12月クラゲサンプリングin宿毛湾

2016-12-11 22:30:15 | クラゲ
今年最後のクラゲサンプリングに行ってきました。
水温は20℃前後と、まだまだ温かかったです。

今回採れたクラゲはこんな感じです。


オベリアクラゲ
この種が出ない月はないと言っていいほどの常連さんです。


ニチリンクラゲ
円盤のようなかたちをしたクラゲ。外洋性の種です。


ヤマトサルシアクラゲ?
4本の触手をもったきれいなクラゲです。
傘の表面に刺胞の粒がみえます。


ヤワラクラゲの稚クラゲ
ベニクラゲと同じ不老不死のクラゲ。今年はよく採れました。


軟クラゲ目の1種
触手の先端が丸くなっている不思議なクラゲ。


軟クラゲ目の1種
ほんのり橙色をしたクラゲ。ピコピコと活発に泳ぎまわります。


チョウクラゲの稚クラゲ
先月は成体が採れましたが、今月は稚クラゲがとれました。


からだを広げたチョウクラゲ
羽ばたくようにして泳ぎます。


フウセンクラゲモドキ
クシクラゲの仲間です。クシクラゲは刺胞を持っていないのですが、この種は捕らえたクラゲの刺胞を盗んで使うことが知られています。

その他、湾口でカラカサクラゲやヒトツクラゲなどの外洋性の種がたくさん見られました。
また湾奥部の港ではクラゲがあまり見られず、種数も少なくなっていました。

風が強い日の翌日などはたくさんのクラゲが吹き寄せられているかもしれませんね。としの
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月クラゲサンプリングin宿毛湾 | トップ | 研究所前の西泊では珍しいヘ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クラゲ」カテゴリの最新記事