みの宿題を8月30日から始めていた癖は、未だに抜けないのだった)

で、何をしていたかというと、「進撃の巨人」のアニメをずっと見ていたのだ。

やっぱりいいわぁ。
マンガで見るのもいいけど、アニメはまた違うよさがある。
この前中学の同窓会があって、30年ぶりくらいにカラオケに行ったんだけど、
「進撃の巨人」のオープニングテーマがなかったのは超ショックだった。
キーがあれなので歌えるかどうかは自信がなかったけど、思い切り
「獲物を屠るイェーガーぁぁぁ~」
って叫びまくりたかったなぁ。

この話もいよいよ佳境に近づきつつあって、最新話では私の愛するリヴァイ兵長が
生きるか死ぬかの瀬戸際に立っている。
勤め先の社長の親戚の中学1年の男の子が進撃のファンで、顔を合わせる度今後の進展について熱く語り合っているんだけど、
「リヴァイが死んだら、もう進撃の巨人なんて見ない!」と叫んだ後、強烈な既視感に襲われた。
そういや50年近く前、
「オスカルが死んだら、もうベルサイユのばらは読まない!」
って叫んでたっけ。

もしや私は、12歳から成長していない……?
コメント

あっち見てもこっち見てもネコ

2019年01月23日 | 
年明け、高校時代の友人から手紙をもらった。
毎年、「今年こそ会おうね~」と言い合いながら幾星霜。すべては私の出不精気質に原因がある。(ゴメンナサイ)
そこには「返事はいらない」とも書かれていた。私は小説なんぞ書いてるくせに、超がつく筆不精である。古くからの友人は、こんなふうにいちいち説明しなくても私の性格を知り尽くしてくれているのでありがたい存在だ。
何せ動物占いでは「コアラ」、理想とする動物は「ナマケモノ」っていうくらいものぐさな人間だからなぁ。(実際私の部屋は、手を伸ばせば料理から執筆まですべての用が果たせるよう配置されている)

その友人には先に、「ブログはマメに更新してるから、近況はそっちでわかるよ」と伝えていた。それに対する返事として「最後の更新は去年だった。××の言うマメはたまにしか実らない珍しいマメなのか」と怒られてしまった。
若い頃から背中を蹴り飛ばされないと動かない私。そこで「あわわわ」と、慌ててここにログインした次第。

最近、にゃんこの話題を書いていなかったから、マーがいなくなった後は何も飼っていないと思われているようだ。
実際マーを飼い始めた時すでに、「歳も歳だしあとを託せる子供もいないし、飼うのはマーで最後にしよう」と思い定めていた。たまに近所のネコが入ってきて、そいつと遊ぶくらいで満足していた。
これだけ長年ネコとともに暮らしていながら、私はあいつらの恐ろしさをまったくわかっていなかったのだ。


大元はこの黒白ネコ。
飼い猫か野良かは不明。メスだとわかったのは子ネコを5匹引き連れて部屋に現れたから。そうやって近所中の飼ってくれそうな家を回っていたらしく、可愛い子ネコから姿を消していった。そして私の家には真っ白なメスと真っ黒なオスが残された。

まあ2匹くらい飼ってもいいかと思っていた半年後、新たに5匹の子ネコを連れて現れた。
私が悲鳴をあげたのは言うまでもない。
この時も「いいな」と思う子から姿を見せなくなり、サバのメスと白地にまだら模様のドン臭いオスが残された。
そしてどうなったかというと、




この有り様。
ここに姿を消した子ネコも大きくなって現れるので ↓


時々部屋に何匹いるのかわからん状態になる。
しかもこいつら、堂々と部屋にいるくせに私にはまったく懐かない。
この悲しい状況をどう解釈すればいいのか。

そもそも黒白が部屋に現れた時、「わぁ、クロタンそっくり」と甘い顔を見せたのが大間違いであった。マーだってお父さんネコが「この家なら面倒をみてくれそうだ」と玄関に捨てていったんだもんなぁ。
コメント (2)