広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

永遠のこどもたち DVD

2009-06-07 | 


満足度 ★★★★ 
『愛を信じたら、本物の光が見える』本物?悲しすぎる結末に涙。
さいたまに市ではついに上映されず・・。やっと見れて感涙!

「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督プロデュースの
ミステリーサスペンス!!期待を裏切らない作品でした!!

 だるまさんがころんだ(1、2、3、壁を叩け)
 世界中に同じ遊びがあるのかな?なんだか不思議な感じ
 楽しそうに遊ぶ子供達。でも障害をもっている子が多いみたい・・。
 彼らはそれゆえに親に捨てられたのだろうか・・。
 -私の暗い思いを断ち切るように画面は現代へ移行する-

       
閉鎖されたこの施設を再建しょうとしていたのはこの孤児院出身のラウラ
病弱な息子がいつも見えない友達と遊んでいたので
友人を作るためでもあったよう。
けれどこの家に来て彼のソレはいっそう酷くなり、苛立つj彼女は
そんな息子をはねつけてしまう・・。
すると突然息子シモンはいなくなってしまったのだ・・・。
ココから彼女の息子を探す狂気の旅が幕を開ける--
      

謎の女ベニグナ(モンセラート・カルーヤ)
マスクをかぶった不気味な子供トマスの存在。
ミステリアスな謎やホラーをかぶせながら
ラウラの狂気にもにた愛情を煽る展開が秀悦だ!! 


ようやく息子の言葉を信じ・・
彼の言う「ともだち」をひたすら待つラウラ
霊媒師の言葉---信じれば見える--
--シモンに会いたい--彼らはしっている--
その執念は夫をも畏れさせ、彼女を孤独の中におしやっていく・。

そんな彼女に彼らは遂に姿を現す。
そして彼女は彼女がココを去った後カレラに起こった
恐ろしくも悲しい事実を・・しることになるのだ
 
そうカレラとは永遠に大人になれなかった
彼女のかつての友達だったのだ・・・。


シモンの居場所を教えてるカレラ・・。
彼女がココに来たのは偶然だったのか?
それとも運命だったのか?カレらは寂しくて
彼女をよんだんでしょうか--


何故こんなことに・・・(涙)
でもシモンをみつけ抱きしめる彼女は幸せそうだ・・・。
彼女にとってココは紛れもなく幸せな世界なんだろう・・。

パンズラビリンスといいこのせつなさは圧巻。
この作品も最期までひきつけられてしまいました

       

 

コメント (10)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 重力ピエロ | トップ | ターミネーター2 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2009-06-08 22:53:34
J・A・バヨナ監督はギレルモの弟子らしいですし、製作にギルレモ自身がはいっていることで、殆ど彼の作風でしたね。

ラウラはシモンのいないこちら側より、シモンのいるあちら側に行くことでお互いに魂の安らぎを得たんだろうなって思ってるんです。だから切ないけど流れる涙は温かかったという感じでした。

ところでバヨナ監督はトワイライトの第3弾の監督に決まっているそうです。全くテイストの違う作品をどう撮るのか楽しみだったりします^^
KLY様♪ (くろねこ)
2009-06-09 23:25:54
こんばんは~.情報をありがとうです。
ラウラやや子供たちをみていると
悲しいけど確かに「あちらがわでしか得られない幸せ」もあるのかも。
と思えてしまいますよね(涙)
「あわせに・」って祈っちゃいましたもん・。
この「ギレルモ風」なんだか好きです~

トワイライト・・。みてない~(涙)
1部は評判よかったみたいですが。
2部3部はどうなりますかね?
今後は注目したいと思います~♪
TBどうもでした (くまんちゅう)
2009-06-09 23:51:01
ギレルモが絡んだ映画って
「パンズ~」にしろ、これにしろ
御伽噺を切なく解釈して映像化するのが上手いですね
静かで暗めの雰囲気も絶品です
怖いと言うより切ないという感じがよいです
こんばんは (サラ)
2009-06-10 20:42:29
今まで何度となくTBを頂きありがとうございました。
ワタシのブログの方でリンクさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-06-11 21:24:45
そうなのよ、ホラーなんだけど寂しさが漂っているのよね。
そこが魅力なのかも。
ホラー苦手な私でも大丈夫だもん。
くまんちゅう様♪ (くろねこ)
2009-06-11 21:29:46
まっことそうですよね~♪
「パンズ~」に通じるダークながらせつない感じがたまらないです!!
ぐんぐん引き込まれる何かがありますよね。
このラストがまたすばらしくて・・(涙)
ほんと絶品ですよね・
サラ様♪ (くろねこ)
2009-06-11 21:31:39
ありがとうございます!
私もリンクさせて頂きます~。
こちらこそよろしくお願いします
ミチ様♪ (くろねこ)
2009-06-11 21:41:59
この作品公開されなかったんですよ~。
ミチさんをはじめブロガーの皆さんのレビューでずっとマークしてたので感動もひとしおでした・・。感謝したいです。
レンタルも1枚でしたよ。
もう私はギレルモ風のとりこ。今後もマークしてゆきたいです(笑)
私もホラーは苦手なんですけど
このダークさと切なさはたまらないです
恐怖と感動 (ノルウェーまだ~む)
2010-12-20 02:29:21
くろねこさん、こんばんわ☆
古い記事に失礼します。
いやはやここ数年味わったことの無い恐怖を体験しましたよ。
でもその分、愛情に満ちて、深く巧みなストーリー展開に、すっかり惹きつけられました。
圧巻でしたね~
こんばんは!まだ~むさん♪ (くろねこ)
2010-12-23 01:11:50
私も引き込まれた作品でしたー!
せつないダークファンタジー。
パンズ同様 ギルモアさんの描く
悲しみ色をした「しあわせ」に
酔いしれてしまう私ですー(涙)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

永遠のこどもたち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サ...
永遠のこどもたち (LOVE Cinemas 調布)
『パンズラビリンス』や「ヘルボーイ」シリーズのギルレモ・デル・トロ製作の作品。監督はフアン・アントニオ・バヨナ、そして主演はベレン・ルエダ。スペイン映画ですが、ここ最近の私はどうもスペイン語率が非常に高かったり。(笑)見過ごしてしまったのでDVD待ちの...
永遠のこどもたち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
古く広大な屋敷で起こる怪事件と、突然消えた我が子の行方を捜す母親の強い愛を描くスペイン製のサスペンス。 製作は、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。監督は新人のJ・A・バヨナ。ゴヤ賞で脚本賞ほか7部門を受賞。 物語:海沿いにある、ある孤...
永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デル・トロ製作作品その2 (銅版画制作の日々)
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・...
永遠のこどもたち (愛猫レオンとシネマな毎日)
アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表に選ばれた作品です。 海辺にある孤児院で育った主人公ラウラ。 養子にもらわれた後、30年ぶりに懐かしい館に戻ってくる。 夫と2人で障害を持つ子供たちのホームを作ろうと、その古い館を買い取ったのだ。 7歳の息子のシ...
永遠のこどもたち (心のままに映画の風景)
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い...
永遠のボーイ (Akira's VOICE)
「永遠のこどもたち」 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 
「永遠のこどもたち」 幸せは主観 (はらやんの映画徒然草)
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル
【永遠のこどもたち】見えないものを信じなさい (映画@見取り八段)
永遠のこどもたち~EL ORFANATO~ 監督: フアン・アントニオ・バヨナ    出演: ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェル...