黒部信一のブログ

病気の話、ワクチンの話、病気の予防の話など。ワクチンに批判的な立場です。現代医療にも批判的で、他の医師と違った見解です。

病原環境論1

2012-03-30 07:56:14 | 健康・病気

病原環境論または適応説1

私は今は「人はなぜ病気にかかるのか」という問題について、病原環境説もしくは適応説を提唱しています。その方が病気の説明がうまく行くし、治る病気、病気の予防には、非常によく合います。また、治らない病気でも、病気を軽くしたり、進行を遅らせる効果があります。

私の考えは「病気の原因は環境に適応できない時になる」というのが、病原環境論の骨子です。さかのぼると、ヒポクラテス学派に行きつきます。この考えは、歴史的にもいつの時代でも少数派で、その為多くの人が病気に悩むことになりました。今でもそうで、現代医学からは無視されています。その為、私の医療は社会的にはなかなか認められてはいません。しかし、実践的にはよくなるのです。この考えは、元神奈川大教授中山茂先生の研究グループに何年か参加している時に、出会いました。故ルネ・デュボス(元ロックフェラー大学環境医学教授、結核研究所所長、元国連環境委員会アドバイザー委員会議長)の書いた「人間と適応」(みすず書房)の分厚い本を読んで、この人は基礎医学者なので、私は臨床医学で実践し、この考えを継承しようと考えたのです。この本以外にも数多くありますが、多くは基礎医学か精神科の医師です。

その時以来、臨床に応用しようと考え、応用したらうまく行くのです。しかし、私の言うことを信頼して、実践してくれないと、なかなかうまく行きません。現代社会は、環境(自然的、社会的、職場的、家庭的、心理情緒的環境)を悪化させ、その為に多くの病気(身体的、精神心理的)を生んでいるのです。だから医療費は上昇し、政府はそれを削減しようと、社会福祉費を減らそうと試みているのです。社会全体を変えなければ無理でしょう。

個人では、仙人にでもならなければ無理です。でも努力すれば少しは違います。それでその少しの違いを求めて、医療の中で実践しています。ほんの少しですが、すれば少しは良くなります。特に病気の初期や予防には効果的です。よく「ストレス説」と自称しますが、それは環境を変えられないから、せめて環境から來るストレス対策をするしかないからです。本来は環境を変えるのが一番です。しかし、できないから、環境から來るストレスに適応するしかないのです。でもなかなかうまくいきません。自分でもできないからよく判ります。つづく。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月からのすずしろの外来診療

2012-03-20 08:22:31 | 健康・病気

すずしろ診療所もなんとか危機的な3月を過ごし、いよいよ4月に入ります。まだまだ体制は未完です。それでも何とかしなければいけません。少しずつ前進しています。

私の外来診療日が変更になります。とりあえず、4月は月曜午前(9時~11時30分)、午後(3時~6時)、水曜午前、土曜午前の4回になります。小児科、心療内科は、この時間帯だけになります。

他の日の体制も、まだ診療所のホームページが機能しないので、お知らせします。

火曜午前は古林先生(一般内科、整形外科)、午後休診

水曜午前は黒部で、午後休診

木曜午前、午後山田先生(一般内科、消化器科)

金曜午前は従来からの石川先生と新しく盛田先生(糖尿病、内分泌、高血圧)の二診体制、午後は石川先生

土曜午前は黒部、午後休診。

在宅支援診療は、火曜午後、水曜午後が黒部で、金曜午後が盛田先生、土曜の午前、午後が関口先生。夜間と休日の緊急の在宅支援(救急診療を除く)は、ヒロクリニックが応援してくれます。救急でなければ、送迎も行っておりますので、ご相談下さい。

小児科だけは、私(黒部)の外来でしか行っておりません。もちろん中学生以上は内科の医師も診療します。独特の小児科診療をしておりますので、一度ご来院下さい。親御さんが安心できる診療を目指しています。一般の小児科をイメージしないで下さい。

「原発事故と子どもたち」を発売していますので、関心のある方は読んで下さい。すずしろ診療所そばの書店でも販売しています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すずしろ診療所へ移りました

2012-03-02 08:39:01 | 健康・病気

3月1日から、西武線練馬駅前西口にある、すずしろ診療所へ移り、所長に就任しました。在宅支援診療所なので外来は3月のみ22日を除く水曜、木曜、土曜の午前になります。時間は9時から11時30分です。4月はまた替わりますが、土曜の午前は替わりません。午後は在宅をまわります。前所長が、一人でやり医師も看護師も新規の非常勤を採用しなくて、医師一人、看護師一人の常勤が同時に退職し、外来の先生方も、金曜の石川先生を除くとほとんどが新任の先生方なので、取り敢えずの体制で始めましたので、ご不便をかけるかと思いますが、事務方はそのままなので、再出発と思って下さい。何か意見がありましたら、どんどんその場で言って下さい。在宅支援診療の方は、新宿のヒロクリニックの応援で土日、夜間は対応してくれますので、何とかできると思います。

それから、「原発事故と子どもたち」という本を、三一書房から出版しました。ご一読下さい。

すずしろ診療所としては、今後の体制の整備に向けて、常勤、非常勤の医師、看護師を募集しております。すずしろ診療所(すずしろ医療生協)の飯田事務長にご連絡下さい。TEL 03-3557-6612 詳細は面談で決めさせて頂きたいと思います。

今転換期なので医療のお話ができず、申し訳ありません。4月以降に落ち着いたらまた再開したいと思っています。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする