幸せのちから

2007-01-29 | さ し 

   1981年、サンフランシスコ。
     全財産21ドルから立ち上がったクリス・ガードナーの実話.。
満足度 ★★★ 「父を信じろ」彼の精一杯の強さに涙・・

彼を
成功に導いたのは、「息子の笑顔のために絶対幸せをつかんでみせる」
っという強い意思でした!!
もちろん根性も半端じゃないんですけどね・・。
どうやら彼は初めから貧乏だったわけではなく
売れると踏んで大量に買った医療機器が売れなかった。
いわば投資の失敗のようです。
大量の在庫と駐車違反の罰金を抱え、家賃も滞納。
妻はでていき(追い出し)、ついにすむところまでなくしてしまう・・。..

寝るところもなく当方にくれる2人が、逃げこんだのはトイレ。
そ子でも彼は明るく「洞窟~」と笑ってみせる。そして子は、無邪気に遊ぶ
そんな息子を抱きしめながら 
  流すクリスの筋の涙にはうるっとさせられる。
次々と襲う困難にも
子供の前ではけして下を向かず
「父を信じろ」といえる彼の強さは見習うところでしょう。

しかし・・。母を失い、この境遇も明るい顔でのりこえ
 何もいわず父に寄り添い続けた(そうすることしかできなかった)
 
この子供のけなげさが・・私にはなんだか哀れに思えてしまったのです。

彼の子供への強い愛情はわかるけれど
こんな小さな子にこんな思いをさせる彼を私は
やっぱり 手放しで応援できなかったんですよね。
彼の妻へのしうちもひどいと思うし、
 彼女がどうしたのかも実はとっても気になりました  

6ヶ月も無給ながら選ばれるのはたった1人という、
ありえない 就職試験。
知恵と努力で勝ち取ったクリスの姿は素晴らしかったものの。
落ちた者達の心情は1かけらもなし。
彼が様々な場所で 人を蹴とばす様子も心に痛い。
生きてくってことは奇麗事じゃないことはわかっているのだけれど・・。

彼は息子への愛を抱き努力し不可能を可能に変え「幸せ」を掴んだ。
それは本当によかったと思ったんですけど~。
就職が幸せ?のようなこのラストに・・。
いまいち心が盛り上がらなかった~(笑)

 この幸せの階段を 2人がその後どんな風にのぼっていったのか
 私はもうすこしみたかったな 

 

 

コメント (16)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« マリーアントワネット | トップ | ハチミツとクローバー DVD »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
走る、走る、ウイル・スミス (パピのママ)
2007-01-29 14:33:14
こんにちは!、TB有難うございました。
私も、一流会社に就職するために子どもを辛い目に合わせるのは納得いきませんでした。
最後、就職が決まって息子を託児所に迎えに行く、ママにも連絡してヨリ戻せばいいのにと思ったのは私だけ?。
パピのママ様♪ (くろねこ)
2007-01-29 15:23:03
。私もそう思いましたよ~(涙)
彼女はどうなったのでしょうか??
確かにやってはいけない事をしてしまったママですが
頑張ってましたし、引き離された感もありますからねぇ。
子にとっては サクセスだったのかな・・
なんてつい思っちゃたりして・・
くろねこさん☆ (mig)
2007-01-29 22:56:38
こんばんはー♪TBありがとうございます。
誰にでも起こりうるお話でしたね☆

でもあのあきらめない前向きな姿勢はすごかったですね。
おかあさん、自分勝手すぎましたよね

クリストファー君がかわいかったし
ウィルの涙にもうるっときちゃいました
アメリカの企業 (chikat)
2007-01-30 00:30:38
TBありがとうございました。

半年も無給で大勢に仕事させて、得しているのは会社だけ?
アメリカ企業のドライさというか優柔不断さというかそんなところにもむかつきました。

クリストファーかわいかったですねー。
mig様♪ (くろねこ)
2007-01-30 10:51:29


トイレで眠る親子に無情に響く
ドアを叩く音。せつなかったです(泣)
あきらめないことの大切さが
実話だけに説得力がありますね♪
クリストファーくんのけなげさに
じんときました~
chikat様♪ (くろねこ)
2007-01-30 11:15:17

ほんとにびっくり!ありえませんよね
2人を追い出す家主たち。ほんとにシビアです・。
何も持たない彼が職に就いた事は
私達が考える以上の大きさを持っているのかも
しれませんが
これから幸せの階段を上っていく2人を
笑顔のクリストファーくんを
もう少しみていたかった~
こんにちは! (由香)
2007-01-30 17:33:51
くろねこさん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。

同じような思いを持たれたようで。。。嬉しいです。(違ったらスミマセン・汗)
私は、上手く記事には書けなかったのですが、クリスがお金持ちに憧れたように思えて、そこに共感できませんでした。希望としては、母親も共にいて、地盤を築いてから仕事にチャレンジして欲しかったです。でも、そんなの理想論かもしれませんね。
TBありがとうございました (ミチ)
2007-01-30 22:53:22
こんばんは♪
クリスの妻のその後も気になります。
幸せの追求に必死だったクリス。
誰もが同じように追求していると思いますが、大多数とクリスの差はいったいなんだったのかしら。
もしかして運だけ?やはりなにか運を招き寄せるようなものがあったのでしょうね。
由香様♪ (くろねこ)
2007-01-31 16:32:26

妻業?長いと1人でつっぱしっていく男の身勝手さが気になりますよね(笑)
毎日が不安だった彼女に「弱いヤツメ」はないだろうと・・(笑)
家族みんなでいたわりあい支えあって・・
というサクセスストーリーであって
ほしかったですね。
しょせんは きれいごとでしょうか・
ミチ様♪ (くろねこ)
2007-01-31 16:56:21


映画では数字の強さを強調してましたが
人とコミニケーションとるのが
うまいんでしょうね~
心の強さも半端じゃないですし
セールスは「根気」らしいですから
(ホントか)

コメントを投稿

さ し 」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

『幸せのちから』 (試写会帰りに)
とにかく、リアル! 実話がベースという事もありますが、観ていて痛々しいとかではなくて、クリスの貧乏、挫折や度重なるアクシデントが、まるで自分の事のように胸に刺さってきて、 身につまされてしまいます。 クリスのような貧乏生活に、いつか自分がそうなるかもしれ...
『幸せのちから』 (ラムの大通り)
(原題:the PURSUIT of HAPPYNESS) ----これって実話ニャんだよね。 ウィル・スミスが実の息子と共演しているんだって? 「そう。彼の名前がまた長いんだ。 ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。 ね、舌を噛みそうでしょ」 ----どう?似ていた?……。 「どち...
【劇場映画】 幸せのちから (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成...
幸せのちから / The pursuit of Happyness (我想一個人映画美的女人blog)
"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 地味~なタイトルが、あんまり「観たい!...
「幸せのちから」 (てんびんthe LIFE)
「幸せのちから」東京厚生年金会館で鑑賞 今朝も早起きだったので少々寝不足、ハートウォーミングなサクセスストーリーと聞いていたのでいけると思ったけど、主演はウィル・スミスだし。でもやっぱり睡魔が襲ってきたのは事実。舟は漕いだかもしれないけれどところどこ...
幸せのちから (八ちゃんの日常空間)
父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。
The Pursuit of Happyness (幸せのちから) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2006年12月31日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。実の父を知らずに育ったク
映画「幸せのちから」 (don't worry!な毎日)
 ウイル・スミス主演の、実話をもとにしたストーリー「幸せのちから」を見た。  骨密度をはかる医療機械に全財産を投資した男(ウイル・スミス)。 しかし、高額なその機械はちっとも売れない。生活は苦しく、 そのことで妻は家を出て行ってしまう。 あるとき、証...
幸せのちから (Akira's VOICE)
夢を支えるのは身近な存在!
幸せのちから (★YUKAの気ままな有閑日記★)
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック~【story】サンフラン...
映画~幸せのちから (きららのきらきら生活)
 「幸せのちから」公式サイトキャッチコピーからも分かるように"ザ・感動系"映画ですが、、、これがすっごく良かった!おススメの1本です全財産21ドルから立ち上がった、父子の、実話に基づいた感動作-。骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるク...
映画「幸せのちから」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幸せのちから」 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの実話に基づく映画。 実話に基づく・・・ということは、最初から答えはわかっているし、途中の苦難も報われる日が来ると思って見ているので、どんなにお涙頂戴のサクセススト...
息子に食われたウィル・スミス【幸せのちから】 (犬も歩けばBohにあたる!)
所持金たった21ドルのホームレスから億万長者になり、アメリカン・ドリームを実現さ
ポジティブ思考の成功例。『幸せのちから』 (水曜日のシネマ日記)
実話をベースにした、ひとりの男性のサクセスストーリーです。
幸せのちから (Alice in Wonderland)
今日は1日の映画の日、いつもはがらがらの劇場も多くのお客さんが入っていていつもの指定席である丁度真ん中の席に座る事は出来ませんでしたが、ウィル・スミスと息子の熱演に観ている私も力が入りました。  81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何よ....
幸せのちから (みおのblog)
幸せのちから『幸せのちから』(''The Pursuit of Happyness'')は2006年のアメリカ映画。事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の男性、クリス・ガードナーの半生を描いた作品である。主演はウィル・スミス、息...
幸せのちから(映画館) (ひるめし。)
この手は、離さない―――
幸せのちから (古谷千秋の食い倒れ日記)
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。
★「幸せのちから」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日二本立て鑑賞の2本目。 1本目は「愛の流刑地」。
『幸せのちから』頑張るお父さんにエール♪ (銅版画制作の日々)
これは主人公クリス・ガードナーのサクセスストーリーではないクリスが子どもとともに全財産21ドルから立ち上がった、実話に基づいた作品である。。幸運の女神から見離され、すべてを失ったガードナーが唯一愛する息子を手離すことは出来なかった。サンフランシスコの片隅...
幸せのちから (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
           幸せのちから(2007年、アメリカ、ソニーピクチャーズ) http://sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ  原作:クリス・ガードナー 出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア...
「幸せのちから」 (Cinema Chips)
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品
【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
幸せのちから (いろいろと)
実在の人物、栗栖・ガードナーの半生を描いた感動作 出演 ウイル・スミス ほか 妻
為 ~「幸せのちから」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ガブリエレ・ムッチーノ監督作品、ウィル・スミス主演の、 映画 「幸せのちから」を観た。 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの半生を描いた感動作。 感想。 ①飲み残したの、戻してるー! ②機械、いつの間にか売れてるー! ③息子...
『幸せのちから』 (京の昼寝~♪)
この手は、離さない   ■監督 ガブリエレ・ムッチーノ■脚本 スティーブン・コンラッド■キャスト ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ    □オフィシャルサイト  『幸せのちから』 1...
幸せのちから:映画 (ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介)
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし...
「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness) (シネマ・ワンダーランド)
ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、117分、コロンビア映画配給)。この映画は格差社会の米国...
幸せのちから (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃ...