黒部信一のブログ

病気の話、ワクチンの話、病気の予防の話など。ワクチンに批判的な立場です。現代医療にも批判的で、他の医師と違った見解です。

紫外線をあびるのはもうやめましょう -日焼けと光老化の話-

2019-04-07 16:09:20 | 子どもの病気と犯罪の予防
       紫外線防御の話
 少し遅れましたが、ご容赦ください。図のスキャンに手こずったためです。
紫外線はどんどん強くなっています。女性の悩みのしわ、しみ、ソバカスはすべて光による皮膚の老化です。外へほとんど出ない仕事の人は、少ないです。気をつけないといけないのは、外へ出なくても散乱線や反射光をあびますし、自動車に乗っているとエアコンをつければ暑くないが紫外線を浴びています。
 もっと言えば、子どもに教えなければいけないことです。人生、一生の間にあびる紫外線の半分を18~20歳までにあびていて、年をとってからしみ、しわ、そばかすなどの光老化現象が出てくることです。
 子どもに教育しなければいけない時代になりました。
 私は前にいた吹上共立診療所時代から書いていましたが、最近書き直したのです。それで「Ⅱ版」としました。



日焼けするのはもうやめましょう  Ⅱ版
   -日焼けと光による皮膚の老化の話-

人間は日光の下で進化し、地球の気温の維持、食物の間接的源泉など多くのめぐみを日光から受けてきています。人間の目、皮膚、血管、ホルモン系などは日光に反応し、紫外線により皮膚でビタミンDが作られますし、毎日のバイオリズムは日光の周期的変動に依存しています。日光は最強の消毒をしてくれます。ウイルスも細菌も殺します。インフルエンザウイルスは、1メートル離れていたら、直射日光下では感染しません。にもかかわらず、日光は有害です。日焼けをきたし、DNAを障害し免疫機能を低下させ、皮膚ガンを発生させ、皮膚にしわを作り老化させ、目に炎症を起こし、白内障をもたらします。

☆紫外線は環境の中でもっとも危険なものの1つです
 1980年頃から光線に対する皮膚の反応の研究が進み、日光のもついろいろな働きが明らかになりました。皮膚は、人間とその環境(外界)との境界であって、この皮膚に直接作用する物理的要因の代表が日光です。
 紫外線もまた生体の細胞に対して、遺伝子の突然変異をはじめ多くの傷害をひきおこすことが判っています。その大部分は光にあたっていない時に、修復酵素によって修復されるとはいっても、わずかな異常は長年の間に蓄積されます。その結果が光による老化と皮膚ガンなのです。
 また妊娠初期に強烈な紫外線(人工太陽光線も)をあびると、必須ビタミンBである葉酸塩の血中濃度が低下し、胎児の脊椎などの神経管異常の発生率が高くなることが判っています。葉酸塩の破壊も紫外線の悪影響の一つに加わりました。他の原因での葉酸塩の低下でも同じで他に男性の不妊症にも関与するようです。

☆日光浴はもうやめよう
 従来、日光はクル病を防ぐ健康光線として、日光浴が薦められましたが、現在の日本では、普通の食生活をしている限り、ビタミンDの不足が起こることはないし、たとえ不足しても、食物からも、薬によっても補うことができます。所が最近になり、ビタミンDの不足の子どもが出ています。なぜか判りませんが、一つは離乳の遅れがあると思います。離乳の遅れは乳児に必要なビタミンがC、D、K(これは薬で補給しています)、鉄分、カロリーの順に不足して行きますから母乳しか与えない乳児にはまずC、Dが不足するでしょう。
日光浴への幻想は、皮膚の早期の老化を招き、皮膚ガンの原因になっています。日光が皮膚にあたって起きるか、またはそれに関連して起きる病気は25以上にもなります。


☆日光浴をするなら、紫外線を遮断(サンスクリーン)しましょう
 白人の社会では、10歳までは日焼けしないように薦めて、教育しています。平均的日本人も、白人と同じように日に焼かない方がよいです。だから長時間の日光照射を受ける場合には日焼け予防が必要になります。
元東北大皮膚科教授田上医師は1991年、日本医事新報に「オゾン層の消失が環境保護の面から騒がれる最大の理由は、この紫外線照射による皮膚障害、皮膚癌発生が増す可能性を恐れてのことであり、今後、私たち医師は過度の日光照射の害を一般人に説かなければなりません。また、長時間の日光照射を受ける場合にはサンスクリーン・クリームを使用する必要性があることを、子どもの時代から学校で教育されなければならないです。」と書いています。
個人の一生の間にあびる日光曝露時間の約半分は18歳までに起きますので、子どもに日光の有害性を教えることが重要です。子ども時代に日光を浴びることが皮膚の早期の老化の原因なのです。

☆B紫外線が悪役
 紫外線は波長により、A紫外線(長波長紫外線、UVA)、B紫外線(日焼けスペクトル-短中波長、UVB)、オゾン層で吸収され地表には届かないC紫外線(殺菌線-短波長、UVC)に分けられます。太陽光線の中でも、日光放射エネルギーの3%を占めるB紫外線全部およびA紫外線の一部が、皮膚に対する障害(日焼け、皮膚ガン)をもたらします。C紫外線の大部分は、角化層の死んだ細胞層によって吸収されます。
B紫外線は大部分表皮で吸収され、その程度は皮膚のメラニン色素の沈着の程度に左右されます。白人は85~90%、色の黒い人は90~95%表皮で吸収され、残りが真皮に到達します。表皮を通過した紫外線は、血管内に侵入し、血液内のリンパ球を障害し、単核球の活動性を失わせます。紫外線のもっとも有害な効果は、細胞を殺すことで、その他に、突然変異をひきおこし、発ガン性、DNA・RNA・蛋白合成の障害または抑制、免疫の障害などがあります。B紫外線はそのほとんどをおこし、さらに日焼け、皮膚の黒化、ビタミンD合成、角化増殖、皮膚の老化もおこします。
長波長のA紫外線や可視光線は真皮に深く達し、障害は少ないです。A紫外線による障害は、B紫外線の800 ~1000分の1です。

☆日焼けと黒化
 日に焼ける反応には、紫外線が当たって皮膚が赤くなる紅斑反応(サンバーン現象)と引き続いて起こる色素沈着つまり黒化(サンタン現象)の2つがあります。紅斑反応は、赤くなり、むくみ、時には水ぶくれができ、広範囲だと熱や痛みが出る反応です。これは皮膚が痛めつけられた状態で、やけどと同じで、日光皮膚炎とも言います。黒化は、色素沈着で色が黒くなることをいいます。

☆日焼け反応(感受性)の分類(ハリソン「内科書」より)
これを日本では白人の分類と言いますが、アメリカ先住民は私たちと同じモンゴロイドでアメリカには全人種がいますから、私はこれを採用します。
皮膚型 -夏の日光を45分あびた後の、紅斑反応(日焼け)と黒化の仕方-(日本人での%)
Ⅰ 常にすぐ紅斑になるが、決して黒化することなく、しばしば剥脱する。(ケルト人) (18)
Ⅱ 常に紅斑になり、時に軽度黒化する。                  (28)
 Ⅲ 常に紅斑になり、いつも中等度黒化する。(平均的白人種--平均的日本人も) (30)
 Ⅳ 時に紅斑になり、余りならず(最小限度)、常に黒化する。(オリーブ色の皮膚)(16)
 Ⅴ まれに紅斑になり(滅多にならず)、容易に黒化し、持続する。(褐色の皮膚) (7)
 Ⅵ 決して紅斑にならず、高度に黒化する。(黒人)               (1)

☆紅斑反応
 これは紫外線に当たり続けると30分程度から起こり、気づかれるのは数時間後で、12~24時間後がピークとなり消退して行きます。
☆日焼けによる黒化(サンタン現象)は、紫外線に対する防御反応で、1つは色素黒化で、表皮で既に生成されている色素の速やかな黒化で、第2はメラニン新生で、通常紅斑反応の3~4日後にみられます。
 メラニン新生は、①表皮下層のメラニン細胞の増加 ②メラニン細胞の樹枝状の枝分れの増加 ③褐色のメラニン色素の増加 ④メラニン色素を表皮細胞に転送する、という過程があり、その結果肌が褐色に変化するには、日にあたってから7日かかります。この反応は7~10日後に減少し、30~60日で正常に戻り、日焼けによる皮膚の黒化も2ヵ月たつとうすれます。この黒化する程度は、遺伝的に決定されています。

☆☆重症の日焼けの治療
急性日焼け反応により高度の紅斑、浮腫、水疱、疼痛を示す人は、副腎皮質ステロイド内服が有効です。経口的に、プレドニンを40~60mgから始め、4~8日ごとに減少すれば、コントロールすることができます。


◎ 日焼けの防御対策
☆上手に日焼けして肌を守るには
 平均的日本人はⅢ型であり、白人と同じで、紫外線を強くあびない方がよいです。上手に日焼けするには、紫外線の弱い2月頃から、少しずつ太陽光線を浴びて、その時間を増やしていき、メラニンを増やして色が黒くなると、紫外線に抵抗性が増すのですが、黒くなる程度は遺伝ですから、ある程度しか期待できません。だから夏の直射日光には当らない方がよいでしょう。

☆強い紫外線を避けましょう
(1)効率のよい日光遮断物質(日焼け止め製剤)を使って光線防御をおこないましょう。太陽の紫外線の影響は、紅斑になるだけでなく、皮膚がん、白内障や免疫機能低下があり、当面は紅斑が起こるような日焼けを避ける習慣を身につけましょう。
(2)紫外線の多い季節に、紫外線の多い時間、晴れた日射しの多い戸外に長時間出る時は、必ずつばの広い帽子をかぶり、袖の長い適当な衣服を着用しましょう。または日光遮断(サンスクリーン)剤の外用で防御するか、戸外に長時間出るのをさけましょう。
(3)年間で紫外線量は6月が最大ですが、雨や曇の日が多く、4月、5月の晴れた日は、紫外線量は8月、7月に匹敵しますが、暑さを感じない為、気づかれにくいようです。
(4)1日の紫外線量は午前9時から、午後3時までが多いです。
(5)夏と冬では、紫外線の強さは紅斑作用が4倍違います。夏が強いです。
(6)男性の方が女性より紫外線の感受性が強い。男は女より少ない紫外線量で日焼けします。
(7)50歳をすぎると次第に少ない紫外線量で紅斑になるので、高齢者は免疫機能も低下しますから60歳を過ぎたら日焼けに注意しましょう。
☆屋外での防御法
 (1)人の顔が浴びる紫外線量は、顔が太陽に向いているかが決定的です。
 太陽高度が50度以上では、直射紫外線量を100%とすると、頭上95%、正面45%で下からの反射は3%未満です。従来、「10~14時の時間帯は紫外線に注意」と言うのは、「太陽高度50度以上の時間帯は注意」に変更しましょう。太陽高度45度のときに自分の影の長さは身長に等しく、50度は影の長さが身長より短くなった時間帯です。
(2)太陽高度が低い冬には直射紫外線量は夏の 1/2程度になりますが、70%以上が反射され、顔があびる紫外線量夏より強いです。雪面では反射紫外線対策が必須です。
 (3)木陰で避けること。しかし散乱光は日向と同じ程度があるので、太陽の反対方向を向くこと。
(4)帽子
帽子はつばの長さであり、キャップタイプのたばの長さ7cmで約60%、全周タイプのつば13cmで90%の防御効果があり、散乱線は防御できない。通学、通勤の短い時間では帽子で日焼けを防御できます。雪面では散乱、反射を防御できません。
(5)日傘と布
日傘では、B紫外線は布地の色の違いはほとんどなく、50%程度の防御効果です。
真夏に帽子をかぶり日傘をさすのは、夏の強い日差しをさける熱線防御と熱中症予防とまぶしさカットが主目的です。色は白がよい。
布の紫外線防御能は、素材、織り、色に依存します。反射率が高いほど紫外線防御します。
① 綿、ナイロンは紫外線を透過します。ポリエステルはB紫外線を吸収するので、B紫外
線は防御できます。②目が密なほど反射率が高い。綾織りは平織りに比べ反射率が高い。③紫外線防御は色が濃いほど大きい。特に黄色は優れた防御をします。④UVカット加工は効果なし。⑤有色布は紫外線を吸収し、黒色布は赤外線(熱線)も吸収します。
○日本の夏は、綾織りの白がお勧めです。
☆UPF(紫外線防御指標)、2006年国際証明委員会による布の紫外線防御指標
  15~24  防御良好
  25~39  大変良い防御
  40~    非常に良い防御

☆効果的な紫外線防御対策
 日傘:日射は90%以上カット、紫外線は50%カット、表は白、裏は色つき、
 衣服:UPF15以上、白か薄い色、綾織り、長袖
 帽子:つば7cm以上、表は白、裏は色つき、
サングラス:UV-B、UV-Aカット、
サンスクリーン:SPF、PA共に適正使用

☆太陽紫外線防御の基本
・紫外線は散乱光、赤外線は直射光という認識
・紫外線と気温は無関係という認識
・4月から9月の期間は、雨の日以外は注意
・晴れの日は、正午をはさんで2~3時間は注意
・日中の戸外活動(車の運転中も)には防御対策
・素肌と目を紫外線にさらさない工夫:日陰、帽子、日傘、サングラス、日焼け止めを活用、
・真夏には、熱中症予防も
紫外線の変動
紫外線の1日の変動量(時)         紫外線の年間変動量(月)

☆日光遮断剤(サンスクリーン)
 日光遮断剤は、皮膚に到達する紫外線を減らすことによって、紫外線による皮膚ガンと光による老化の危険を低下させることができます。普通の日光遮断剤はB紫外線を防御するようにできていて、広域スペクトル日光遮断剤はBおよびA紫外線を遮断できると考えられています。
◇サン・ケア指数とは何か
 日光遮断剤(サン・ケア化粧品)の効果は、日光遮断因子(SPF)で表示され、SPFは紫外線B波の防御効果をあらわす指標です。数字が大きいほど皮膚防御効果も大きいです。平均的な日本人の皮膚は夏の日光に約20分当ると赤くなってしまいますが、日焼け止めクリームをつけると、その時間が何倍に延びるかが数字で示してあります。日本人用のクリームにSPF12とあれば、その有効時間は20分の12倍の4時間だから、4時間おきにぬる必要があります。SPFはメーカーによって実験方法が異なるため、同じ数値でも紫外線のカット効果に差があります。輸入品もまた異なります。サン・ケア化粧品の日光防御効果の決定的要因は、それが皮膚に残留する能力すなわち持続性(安定性)です。
数字が高いほど防御効果が強いのではなく、持続時間が長いだけです。
PAは紫外線A波の防御効果を表し、+の数が多い程効果が高い。+~+++までの3段階あります。

◇日光遮断剤の選択
 もっとも重要なのは、日光に対する反応の個人差です。皮膚の色が白く、すぐ赤くなり、余り黒化しない人(皮膚のⅡ型)はSPF10~12以上を使うべきですし、中等度または軽度に赤くはなるが、よく黒化する人(皮膚のⅢおよびⅣ型)は、SPF6~8がよいといいます。
通常、日光にさらされる場所、たとえば顔、首、腕、手などは非油性のローションで日中防護すべきです。長時間の日光浴や水浴後には、再度日光遮断剤を使用すべきです。
急性日焼け反応により高度の紅斑、浮腫、水疱、疼痛を示す人は、副腎皮質ステロイド内服が有効です。

◇ 日焼け止めクリーム選び
① 紫外線散乱剤配合 ②石けんで落ちるもの ③SPFは20以下(20でも6時間40分効果が持続)④発がん性が報告されている酸化防止剤のBHT、TEAが配合されていないもの。   
どんな商品が良いか。以上の条件を満たすものを選ぶこと。手元の資料は2002年のものなので、参考にするくらい。新しい商品も出ているはずです。ぬる前に腕に塗って赤くかぶれないことを試します。うすくのばしてぬるのがよいです。
「すべすべみるるUVローション10」明治乳業と「ジョンソンベビーローションUV」ジョンソン・エンド・ジョンソンは3ヶ月頃から。
「ニベアSUNキンダーM」花王は幼児以上。
SPF30まで広げると、「サンカットベビー&ファミリーA」和光堂6ヶ月以上、
「すべすべみるるUVローション30」明治乳業3ヶ月以上、
「ニベアSUNキンダーC」花王は幼児以上が該当するようです。

紫外線による光老化
☆日光により引き起こされるガン
 B紫外線により皮膚ガンや前ガン状態がおきます。白人では、皮膚ガンは顔、頭、首(頚部)、腕と手、などの習慣的に日光にさらされる場所(特に鼻、頬、眼瞼、手指)に限られています。(色白の日本人も同じと考えられます。)
黒人や褐色の皮膚の人は皮膚ガンの発生に抵抗性があります。人種の肌の色の違いは、紫外線に対する強さの違いであり、熱帯地方の住民の皮膚の色は黒く、紫外線が表皮層内に侵入するのを防いでいます。熱帯下でもアフリカでは人類の誕生から200万年という長い年月をかけて適応して真っ黒に黒化したのです。日本人に近い皮膚をしているチベット人やアンデスの先住民(インディオ)では、3~5000メートルの高地で紫外線が強い土地に住んでいるのに、未だに適応できずに、高地の強い紫外線の影響がすでに幼児から生じ、20歳前後では日本人の40~50歳の農民や漁民のような、光による老化現象の強い皮膚をして皮膚が褐色になり、しわだらけになり、50歳頃にはかなりの老人に見えます。
またメラニン色素の少ない白人でも赤毛や金髪の人たちは、幼児期からソバカス(雀卵斑)が無数に生じています。この人たちは強い紫外線のもとでは皮膚がんが高い発生率です。

☆日光による皮膚の老化
 顔や手の甲に見られる年寄りのシミやシワは、日光に含まれる紫外線に長年さらされて生じます。しかし、顔に深いシワがあり、シミを沢山もつ老人でも、お尻の皮膚を見るときれいな白い皮膚をしていて、せいぜい腕、下腿、上胸部、上背部にシワやシミがみられる程度で、常に外に出ている顔や手の甲ほどの変化は、衣服で覆われている部分の皮膚にはまず認められません。表皮自体は、細胞が絶えず生まれ変わるから、老化しませんが、長い間紫外線を受け続けると、表皮下の真皮がダメージを受けて深いシワを作ります。シワの刻まれた皮膚では、表皮はうすく扁平になり、異常細胞が多く、配列も乱れています。真皮では正常のコラーゲン繊維が減少または消失し、不規則な弾力繊維が増加し、置き換わっていきます。この変化は、光による老化であり、日光によっておきる皮膚の変性です。
 日光変性は、長い年月、日光にさらされた場所の皮膚の変化で、しわ、しみ、萎縮、メラニン沈着、脱色素斑、毛細血管拡張、黄色斑と丘疹、角化増殖を含みます。この変化は不可逆性で、その唯一の原因は日光ですが、日光遮断(サンスクリーン)剤の外用で最小限にとどめることはできます。
☆活性ビタミンAと光による老化
◇近年、アメリカや日本で、活性ビタミンAを6ヵ月以上塗布すると、シワが減り、滑らかな皮膚にする効果があることが確かめられました。また活性ビタミンAの塗布は、日光性角化症を減少させ、さらにその癌への進展を抑える効果もあるといいます。
 活性ビタミンAの外用は、皮膚の若返りだけでなく、皮膚ガンへの効果も期待され、今後が待たれます。(現在は先進国では、日本だけ発売されていません。しかし、並行輸入で輸入され美容整形外科などにはあるようですが、高価です。)

☆☆活性ビタミンA(レチノイン酸)と光老化
◇活性ビタミンAの外用剤が、中年の座瘡(ニキビ)患者に使っていて、座瘡が改善するだけでなく、皮膚のシワが減り滑らかになることが世界では知られています。でも日本では発売されていません。
◇長時間の紫外線照射を続けて作ったヘアレス・マウスの日光性弾力繊維症の皮膚に、活性ビタミンAの外用を行うと、真皮上層を新しいコラーゲン繊維の層で再び置き換えることが確かめられました。
◇1988年ミシガン大学のボーリース教授の実験で、人でも6ヵ月以上活性ビタミンAを外用するとシワが減ることが確かめられました。
◇田上らも、中年の日本人女性を対象に、活性ビタミンAの長期塗布によって、刺激性を上手に避ければ、小ジワを減少させ、皮表の角層の水分含有量を増し、滑らかな皮膚にする効果があることを確かめています。
◇活性ビタミンAを含むレチノイド一般に発癌抑制作用が認められています。活性ビタミンAの塗布は、前癌状態の日光性角化症の癌への進展を抑えるだけでなく、日光性角化症を減少させる効果もあります。
→→→→こうして活性ビタミンA(レチノイン酸)を含むレチノイドの外用は皮膚の若返りだけでなく、紫外線照射による発癌に対する大きな武器になることが予想されています。

◎現在、日本では軟膏は発売されていません。注射薬だけが白血病の治療に使われています。
その理由は、
1. 日本人(黄色人種)には、皮膚がんとひどいにきびが少ないこと。市場価値が少ない。
2. 厚生労働省は、日本人は白人と違うとして、欧米諸国のデータでは薬の有効性を認め
ず日本人のデータを要求するために、利益の少ない薬は製薬メーカーが手を出さないです。(しかし厚生労働省は、新型インフルエンザワクチン、バイアグラ、HPV子宮頸がんワクチンなどは承認しています。)
3. 同じように欧米では使われているが日本では使えない薬や、日本で承認されている薬
でも、病気の種類によって保険が適用されない薬は少なくありません。

 また活性ビタミンD3 外用剤を皮膚に塗布すると、その角層の水分結合能を上昇させる作用があることも見出されています。皮膚の表面を覆っている角層は、水分含有量が低下すると、乾燥し、ヒビ割れや鱗屑を生じてきます。その水分含有量が増せば、柔らかく、滑らかな皮膚となるので、今後外用剤として期待されています。 





 日焼け止めクリームのぬり方
①適量を手に取り、五点に置きます。②顔の中心から外側へのばしてぬります。
③骨格が出っ張っている所にぬります。④首や首の後ろ周り、鎖骨までぬります。

                              

太陽高度が50度より高い時間帯は紫外線に注意



太陽光線、紫外線
       UV-B             UV-A







 
ジャンル:
暮らし
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 病気になった時に(2) 熱の話 | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あやとくんママ)
2019-04-18 14:15:57
一歳になる子供がいる者です。黒部先生の書籍を購入しました。ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンを3回接種してしまい、あとのワクチンを接種しないつもりなんですが、接種しないことで病気に罹ることなどあるんでしょうか?

コメントを投稿

子どもの病気と犯罪の予防」カテゴリの最新記事