『007 スカイフォール』 感想♪

2012-12-06 | た ち

★★★★ なんと悲しき子供たち---
 
007シリーズ誕生50周年(通算23作)記念作品。
かつての名場面もちりばめられてるらしいので
知り尽くしたファンの方はもっと楽しめるかもですね


ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドとしては3作目。
前2作同様今回も 素晴らしきスタントに。
シリアスで骨太なストーリー展開に・・
痺れさせていただきました~~!!

 

今回も、冒頭からノンストップアクション開始!!
盗まれたディスク(テロ組織に潜入している工作員情報が入っている)を追って
カーアクション作裂!!
猛スピードで走る列車の上での格闘模様は
ジャッキーに並ぶ----ものすごさだ~~!

相変わらず、生身で勝負してるという グレイグさん凄いです--!
しかし---もみ合う二人に狙撃命令を下すM
 それは なんとボンドに命中-----!?

 衝撃ながら静かに、渓谷に落ちていくボンド。
  そのまま 深い水の中へ--
     悪夢の中へ----飲みこまれていく----

するとお約束のあの音楽が流れタイトルロールが発動!
この一連の流れが---素晴らしいです。
映像も凝ってる市・・カッコイーよ!!
やっぱ心踊らされちゃいますね~~。

さて今回のボンドが立ち向かう相手は--
大義の為に Mに切り捨てられた?
  元MI6の凄腕エージェント、シルヴァだ!! 

非情に完璧に--ディスク情報を漏えいさせ、MI6本部を爆破し
職員を工作員たちを殺しめ、Mを窮地に追い込んでいく----。
そんな彼の前に 死の淵から蘇った 007が挑む---!

しかし彼はボンドに囁くのだ・・・
 ---おまえも自分と同じだと---。

スカイフォールとはボンドの故郷のよう。
思い出詰まった生家を壊してまでも
Mを守りたいと思うボンドと---
彼女の裏切りが許せなかったシルヴァ。

壮絶なる戦いを繰り広げる彼らだけれど----

その胸に眠っていたのは---
 ともに Mを 母のように 慕い愛するがゆえだとは・・
 切ない限りだ・・・。

Mが工作員として選び育成した子供たちはみな
身寄りのない子供たち
彼らは皆そのさびしき魂ゆえに、彼女に母の姿を重ね・・
彼女に必要とされたいと願って生きてきたのかもしれない・・
何とかなしき子供たちよ…(涙)

007がスパイとしてではなく---
国家の為ではなくただMの為に戦っている---。

まさに異色作品----!

 
M役のジュディ・デンチが今回の
真のボンドガールといわれているのもうなずける、
というか今回のボンドガールたちちょっと気の毒だったよね。

彼の過去を心情を----。
垣間見れた今作は 興味深かったし面白かった--。
Mを演じたジュディ・デンチ様の素晴らしい存在感に拍手。
お疲れ様といいたいです~!!

とはいえ今後も続くという噂にちと思うことが1つ。
このシリーズは「007になったばかりのボンド」
今後あの--華やかなOO7となっていくのね~。
なんて気持ちで見始めた私にはちとこの展開
疑問がないわけじゃないのだ。

私はダ
ニエル演じる真面目で硬派なボンドも
シリアス展開も嫌いじゃないんだけど
でも彼のボンドは「007」ではないんじゃないか・・と思ってしまうのだ。
「引き継いでいく・・」ってそういうことじゃないのかもだけど
 う~~ん、うまく言えん。
 作品の良さを残しつつ、彼の良さを生かした007に---期待したいです。



 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウーマン・イン・ブラック~ ... | トップ | 2012年度マイベスト映画... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2012-12-07 20:39:52
「007」としては異色作だったけれど、50周年記念を上手く利用した世代交代劇は良かったかと。

Mことジュディ・デンチにはお疲れ様~ですねw

新装開店も楽しみです!
異色 (メビウス)
2012-12-15 23:18:56
くろねこさんこんばんわ♪

Mがボンドガールな存在だった・・って部分からしても確かに今までの007作品には無かった異色さがあって驚きでもありましたよね。ボンドのルーツとかも色々と分かっちゃいましたし。
それに007は先代から入ったクチなので、今回のMの勇退も個人的にはどこか感慨深くもなってしまいました。・・ただ次のヴォルデモート卿に馴染めるかどうかはちょっと分かりませんけどね・・^^;
たいむさんへ♪ (くろねこ)
2012-12-30 00:45:40
前2作でもグレイグさんのボンドは異色都は感じてましたが
今作の異色さはまた格別。何とも言えない重厚さに--痺れました。世代交代劇いもひきこまれちゃいましたね~。
今後どんな展開になるのか、ホント楽しみです。
ジョディ・デンチさん・・素晴らしかったですね
メビウスさんへ♪ (くろねこ)
2012-12-30 01:02:57
ボンドの過去&彼やシルヴァのMへの思いには、驚きと共に衝撃が走りましたです。
思った以上に重厚で--まさに異色な作品でしたね。
大好物です(笑)
はいえ 先代ボンドをちょびっとかじっている私には
グレイグさんのボンドは007か--?なんてことも思っちゃったりして---・。でも自分らしさを持って引き継ぐ-ってことが素晴らしいことなんでしょうね。

コメントを投稿

た ち」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

「007 スカイフォール」ようやく、ホントにようやく! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スカイフォール] ブログ村キーワード  前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!  何者か...
劇場鑑賞「007 スカイフォール」 (日々“是”精進! ver.F)
趣味は、“復活”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212010004/ 007/スカイフォール オリジナル・サウンドトラックサントラ ソニー・ミュージックジャパン...
007 スカイフォール (Akira's VOICE)
生と死を繰り返して甦り続けるのだ! 忠誠心は揺るがない!  
007 スカイフォール (心のままに映画の風景)
NATO諜報部員の情報が記録されているハードドライブが盗まれ、MI6のエージェント、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、あと少しのところまで敵を追い詰めるも、アシスタント・エージェントのイヴ...
007 スカイフォール (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SKYFALL】 イギリス/アメリカ公開 イギリス/アメリカ 143分監督:サム・メンデス出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー、ジュディ・デンチ [Story]MI6....
『007 スカイフォール』 (こねたみっくす)
ひとまず往年の007が帰ってきてくれたことに安堵。ただあのクライマックスは007じゃない。 世代交代をキーワードにアカデミー監督サム・メンデスを迎え、Qの復活や宿敵役にハビエ ...
「007 スカイフォール」みた。 (たいむのひとりごと)
“シリーズ製作50周年記念作品”として相応しく、ひと区切りの一作として素晴らしいと思った。シリーズ開始時にはまだ生まれていない私なだけに、私の中の”007=ジェームズ・ボンド”は初代ショーン・コネリー
「007 スカイフォール」見事なまでの世代交代術 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
007シリーズ生誕50周年記念を飾るに相応しい見事なまでの出来栄え! お約束のシーンも押さえながら、ありきたりにならず、新と旧、靜と動を見事に対比させ、更に007の気品と魅力を失わない。 今年のトリを飾るに相応しい作品となった。
007 スカイフォール  監督/サム・メンデス (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ハビエル・バルデム  ジュディ・デンチ  ベレニス・マーロウ 【ストーリー】 愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド。ある日、直属の上司Mが秘め....
[映画『007 スカイフォール』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、かなりの傑作でした。  が、これは、「007」シリーズではないな。  思えば、ダニエル・クレイグが主演した近作3作品は、出来はすこぶる良いが、私にとっては番外編的な意味合いが濃い。  私にとって…、と言うか、私の年代にとってのジェームス・ボンド...
あなたは正しかった~『007 スカイフォール』 (真紅のthinkingdays)
 SKYFALL  "007 reporting for duty."  英国諜報局・MI6の機密ファイルが入ったハードディスクが盗まれた。殺し のライセンスを持つ諜報員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)...
「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる (はらやんの映画徒然草)
本作は「007」シリーズの50周年記念だそうですね。 <今回の記事はかなりネタバ
映画「007 スカイフォール」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「007 スカイフォール」観に行ってきました。「007」のコードネームを持つイギリスMI6の老練なスパイのジェームズ・ボンドの活躍を描いた、人気スパイアクションシリ...
007 スカイフォール (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】サム・メンデス 【出演】ダニエル・クレイグ/ハビエル・バルデム/レイフ・ファインズ/ベレニス・マーロウ/ナオミ・ハリス/ベン・ウィショー/アルバート・フィニー/ジュディ・デンチ 【公開日】...
映画:スカイフォール SKYFALL ×3作で体制が完成で既にボンドは年寄り=まるでギャグ! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
007新作「スカイフォール」 を初日にみた。 前作「007 慰めの報酬」は、予告編でやや期待が高まり過ぎた結果か、あまりいい印象がなかったから 。 (ちょっと悩ましい新作。2009年01月24日アップ) 前回「慰めの報酬」での残念ポイントと比較しながら列挙してみる。 ...
映画:スカイフォール SKYFALL 007は2度観ろ(ネタバレ炸裂につき、注!!)  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
初日にみた007新作「スカイフォール」 。 世の中の好評ぶりとは別に、残念なことに「007 慰めの報酬」に続き、あまりいい印象がなかった 。 数日たって、満足点・不満足点がはっきりしてきたので(笑)メモ。 【満足点1.】今回ベストだったのは、タイトルバック。&am...
『007 スカイフォール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「007 スカイフォール」□監督 サム・メンデス□脚本 ニール・パービスロバート・ウェイド、ジョン・ローガン□キャスト ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、       ベレニス・...
『007 スカイフォール』 2012年11月22日 109シネマズ川崎(IMAX) (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『007 スカイフォール』 を試写会で鑑賞しました。 久しぶりのIMAXでした。 やっぱり、でかいスクリーンで観ると迫力違うし、見てて爽快感がある 【ストーリー】  MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員...
あなたは正しかった~『007 スカイフォール』 (真紅のthinkingdays)
 SKYFALL  "007 reporting for duty."  英国諜報局・MI6の機密ファイルが入ったハードディスクが盗まれた。殺し のライセンスを持つ諜報員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)...
映画「007 スカイフォール」 (FREE TIME)
映画「007 スカイフォール」を鑑賞しました。
007 スカイフォール (to Heart)
原題 SKYFALL 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 143分 監督 サム・メンデス 出演 ダニエル・クレイグ/ハビエル・バルデム/レイフ・ファインズ/ナオミ・ハリス/ベレニス・マーロウ/アルバート・フィニー/ベン・ウィショー/ジュディ・デンチ MI...
映画「007 スカイフォール」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ジェームズ・ボンドのルーツに迫る物語 タイトルの意味は中盤で明らかになる。ハイラインドの荒野にぽつんと建った廃屋。かつては地方の豪族の屋敷であったのだろう。厳しい自然の中で、人は生き、人は...
007 スカイフォール (Skyfall) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・メンデス 主演 ダニエル・クレイグ 2012年 イギリス/アメリカ映画 143分 アクション 採点★★★ “007に何を求めるのか?”ってのは人それぞれでしょうから私なんぞが「007とはこれだぁ!」と決めつけるのはおこがましいんですが、個人的に007に求め...
映画『007 スカイフォール』を観て~アカデミー賞2部門受賞 (kintyre's Diary 新館)
12-96.007スカイフォール■原題:007Skyfall■製作年・国:2012年、イギリス・アメリカ■上映時間:143分■観賞日:12月8日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパスポート) □監督:サム・メンデス□主題歌:アデル◆ダニエル・クレイグ(...
007 スカイフォール (銀幕大帝α)
SKYFALL 2012年 イギリス/アメリカ 143分 アクション 劇場公開(2012/12/01) 監督:サム・メンデス『アメリカン・ビューティー』 出演: ダニエル・クレイグ『ドラゴン・タトゥーの女』・・・ジェームズ・ボンド ハビエル・バルデム『ノーカントリー』・・・....