2 0 1 2

2009-11-28 | な行 

 満足度 ★★★★ 絶対絶命の大災害模様大迫力!! 

 1999年の7月ノストラダムスの世界滅亡説は外れたけれど・・
 マヤの予言および科学者達をもまきこんで今また、
 「世界終結の日」と、叫ばれている
  2012年12月21日。また回避されるのか?それとも?
 
太陽のフレア現象によって
 本当にこんなことになっちゃうの~!?」
本作品。その疑問に対して、何の説明も説得力もないのですが(苦笑)
   
 マグネチュード10.9の地震と共に世界中におこりはじめる
   大きな地割れ。 次々に崩壊する建物・ビル・・..
  リオのキリスト像崩壊。火山噴火で溶岩に呑まれていく町。
  ヒマラヤ山脈までのみこむ大津波。
 次々と海に沈み消滅していく大陸・・・
 この地球規模の大災害模様にはやっぱ息を呑んじゃいました!!
       

そして化学者・大統領の苦悩と共に
ある家族の生き抜くための戦いは。
私をどんどんこの作品に引きこんでくれることに!

彼らの不死身模様はすごいですが(笑)
離婚した妻は再婚し子供も彼になつき幸せそう。
彼は彼らにとって・・。もはやいなくてもいい人間?
子供に「仲良くなってよ!」なんて言われてる・・。
私はこの主役の夫には結構感情移入しちゃいました。
なんか辛いでしょ~。
まぁ助け合いの中で再び絆を見つけてくれるのですけどね。
滅亡模様とは別になぜかこの家族のあり方には
思いをはせてしまったのでした・・
 
彼らは政府の作っていた4隻の船(ノアの箱舟)に
たどりつくのですが・・
それに乗ることができるのは「種を残す」という大義名分で
権利を得た科学者や権力者 金持ちだけ・・?

ラストは人にある悪と善を描いて結構ハードな展開です。

でも。選ばれし彼らのそれを見せられてもね~。
「終末の日」多くの人はこの映画のように何もしらず、
ただ死を覚悟して死んでいくんでしょうから・・。
生きることにあがく彼らが滑稽にも思えるのは私だけかな。
この絶体絶命模様はもはや
パニック映画ではないのかもですね。

とはいえ「ディザースター」と「CG」の違いもよく分からない私ですが
単純ゆえなのかこの大迫力の映像に・・目はくぎづけ!
脈拍も上がっちゃいました!!
この作品でその日を。客観的に見ておくのは
案外大切なんじゃないでしょうか??
え?べつに?う~ン(笑)

 

コメント (16)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 「最後の演奏会」 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハンパねぇ~ (にゃむばなな)
2009-11-29 17:36:14
この映画のディザスターシーンの凄さを見て、トータルテンボスのネタ「ハンパねぇ~」を思い出しちゃいました。

それくらい映像だけは凄かったですね。
覚悟も なにも (たいむ)
2009-11-29 19:53:19
こんにちは(^^)
なーんにも知らされないまま、事が起った瞬間死んでいそうです(^^;;

地球の表面だけ壊れる映像は見応えがありました!
こんばんは! (アイマック)
2009-11-29 22:05:26
いきなり地球崩壊の危機で、説明がほしかったけど
力技で持っていったね。笑
よく死なないものだと感心しながらも、映像は迫力ありました。
いつかこういう日がくる時、人間はあっけないものですね。
今を大事にしたいわ。
迫ってるとしたら? (メビウス)
2009-11-30 14:04:37
くろねこさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そいえば前に公開された『ノウイング』でも太陽光線のモロ直射によって地球が滅亡してますし、現実にもなんか地球のどこかの層みたいなのがでっかい大穴を開けてるとかも言ってますので、映画の中とはいえ自分はちょっと不安に感じてしまう所もあるんですよねぇ・・(情勢に流されやすい性格でもあるのでw)

でも終末の日が知らず知らずの内に本当に迫ってるんだとしたら、自分はやっぱり何も知らずに当日を迎えたいかも?結果を知ってしまうとその後がなんか無気力な感じになってしまって、どんなものに対してもやる気を失くしてしまいそうですからね~。
ブログとかっ(爆
そうそう (くう)
2009-11-30 19:03:48
マヤ文明の予言とか、どうしてこんな事に、みたいな
説明は無かったですよね~。
降ってくる石、割れる大地、えっ、もう始まったの?みたいな(^▽^;

>生きることにあがく彼らが滑稽にも思えるのは私だけかな

解るわ~!
あたしも滅びる側だもん~(^・^;)
もし10億ユーロあったら、1人で生き残る道よりも
今から3年間で遊び倒したい。。。
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2009-12-01 23:37:13
ハンパねぇ~!!まさに!!
この映像は凄かったですね~。
飛行船かと思ったら、ノアの箱舟だったことも作ったのが中国!なのも。ある意味リアルでしたよね(笑)
たいむさんへ♪ (くろねこ)
2009-12-01 23:47:19
まさに一般庶民は何にも分からず死ぬんでしょうね~。
こんな風に空から、地球の終わりみつめることも叶わないでしょうから、
どんなもんか?見ておくことをオススメしたいですよね(あはは)
「地球の表面だけ壊れる映像」
ホント大迫力!見応えありましたよね~

アイマックさんへ♪ (くろねこ)
2009-12-02 00:10:03
まさに力技でぐいぐいきましたよね~!
不治身振りも(笑)飛行機逃亡も
あの状況を空から見せちゃえ~!!という意気込みを感じて魅入っちゃいました。
ほんと。人間なんて自然の前ではなすすべなし。それでもやっぱその時がきたら・・。
彼らのように生きることにあがくのかな?
平和な今を・・うん。大事にしたいですね!
メビウスさんへ♪ (くろねこ)
2009-12-02 00:26:49
こんばんわ~♪コチラこそありがとうです!
実は私。以前の予言の時逃げる準備してましたよ~(笑)
その時代。地球がこんなになっちゃうなんて・
思ってもなかったみたい。
「終末の日」ホント甘く見てたようです(笑)
今回はどうなるんでしょうね~。
私はどうかなぁ。案外やるきモリモリかも♪
無駄と分かってても。また準備しそうです(あははは)
くうさんへ♪ (くろねこ)
2009-12-02 00:43:48
あの不死身模様!なぜこうも生きたいんだ?
っと突っ込む間もなく・・(笑)
この驚愕映像に押し倒された感じですよね~。
助かるのは金持ち。権力者?ってのは腑に落ちないけど。ある意味リアルでしたね。
私達は知らぬまま一瞬で死にたいですよね!
思えば10億ユーロっていわば未来の人類への投資だったわけでしょ?。
そう思うとただで乗り込んだ彼らって・・。
っと。つっこむのはやめよっと(笑)

コメントを投稿

な行 」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなので...
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
映画感想『2012』 こんな地球の壊し方してみました (レベル999のマニアな講義)
内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、違った。放出ニュートリノの異常反応で、地球のコアに異...
劇場鑑賞「2012」 (日々“是”精進!)
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未...
『2012』 (めでぃあみっくす)
これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 そしてやはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし...
「2012」みた。 (たいむのひとりごと)
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
『2012』 (だらだら無気力ブログ)
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもな...
2012 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
期待したどおりの大迫力のスペクタクル映像を堪能した。色々な人物像が丁寧に描かれているので、VFXだけが売りの映画になっていない。ニュートリノ天文学という小柴教授の研究成果が登場するのも、うれしいことだ。是非映画館で見てほしい。
2012/ 2012 (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナ...
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
2012 (You got a movie)
監督   ローランド・エメリッヒ キャスト ジョン・キューザック      アマンダ・ピート      タンディ・ニュートン      ダニー・グローヴァー      ウディ・ハレルソン 古代マヤ暦に2012年以降の記述が無いという世界終末の日を題材にし...
★「2012」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
2012(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ...
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
2012 (Movies 1-800)
2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族の脱出行を描くディザスター・ムービー。 基本的なストーリーは「ディー...
2012 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  マヤ暦終末説によると、2012年12月21日に惑星直列と太陽フレアの影響で地球の温度が異常に上昇し、地震・津波などの大規模な地核変動が起こり、地球は終末を迎えるという。これは過去に何度も起きていて、水没したアトランティス大陸もその一例だとい...
映画「2012」 (FREE TIME)
映画「2012」を鑑賞しました。
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
「2012」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「2012」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ローランド・エメリッヒ はっきり言って、面白い(笑)!! こんなにVFXがしっかりしているとは思わなかった! いつもながら、期待してなかった(...
「2012」を観る (紫@試写会マニア)
映画を観る基準で、鑑賞しに行った映画館でたまたま観た予告編は結構大事。観た瞬間に「・・・!これは観ないとぉぉ~」だって思った「2012」観てきましたー。(わーい) スゴかったです、迫力満点!でもちょっと、“ああ”なっちゃった時、自分はどうしているのかな...
映画 2012 (フクロウと大理石)
 この映画を二言でいうと、豪華絢爛、一大スペクタクル。  2012年に地球が滅亡するというマヤの伝説。その兆候を数年前に捕らえた各国政府は秘密裏に対策を講じはじめる。そして伝説が現実になり、という映画。  やはり大災害を描いたデイ・アフター・トゥモロー...
2012 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン ◆STORY◆200...
『2012』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
wmc市川妙典にて先月公開された『2012』を観てきました。『インデペンデンス・デイ』や』『デイ・アフター・トゥモロー』を手掛けたローランド・エメリッヒ監督が送るパニック映画。今...
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ~~~~!...
マヤの予言 (美容師は見た…)
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ~。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
2012 (みすずりんりん放送局)
 『2012』を観た。  イエローストーン国立公園。  子供たちとキャンプに訪れたジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)...
『2012』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞~。 ******************** 『デイ...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...