広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

2008-06-15 | 

満足度 ★★★★☆ 遊び心を感じる作品♪

1926年 [レイダース]
  旧約聖書のアークを追い、ペルー・ネパール・カイロを飛び回りました
   敵はナチス、
1935年 [魔宮の伝説]
 聖なるサンカラストーンをめぐり、上海インドを駆け巡った。
  敵は 邪教の僧侶でしたね♪
1938年 [最後の聖戦]
  聖杯と誘拐された父を求めて ベルリン・トルコを飛び回りました。
  敵はナチスでした!!

さて今回の舞台は1953年
よき時代のアメリカって感じがします~♪
超常現象を起こす「クリスタルスカル」をめぐる冒険。
敵は美しき女諜報員スパルコ(ケイト・ブランシェッド)要するロシア軍?



彼らをかわしながら「コレ」をアマゾンにある伝説の都市にある神殿に
返しにいくインディですが。
この理由はイマイチ説得力ない気がする(笑)
敵はロシア軍なのかこの女自身の私欲によるものなのか?
っと そんな私の疑問なんかとっととおいて。
若者マット(シャイア・ラブーフ)とその母とともにインディの
ノンストップ。大逃走劇が開始だ~!!

アクションも殴り合いも、大迫力。
核爆発にあっても、滝つぼに落ちても、そんなことは?
ものともしない不死身ぷり~♪
これはないだろ~!と思いながらも
相変わらず強くてはっちゃけてるジョーンズに大興奮です~♪



 蛇~。サルの群れ。サソリ~と 
相変わらずなものが登場するけど。
今回はたいしたこと無いなぁ。。何て思ってたら
やっぱりやってくれちゃう。
今回は軍隊アリのご登場だぁ・・・・。コレは怖い~・・・・・。

アマゾンの秘境を探す謎解きや、隠された城の内部のからくりも
少ないながらもその映像は息を呑む迫力!!
このCG技術は昨日TVで確認した昔の技術とはやっぱ違う~。
 
若者マットと母に有る秘密も、
このちょっと予想できるラストにも
私は 監督特有の遊び心が感じられて楽しんじゃいました(笑)

私が残念に思ったのは何があっても彼ら全員に
「死」や「哀しみ」というものが起こるとは感じられず・・
安心させすぎてる点かなぁ・・(笑)
そのせいでハラハラドキドキ・・・ていう思いが感じられなかった。
私にとってコレはやっぱ大きなマイナス点なんですけどね・♪

ルーカス&スピルバーグ&フォード結集!シリーズ4話!ココに登場!!
脚本はスパイダーマンのデヴィット・コーク。
彼らの楽しそうなものつくりの様子が目に浮かんでしまってにんまりしました。
シリーズはまだ続くのかな?
帽子にたくした「まだ若造には負けん」という
ハリソン様の心意気に思わずガッツポーズ~!!
じぃさん!は許せなかったぞ~(笑)



 

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« Little DJ〜小さな恋の物語〜。 | トップ | 奇跡のシンフォニー »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遊び心 (kossy)
2008-06-15 20:07:15
多かったですよね~
墓場でレバーを引くシーンがあってから、これは全てセルフパロディだと確信し、完全に楽しめる内容になりました。

軍隊アリがあんなに怖いとは思わなかったです。
こんにちは! (由香)
2008-06-16 16:28:47
お邪魔します♪
TB&コメントありがとうございました。

インディが大好きなので、またインディに会えただけで嬉しかったです
流石にちょっと年はとりましたが、ハリソンが頑張ってくれましたよね~
いつものスタイルにいつもの笑顔、、、最高でした!
ただ、最後のオチにはちょっとビックリだったかも
またインディの冒険がみられるといいなぁ~と密かに思っています
こんばんは♪ (ミチ)
2008-06-18 22:54:36
どんな苦境に陥ろうとも絶対に主人公は死なない。コレ鉄則ですよね。
確かにハラハラはしないけれども、それを分かっていても楽しめちゃうほどディープなファンなのです~
テンポもちょっと緩めで、本当に「古き良き」っていう感じが漂ってました。
昔はこれが最先端だったのになぁ~
kossy様♪ (くろねこ)
2008-06-18 23:17:44
軍隊アリぞっとしましたね~。
なるほど~♪
ほかにも色んなところにコネタを
仕込んでたようですよね~。
あのドクロストーン?ははじめっから
古代のものじゃないなっとは思いましたが
コレも彼ら流のファンサービスですかね~??
由香様♪ (くろねこ)
2008-06-18 23:33:02
私もインディシリーズは大好きだったので
懐かしい気持ちで楽しみました~
このラストはもしや?とは思いましたが
私もでしたね(笑)
秘宝の冒険ものはみんな楽しいですが
インディは私にとっていつまでも別格。
うん。また見れるといいですね・・♪
こんばんは!ミチ様♪ (くろねこ)
2008-06-18 23:44:39
確かにシリーズのもはや鉄則ですね♪
彼が不死身のせいなのか
わたしが年をとったせいなのか
昔のハラハラドキドキって思いが感じられなかったのは少し寂しい気はしましたが・・。
私もディープなファンなので気にしないっ(笑)
インディは永遠にハリソン様のものかな!!
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2008-06-19 12:53:34
こんにちは
19年ぶりのインディ・ジョーンズは、
映像も音楽も当時の雰囲気が損なわれる事なく、
そのままを感じられる作品でしたよね

ただ、物語がイマイチ浅かったので、
それが残念でなりませんでした

私は「最後の聖戦」しか観ていないのですが、
それがとても面白かったので、
今回の映画にも期待し過ぎてしまいました
やっぱり、それがダメだったのかも…
Unknown (ホーギー)
2008-06-21 21:21:27
こんばんは、ホーギーです。
1年以上前からこの日を楽しみにしてきましたが、ついに観てきました。
心配していたハリソンの年齢からくる表情や体型に老いは感じるものの、その圧倒的な存在感やまだまだやれるアクションシーンに安心しました。
そして、見事なストーリー展開と怒濤のアクションシーンは健在で期待とおりの内容に大満足の2時間でした。
これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。
本作はハリソンのほか、懐かしのマリオンの再出演、オスカー女優のケイト・ブランシェット、いま売り出し中の若手シャイア・ラブーフとキャスト陣も楽しませてくれました。
噂によると数年後に更なる続編との話もあるようですが、どうなることでしょうか?
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
テクテク様 (くろねこ)
2008-06-23 01:27:12
コメントありがとうです!!
う~ん。確かにね~。
私は安心してのれるジェットコースターに
のっちゃった時のような気分?でした(笑)
(恐怖でひきつるような乗り物好き)
でもなんだか懐かしいような。
うれしいようなで。
心が躍っちゃったみたいです
ホーギー様♪ (くろねこ)
2008-06-23 01:45:32
楽しまれたようでよかったですね~♪
私もとても楽しみました♪
昔1・2を見たときの楽しくてびっくりで、
もう大興奮!っていう思いにはなれなかったんですけど(笑)
私にとってインディは音楽だけで胸が躍る
貴重な宝物なんですよね~


コメントを投稿

」カテゴリの最新記事