広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブリッジ・オブ・スパイ

2016-01-11 | ふ へ ほ

★★★  前半眠気との戦い--。それがなければな~~。

 死刑を望む多くの人々の非難を浴びながら国選弁護人としてソ連人のスパイ・アベルを救 うことに成功したドノヴァンは その5年後、彼とソ連の捕虜となったアメリカ人パワーズ交換作戦の交渉を任されることに。
米ソ冷戦下の中で-、それは想像を絶する危険な任務だった-----。
実在の人物の真実の物語。

 トムハンクスに外れなし---と自負している私ですが、
 この作品は私にとって 厳しい試練~~になりましたわ~!!
 ソレは私が 前半 うとうとしていたせいで、
 ドノヴァンが 家族を危険にさらしてまで彼を救おうとした理由が任務だけではなく
「彼のもつ正義(人は法の下では平等)」を貫く戦いだったこと。
祖国への忠義を貫くアベルに対し敬意と尊敬の思いをもっていたことなどを・・
見落としたせいなのでございます~~。
 それにきずいたのは中盤もすぎようとしたころからでございました~(涙)

 ガラリと様相が変わった中盤~。
 映しだされた建設中のベルリンの壁の不気味さ、治安の悪さにおののく。
 そんな場所に政府の要請にもかかわらずたった1人残されたドノヴァンに
 ハラハラドキドキ-----。
 しかし どんな状況下でも冷静沈着かつ慎重な彼の姿に姿にはちょっと眉唾ですよね~。
 だって・・・もう腰が抜けちゃうくらい怖いはずだもの~。

東ドイツ・西ドイツ‥ソ連・アメリカ様々な思惑が渦巻く中
なんと彼は 2人の交換の他に拘束された学生の救出までやろうと奮闘!
各国間の間の交渉模様は複雑を極めて~~~
私の頭は前半の眠気はどこいったやらのフル回転~。
正直・・難しかったです。とほほ。

しかしながら最後までスリリングな展開に・・汗。
無事任務を果たした彼をみつめ ほっと胸をなでおろした私でした。

祖国の為に働いた代償が死という現実に涙。
無事祖国に戻ったとしても 捕虜になった(失敗した)彼らの身が安全とは限らない。
救ってもなを彼の身を案じるドノヴァンの姿にはクるものがありました。
やっぱ「スパイ」なんてカッコイーものなんかじゃないのだと・・・。
感じさせられた映画でした。

ラストテロップでこのドノヴァンさんがその後も 物凄い人数の捕虜解放をなしとげたとありました。彼を描くならその偉業も------なんて思うけど。
余計なお世話ですね。ハイ・・・

.スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本


コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 『スター・ウォーズ フォース... | トップ | 映画 「信長協奏曲」感想♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふ へ ほ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ブリッジ・オブ・スパイ (風に吹かれて)
交渉術は大事です 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy 事実を基にした映画 製作・監督: スティーヴン・スピルバーグ 米ソ冷戦下の1957年。ニュ
ブリッジ・オブ・スパイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マ...
ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...