赤ずきん みた-♪

2011-06-13 | 

満足度 ★★★★ 面白かったですー(笑)

深い森に囲まれた村の平和は
狼に生贄を捧げることで保たれてきたのですが
ある日突然破られることに------
その時から・・狼と彼らの戦いが始まったのですーー。

被害者は主人公ヴェレリーの姉。 
彼女は何故殺されたのか???
実はそこには彼が野獣となった
ある真実が隠されていたのです----。  

「狼は いったい誰なのか----!?」
見終わって冷静になると つっこみところも多いし・・
 コレだけ・・な話だったことにビックリなんだけど---(笑)

「狼は ピーターなの?ヘンリーなの?
それともおばぁちゃんなのぉおおーー!!!」

っと私ゼンゼンわからなかった・・(ガハハ)
もうみごと乗せられちゃったみたいで--♪
 最後まで楽んできちゃいました--!!てへっ

 この主役3人も美しくてうっとり
 作品のミステリアスな雰囲気を盛り上げてくれてたと思います♪


愛しあうヴェレリーアマンダ・サイフリット
ピーター
シャイローフェルナンデス
そんな二人を見つめる許嫁ヘンリーマックス・アイアンズ
三角関係となっちゃう彼らですが、
その愛も純粋なだけにせつないです--。

「狼はこの村人の中にいる!」
狼に妻を奪われ復讐を誓うソロモン神父ゲイリーさん登場。
超 胡散臭い――と思ったら期待通りでしたわ(わはは!)
狼は満月の夜だけ野獣に変身し普段は人の姿で紛れているというのだ
狼退治でヘンリー父までもが殺され・・・
 村人たちも狼に襲われることにーーー。
しかし・・深い褐色の瞳をした狼はグェレリーに話しかけたのだ
「お前が私と村を出るなら村人は助けよう-----」
その正体はー
 ヴェレリーを欲する誰かなのか---?
      

「おばぁちゃんの口はどうしてそんなに大きいの??」
「お前を食べるためだよーー」
童話で印象的なこのセリフや石詰めは映画でも登場!
(つけたしのようだったけどねーー)

『狼に気をつけて・・!!』
でも大人になった赤ずきんには・・
『狼と幸せにね----』てことなのかな(笑)
 真っ白な雪の中でたなびく真っ赤なずきんは
 まるでウエディングドレスをきた花嫁のよう。美しかったです
 

コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 「X-MEN:ファースト・ジェネ... | トップ | SUPER8/スーパーエイト »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-06-15 01:59:29
『トワイライト』の監督さんだけあって、軽くてサラッとしたサスペンスでした。もうチョット重めが好きな私としては全体的には今ひとつでしたが、それでも誰が人狼かは全然わからなかったんで、「おお!そうくるかぁ!」って(笑)その意味では中々楽しかったです。アマンダ好きなんでそれで十分ちゃ十分なんですけどね。^^
おはようございます。 (BROOK)
2011-06-15 05:33:18
童話を上手に“大人版”へと発展させていた感じですね。

狼の正体は、途中で何となく分かってしまいました。
祭りの途中で家に戻った“人物”が、その後登場しなかったので、おや?と・・・。
Unknown (mig)
2011-06-16 16:52:32
こんにちは☆
なかなか面白かったですよね、
皆教会に行けばいいじゃんって思ったけど、それやったら話にならないんだけど違和感が(笑)
犯人探し、けっこう分からなかったのが意表つかれて楽しかったです☆
KLYさんへ♪ (くろねこ)
2011-06-16 21:19:52
こんばんは!
ほんと「人狼は誰?」だけ-ってのはビックリでしたね-!
『トワイライト』の監督さんでしたか-。
ミステリアスな顔を見つけるのがお上手ですね--(笑)
まぁ私はヘンリーくんの寂しげなお顔の方ががおきにいりなんですけど
BROOKさんへ♪ (くろねこ)
2011-06-16 21:47:23
こんばんはーー!!
祭りの途中で消えた「人物」がいたと・。
おおう。すごいです~!!
正解だった時はガッツポーズですね--♪
いや。わかった時点でだったでしょうか・・・・?(笑)
大人版赤ずきん。アマンダさんは綺麗でしたねー。
migさんへ♪ (くろねこ)
2011-06-16 21:59:37
migさんへ♪ (くろねこ)
2011-06-16 21:55:15
こんばんは☆
「教会に行けば---」ね~!すぐわかりそうなのにねーー(わはは!)
まぁきっと人間に変身すると教会も平気だったんでしょう。
私も犯人探し楽しんじゃいましたよ~♪
おばぁちゃんも皆も--みんな怪しすぎでしたもんね
こんばんは (dai)
2011-06-16 22:54:56
「犯人は誰?」に終始徹していましたね(笑)
突っ込みどころは満載でしたが、雰囲気が非常にいい作品でした。
daiさんへ♪ (くろねこ)
2011-06-18 00:20:14
犯人は誰?--終始徹してましたね(笑)
このミスリードは旨く出来てたと思います-。
多々ある突っ込み点や疑問はなんとか補完したのですが、
身籠りながらも母がヘンリー父と結婚できなかった訳と娘をお金持ちに嫁がせたかった訳は
今だに妄想している私です(笑)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

赤ずきん (LOVE Cinemas 調布)
グリム童話で有名な「赤ずきん」が成長した後を描いたファンタジー作品だ。主人公の“赤ずきん”を『クロエ』、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが、その彼女を奪い合う2人の青年をシャイロー・フェルナンデスとマックス・アイアンズという若手俳優が...
劇場鑑賞「赤ずきん」 (日々“是”精進! ver.A)
果たして人狼の正体は・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106100005/ 赤ずきん (竹書房文庫) posted with amazlet at 11.06.06 サラ・ブレイクリー・カートライト 竹書房 売り上げランキ...
赤ずきん (あーうぃ だにぇっと)
6月6日(月)@新宿明治安田生命ホール。
赤ずきん (Memoirs_of_dai)
大人な赤ずきん 【Story】 ヴァレリー(アマンダ・セイフライド:アマンダ・サイフリッド )は木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、ヘンリー(マックス・アイアンズ)...
赤ずきん (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
赤ずきん (竹書房文庫)赤ずきんのその後の物語は、危険は意外な場所に潜んでいることを教えてくれる。設定があまりに“トワイライト”で苦笑してしまった。大人になった赤ずきん・ ...
赤ずきん(2011)☆★RED RIDING HOOD (銅版画制作の日々)
         恋をした、大人になった。 MOVX京都にて鑑賞。公開初日に行って来ました。クロエに続き、またアマンダ・サイフリッド主演作品です。 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督がメガホンを撮ったダークファンタジーです。グリム...
赤ずきん / RED RIDING HOOD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督最新作は、ダークな赤ずきんちゃんのスリラー レオナルド・ディカプリオ製作で、元々レオのアイディアで作られた作品。 「マンマ・ミーア」以降は最近....
赤ずきん (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RED RIDING HOOD】 2011/06/10公開 アメリカ/カナダ 100分監督:キャサリン・ハードウィック出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース....
赤ずきん (試写会) (風に吹かれて)
大人になった赤ずきん 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/redridinghood6月10日公開製作: アピアン・ウェイ(レオナルド・ディカプリオの製作会社)監督:
赤ずきん (心のままに映画の風景)
美しく成長したヴァレリー(アマンダ・セイフライド)は、両親によって、裕福なヘンリー(マックス・アイアンズ)と婚約させられる。 幼馴染のピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたヴ...
赤ずきん (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) こういう閉鎖的世界感って好きだな~
赤ずきん (Memoirs_of_dai)
大人な赤ずきん 【Story】 ヴァレリー(アマンダ・セイフライド:アマンダ・サイフリッド )は木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、ヘンリー(マックス・アイアンズ)...
■映画『赤ずきん』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
人狼我が出るという陰惨な歴史を持つ村で、美しく成長した少女・ヴァレリーをめぐる恋の鞘当てと、“人狼は誰なのか”を探るゴシック・ホラー『赤ずきん』。 童話の「赤ずきんちゃん」の内容、けっこう忘れてしまっていたのですが、本作を観ているうちにだんだんと思い...
赤ずきん (そーれりぽーと)
アマンダ・セイフライドだかサイフリッドだかややこしいよ! 大人版『赤ずきん』を観てきました。 ★★ 「大人になった赤ずきんの話」だというふれこみだったので、てっきり後日談だと思っていたら全然違い、始まった時点では狼と対峙した事もなければ赤ずきんを被ってす...
赤ずきん (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RED RIDING HOOD) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) グリム童話の『赤ずきん』を下敷きにして描かれたダーク・スリラー。 その村の周辺には恐ろしい狼が住んでいて、村人たちは満月の夜に外を出歩くことを決してしなかった。さらには狼と協定を結...
赤ずきん (だらだら無気力ブログ)
「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督がグリム童話の 『赤ずきん』をモチーフに描くファンタジー・ラブサスペンス。 危険な恋に落ちるヒロインの運命と村を襲った謎の人狼の正体をミステリアス かつダークなタッチで描き出す。 主演は「マンマ・ミ...
赤ずきん、大人のおとぎ話は深く深く怖ぇ~っ! (労組書記長社労士のブログ)
 会社からの合理化提案を協議しているが、なぜか会社が高飛車、どないやねん、そろそろ「もう知らん」ってなりそう。 【=30 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート4本目、これも試写会が当たったのに行けなかった映画だった。 おとぎ話の大人バージョンが大好きな....
「赤ずきん」 ダークなおとぎ話 (はらやんの映画徒然草)
誰でも知っている童話「赤ずきん」。 グリム童話にも収録されていますが、そもそも童
ゴシックテイストですが、、~『赤ずきん』 (真紅のthinkingdays)
 RED RIDING HOOD  生贄を捧げることで狼と共存してきた村で、美しい娘ヴァレリー(アマンダ・ サイフリッド)の姉が殺される。  本当は恐ろしいグリム童話、『赤ずきん』のゴス版。『ジ...
赤ずきん (銀幕大帝α)
RED RIDING HOOD/11年/米・加/100分/ダーク・ラブファンタジー/劇場公開 監督:キャサリン・ハードウィック 製作:レオナルド・ディカプリオ 製作総指揮:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、...
映画 赤ずきん (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    良く知られている狼におばあちゃんが食べられてしまう   童話の映画化されたものだと予想していましたが   ディズニーものでないので、予想していたものと   違った話でした。こちら...