広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『マイケル・ジャクソン 愛と悲しみの真実』 をみて

2009-12-18 | ま行  

マイケルに救われた彼らが、
なぜマイケルを貶めるまでに変貌してしまうのか?
そこには人を変える「金や欲」の恐ろしさが見えました(涙)

この番組はマイケルの「ドキュメンタリー番組製作」&
「児童虐待疑惑の裁判の再現ドラマ」&それをしる人々の証言を通して
マイケルを襲った数々の陰謀と彼の苦悩を浮き彫りにさせていました
私はこの番組のすべてを信じます。

 当時私は幼児虐待のはじめの裁判が示談で終わったと聞いたとき、
少なからずショックだった。本当だったのか?と思ったからだ。
あのドキュメンタリー番組を見たときも私は確かに彼に「異常さ」を感じ。
その異常さの中に彼の壮絶な孤独と寂しさを感じとったのでした。

 しかし今回、その番組のインタビューと平行して流された
マイケルの側の編集をみて、私はまんまとこのドキュメンタリー製作者の
思惑とおりの感想を抱かされたことにきずかされたのでした。
その時私は、マイケル側にたちながら彼の辛らつで偏見まじりの態度には、
確かに不快な気持ちを感じたのに・・(涙)編集とは怖いものです。
---子供と同じベッドで眠るのはステキなことだよ。みんなやるべきだ----
 今聞くと、日本では別に普通なことだし、なんでもない言葉なのに。
なぜかこのときその言葉に別の意味を感じてしまったのは、
このインタビュー側の表情が明らかに不快そうなせいだときづく・・。
マイケルは自分の真実をしってもらおうとしてその相手を・・
あやまったのだと。私は確かに感じました。

そして私もよく知らなかった裁判。
マイケルを訴えた2人の少年とその家族についてが語られました。

そもそもきっかけはマイケルが彼らに優しくしすぎたせいだった。
というのですから悲しいばかりです。
最初の事件を示談にしてしまったことをマイケルはとても悔やんでました。
二度目の事件を起こした家族は、それを狙ってのことだったようですね。
彼らはなんとマイケルに病気の息子をすくってもらいながら
マイケルを陥れたのだというのだから驚きです・・・。
彼らもマイケルに特別待遇を受け裕福な暮らしをしていたよう。

弁護士によって暴かれたこの裁判模様は まさしくマイケルは
彼らの陰謀に巻き込まれた被害者であることはあきらか。
彼はまぎれもなく無実だった!
もっと声を大にしてこの無実を叫んでほしかったものです。でも・・
--当時有能なら有能なほど疑惑は濃厚と思われたりして・・・、
1度もたれた偏見が消えることは難しかったのかもしれませんね(涙)

1度目の子は義父の策略に巻き込まれた哀れな子でしたが
2度目の子供達3人はもはや理解不能だ・・。
 こうしてマイケルは一番信じていた人たちに裏切られていく・・。
それでも愛を、平和を歌い続けていたマイケル。
奇行といわれる中で、子を持ち育てそこに愛を見出していたこと。
ばらばらだった家族が裁判で1つになれたことをしり。
少し救われた思いでした。

マイケルは絶えず、お金を、裕福な生活を、地位を、仕事を求め
人々が群がっていた。
やさしすぎた彼は、そうした人々にどうすればよかったのか?
マイケルを追い詰めた彼らの罪について
何も語られていないのが口惜しいばかりだ。

先日映画でマイケルのすごさと素晴らしさをしった・・。
でも私はあえていいたい。
マイケルはかわいそうだった・・。
ごめんねマイケル。信じてあげられなくてごめん


このステージが開かれたらきっと、こんな偏見や疑惑は
きれいさっぱり消し飛んだはずだったろう。
心から・・彼の冥福を祈りたいです。

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「最後の演奏会」 | トップ | 「のだめカンタービレ 最終楽... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くろねこさん、こんばんは! (アイマック)
2010-01-12 22:42:09
みられたんですね。
自分は裁判の本を読んでたんで、えん罪事件だったこと世間の人に知ってもらいたかったから、この番組は意義がありました。
失われた10年だったけど、でもね、マイケルは諦めてはいなかった。
子供に自分のステージをみせてあげたい、もう一度キャリアを戻そうとしていた。
映画が証明してくれたよね。たくさんの未発表曲もこれから世にでてくると思う。

マイケルをおとしめた奴らはいつか酬いがあると思ってるよ。

アイマックさんへ♪ (くろねこ)
2010-01-13 01:45:39
もう・怒りで震えましたよ~!!
マイケルが、幸せを願った人たちに
信用した人たちに・・。
こんな風に裏切られていたなんて~!
私は2度目の裁判模様をまったく知らなかったのでもうほんとに衝撃でした・・。
この番組は「マイケルの冤罪」を疑う余地なくきちんと伝えてくれたと思ってます(涙)
この所業はマイケルが優しさを失わなかったことが奇跡に思えるほどですよね。
マイケルの真実はすべてあの映画が語ってくれてる。私もそう思います(涙)
うん。。やつらにはもう天罰が下ってるにきまってますですよ!

コメントを投稿

ま行  」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

マイケル・ジャクソン THIS IS IT (だらだら無気力ブログ)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのロンドン公演“THIS IS IT”。 マイケルの死によって公演は幻になったが、そのリハーサルを撮り続けて いた映像を公演のクリエーティブ・パートナーであるケニー・オルテガが 映画にまとめ上げた一本。 死の直前まで情熱をか...