ラブリーボーン

2010-02-01 | ら行・わ行

 満足度 ★★★☆
 こんなことあってはならない・・(涙)
 ラブリーボーンの意味に呆然としました・・。

 --私はスージーサーモン。14歳で殺された---

 もっとサスペンス色が強い作品なのかと思ったので
 ちょっと肩透かしを食らった感はあるのですが
 思いのほか切ない作品でした。
 突然死を受け入れなくてはならなくなった少女と
 その死を受け入れなくてはならなくなった
 家族の苦しみと悲しみが胸にきます。 

       

語り部が彼女だけに犯人はわかってるんだけど
彼女は「映画:ゴースト・・」」のような「力」を持ってるわけじゃ
ないのでそれを知らせることが出来ない。


家族が崩壊していく時も 父や妹が犯人にせまり
危険なめにあった時も、なにもできず
タダ見つめるしかない彼女は切ないかぎりでした

そんな彼女を 「ソコ」は いつも不思議な美しさで
呼び寄せるのだけど・
地上への未練と家族を心配する気持ちは
彼女を天国と地上の狭間にさまよわせてしまうのだ

こういうことが本当にあるのかどうなのか・・?
私は有る・・と思ってる人間なので
どうその未練を断ち切るべきなのか・・
どう。見送るべきなのか・・考えちゃいましたです。

事件を忘れたいと願う母と、犯人への憎しみを燃やす父
スージーが父親のほうに思いを寄せてるのは感慨深いところ。
やっぱ憎しみをもってちゃ死者は浮かばれん。ってことなのか。
まぁ子を置いて家をでるなんてのは論外ですけどね。

そんな家族が犯人に迫って行く理由が複線を無視した
「スージーの声」?ただの「感」?という部分を思うと
この作品自体が
ファンタジーと現実の間を漂っていたのかも・? 
 
子供の事故で救急車に乗ったことのある私は
その体の震えを今も覚えていて時々夢に見ます。
突然前触れもなく起こる悲劇をどう乗り切ればいいのか・・
ましてや他人によって理不尽に命を奪われたとしたら・・。
この作品にその答えはないかもしれないけど
家族の再生としてはいい映画だったように思います。

本当にこんなことはあってはならないこと・・。
それゆえ このラストの犯人の罰も
またまた納得できない物となり
なんと今年に入って  悶々4連発となりました!(笑)
悶々にも「???」と「涙」と「怒り」があることを
しったくろねこなのでした(わはは)

憎しみを捨てて・・。
やりたいこと。やり残したことをやりとげて
天国にむかったスージー。
笑顔で天国に向かった少女たちに・・
少しだけ救われたかな(涙)
外国では「ラブリーボーン・・・?」なんて思えるのかな?
辛いです(涙)警察にはしっかりしていただきたい!
 
コメント (14)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« ゴールデンスランバー | トップ | インビクタス 負けざる者たち »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはー^^ (みすず)
2010-02-01 21:38:25
なんだかすっきりしない映画でしたね^^;
映像が美しく、引きつけられましたが、スージーの思い残したことが、あれなの?ってなり。
自分にも出来ることがあるはず!って言う予告のナレーションに、もっとサスペンス色強い映画だと思っていたので^^;

かなり肩すかしな印象でした^^;
あのラスト (にゃむばなな)
2010-02-02 20:13:27
日本人の我々にはあのラストは「江戸の敵を長崎で討つ」みたいですが、アメリカではある意味スージーが自ら自分の敵を討ったって感じなんでしょうね。
つららの登場シーンを見る限り、そんな気がしましたよ。
Unknown (mig)
2010-02-02 22:39:50
こんばんは♪くろねこさん
ごめんなさい、お返し間違えてゴールデンスランバーにしちゃったかも?

これ、、、つっこみどころも多いけど
トータルタノシメちゃいました★
スージーは14歳の恋に憧れる女の子だったから、最後は家族よりも男の子とのキス成就させちゃうのね、、、(笑)
ほんと警察、しっかりしろー!ですよね
みすずさんへ♪ (くろねこ)
2010-02-03 01:42:04
そうですね~。
あのまま埋まっちゃうことや犯人の結末とか、いろいろすっきりしない部分ありましたね~。
スージーの遣り残したこと。
私も違うことを期待しちゃいました!
でも14歳らしくて・・切ない場面でもありましたね~。
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2010-02-03 02:15:18
あのラストは天罰?って思っただけに生ぬるい!!と怒りがこみ上げましたけど
被害者の念が つららを落とした。
そうですね。私もそう思うことにします~!

migさんへ♪ (くろねこ)
2010-02-03 02:30:27
いえ大丈夫でしたよ~。
コメントありがとうです!!
スージーの「やりたいこと」ははじめは復讐だったのだと思うけど、ソレが家族を窮地においこんで行くのを目の当たりしたからこそ
「憧れの男の子とのキス」で彼女は昇華できたんですよね。
サスペンスを期待しちゃった私でしたけど
美しい映像と家族・そして彼女の物語の切なさに酔いしれた作品でした。
うんうん!警察にはほんとがっくりでしたね~
映画の批評は難しい (iina)
2010-02-03 10:24:52
事件は理不尽なことなので、総てが明確に解決して欲しく思うものです。
観客は、ただ受け手であるにすぎず、もやもやが晴れない場合も起こります。
それは仕方がありませんね。観客は創り手ではありませんから。そこで観客は
その作品をけなして溜飲を下げる道が残されます。
しかし、監督は映画を創って何かを訴えたかった筈です。そこを汲み取るという
考えもありそうです。
中には、観客動員のみを狙った作品もあるかも知れず、そこは選ぶ権利を行使すれば
済む話です。
iina様♪ (くろねこ)
2010-02-03 16:34:44
コメントありがとうございます。
1月に鑑賞した5作品中4作品でいろんな意味で悶々したもので。
誤解を生んだらすみません。
この「悶々」も私にとっては映画鑑賞の中の醍醐味で、実は楽しいところなんですよね。
皆さん楽しむ為に映画を見ているはずですから
批判も含めて悪意のある人はいないと思います。
いろんな批評の中で自分なりの解釈を見つけることは案外監督の心にも近づくことなのだと信じてますです♪


ふわふわ感 (ノルウェーまだ~む)
2010-02-10 20:26:33
くろねこさん、こんにちは☆
ふわふわしたかんじの映画だなぁと思ったら、なるほど「ファンタジーと現実の間を彷徨っていた」映画だったんですね。
納得!
ゴーストになって犯人逮捕したり、復讐を遂げるのであれば、ホラー映画になっちゃうので、スージーの可愛らしさが最大限に生かされた映画になって、良かったです。
つららが・・・ (kimi)
2010-02-10 21:55:33
こんばんは(*^_^*)
なんとも悲しい映画ですが、けっこう好きです☆
犯人はもっとひどい目にあえばいいのに、とは思いましたが。
それでツララはあのまま突き刺さるかと思ったんですよねぇ私。
って一緒に行った友人に話したらうけました(笑)
シアーシャちゃん、かわいかったです♪

コメントを投稿

ら行・わ行」カテゴリの最新記事

40 トラックバック

『ラブリーボーン』 (めでぃあみっくす)
愛すべき原点に戻れ。それがスティーブン・スピルバーグが最もこの世に残したい想いではないかと思いました。14歳で命を絶たれてしまった女の子が残された家族や友人に第六感を通じて想いを届けるこの映画。原作ありきとはいえ、私は不思議とこの作品を通じてスティーブン...
ラブリーボーン (LOVE Cinemas 調布)
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つ...
ラブリーボーン (みすずりんりん放送局)
 『ラブリーボーン』を観た。
ラブリーボーン (悠雅的生活)
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おま...
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」...
ラブリーボーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り続...
ラブリーボーン (そーれりぽーと)
近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。 ★★ 一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を書くと反感買うかもしれないけど、ぶっちゃけ感動なんて全く...
『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと (SOARのパストラーレ♪)
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
劇場鑑賞「ラブリーボーン」 (日々“是”精進!)
ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った...
ラブリーボーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘...
ラブリーボーン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ...
ラブリーボーン (Akira's VOICE)
生と死を繋ぐファンタジー。  
ラブリーボーン (もののはじめblog)
ことし封切初日の映画を、{/m_0058/}「サロゲート」につづいて鑑賞。 殺された少女が、家族や友だちを天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。 30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、『ロード・オブ・ザ・リン...
「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何...
【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン (猫とHidamariで)
私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド日本公開:2010年1月29日チェック14歳で殺さ....
ラブリーボーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんと言っても注目は、「「...
「ラブリーボーン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ラブリーボーン」 新宿ピカデリーにて。 監督・ピーター・ジャクソン ペンシルバニアのとある町に住む14歳の少女、スージー・サーモン。 1973年12月6日、彼女は何者かによって殺された・・。 これは彼...
ラブリーボーン (ゴリラも寄り道)
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、...
ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES (銅版画制作の日々)
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。   東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の...
ラブリーボーン (だらだら無気力ブログ)
  『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両...
★「ラブリーボーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ? (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、...
ラブリーボーン (ケントのたそがれ劇場)
★★★  とにかく嫌になるほど長~いエンディングクレジットだ。時間を測っていた訳ではないので、正確な時間は不明であるが、体感的には15分以上に感じられた。 最近の映画はやたらエンディングクレジットが長い。それでもクレジットと同時に、感動的な映像や心に染...
ラブリーボーン(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしま...
天国と地上の間~『ラブリーボーン』 (真紅のthinkingdays)
 THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は...
ラブリーボーン (心のままに映画の風景)
家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 (水曜日のシネマ日記)
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
「ラブリーボーン」胸に迫る想い (ノルウェー暮らし・イン・London)
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
ラブリーボーン (2009・アメリカ/イギリス/ニュージーランド) (白ブタさん)
もう予告からすでに泣きそうだったこの作品(^_^;) ドキドキしながら見てきました☆
【映画】ラブリーボーン (新!やさぐれ日記)
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしま...
ラブリーボーン (Movies 1-800)
The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベストセラー小説の映画化で、殺害された14歳の少女が、地上と天国の間の不思議な空間...
「ラブリーボーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...
【ラブリーボーン】少女の願いと家族の絆 (映画@見取り八段)
ラブリーボーン~THE LOVELY BONES~ 監督: ピーター・ジャクソン    出演: マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サ...
「ラブリーボーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...
ラブリーボーン (You got a movie)
監督    ピーター・ジャクソン 製作総指揮  スティーブン・スピルバーグ キャスト   シアーシャ・ローナン        マーク・ウオールバーグ        レイテェル・ワイズ        スタンリー・トウッチ  「ロード・オブ・ザ・リング」のピ...
ラブリーボーン (試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/...