ふたたび御荘湾干潟の下見 ドロアワモチみれました!

2012-07-03 23:13:00 | 教育啓蒙活動

午前中、愛南町の西海に行く用事があったので、その帰りに御荘湾の干潟に寄りました。この前の記事にも書きましたが、地元の御荘中学校で干潟を使った海学習に今後取り組もうとしているので、その下見の第二弾。

この前の下見のあとに、干潟の生き物の図鑑を揃えて、文献なども多少読み込んだのでだいぶ「見所」が分かったような気がします。ウミニナやヘナタリの仲間も見分けが付くようになりましたし、イシマキガイ、カノコガイ、ヒメカノコの違いも分かるようになりました。干潟には巻貝の仲間が多いですが、種類によって好む場所が違っていて面白いですね。カニの仲間もそうです。今回はドロアワモチもあっさり発見!なるほどこいつか。たしかにへんな魅力があります。泥干潟のアイドルですね。(中地 シュウ)

P7030671

P7030705

コアマモが一面は生えています。満潮時に泳いでみたいところ。P7030686

ヒメカノコだらけ。P7030697s

イボウミニナP7030713

カワアイP7030728s

ヘナタリP7030833

ドロアワモチP7030771



うんちのスジを残してはいまわるドロアワモチ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 福良川の河口の干潟に行って... | トップ | 2012年サンゴの産卵観察(10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育啓蒙活動」カテゴリの最新記事