広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エリザベス・ゴールデン・エイジ

2008-02-25 | 

 監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット,ジェフリー・ラッシュ

満足度 ★★★★  豪華絢爛。ケイトの女王っぷりが圧巻! 

1585年。無敵艦隊を所持し、最強を誇っていたスペイン国王
フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は、プロテスタントとしての姿勢を
崩さずにいたイングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)失脚の
シナリオを画策していた。
彼は欧州全土をカトリックの国にし支配しようと目論んでいたのだ。
そんなエリザベスの前に、新世界から戻ったばかりの冒険家
ローリー(クライヴ・オーウェン)がが現れる・・・・。
 
豪華絢爛。音楽も壮大でみごたえたっぷり。
ケイト・ブランシェットの女王っぷりも圧巻だったし、
 彼女の女王としての孤独は胸に突き刺ささった。

彼女のすごさは自分がプロテスタントでありながら、
カトリックを敵視せず中立を目指したところらしい。
「国民は私を愛しています。私は彼らに背くことはしません。」
そういいきる彼女の素晴しさ。
私は今回そうした彼女の政治的手腕ぶりを
大いにきたいしていたのですが・・。

物語は思いのほか彼女の内なる【女】を見せ付けてくれて
始終涙がこぼれることになってしまいました~。
ローリーへの恋心を次女に託しながら、彼を失った事に
取り乱す彼女の姿は、彼女がいかに自分の中の女と戦い、
女王であろうとしたかをひしひしと感じさせられた。

女の身で人の上にたつ孤独。その孤独にたえなければ
人は導けない・・。
軍服に意を固めた彼女は雄雄しく気高いながら。
せつないまでに美しかった・・。


「歴史を騒がせた女達(世界編)」の著書の中で聡明と謳われたのは
彼女とマリアテレジアくらいだったと思う(笑)
権力を握った女達の愚かさと残虐さが満載で・・。
なぜこうなってしまうのかと・うんざりしたものです(笑)

彼女がそうした愚かな女とならず、
伝説の女へと導いたものは
 彼女が 「国民に愛されるために 生きたこと」 なのでしょうね。

しかし私の中では史実に沿っていない点やそれゆえの矛盾が
どうしても沸き起こってしまい、素直にこの物語を
受け入れられない部分もあったのでした。

「母のような死に方はしたくない」と叫んでいたエリザベス。
彼女の母は王に愛されながら疎まれ、不貞の名の無実の罪で処刑された。
彼女は王の、結婚の、恐ろしさを、幼い時から
抱き続けていたことだろう。
しかし 彼女には支えてくれた男性たちがいたのだ。 
そのことは彼女の「高貴な処女クイーン」の名を
おとしめることにはならないと思うんですけどね・・。

彼女は何度か恋をし、彼らの裏切りにもあっている
そして時には国のために許し、国のために処刑し・・。
彼女は女ゆえの苦しみをその身に背負いながら歩いてきた人なのだ。

母を父に殺され、幽閉され、恋人を失い、
そしてなをも義妹のメアリーを
自らの手で処刑しなければならないという試練を背負った人なのだ・・

このメアリーは常に自分を脅かす存在だった。しかし
彼女も自分と同じ、国に翻弄された憐れな女だったことを。
エリザベスが1番知っていたことだろう・・。
そのとき、時は既に彼女を53歳にしていたのです。

無敵艦隊に向かっていった本当の彼女は
陰謀渦巻く世界の中で、こうした悲しみや孤独をのりこえ
人生の辛酸全てをしりつくした女王であり、
英国を守るため策をめぐらし、海賊をも手中に入れた策士・・・
なのである。

そんな彼女だからこそ
神はイギリスを勝利に導いたのだと思えてならない。
 この物語はそういう意味でかなり生ぬるいとはいえるだろう・・。

       

   愛する男の、子どもを抱く彼女の自愛に満ちた姿は
   ラストひときは美しく輝く・・。
   それは女として人として沢山の事を乗り越えてきたものだからこそ
    放たれる、神々しさだった・・・(涙)   

 P・S 
先日ムービープラスにて前作を見たのですが・やっぱり晴しかった♪
こちらのほうが陰謀や対側近の動きが分かりやすく、恋愛模様にも
彼女の強さが感じられて、私好みでした(笑)
とはいえ彼女の女ゆえの内面が強調されていた今回の作品は
それゆえの切なさが胸に迫って心惹かれる作品でした♪

       

コメント (8)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップ | アヒルと鴨のコインロッカー... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
53歳 (たいむ)
2008-02-25 20:18:25
こんにちは。
どうしてもケイトは53歳には見えなかったけれど、圧巻であったことは間違いなく、見応えのある作品でした。
また「女帝」といわれる人物は沢山いるように思いますが、「エリザベス1世」として名を轟かせるだけはありますね。少し分った気になる作品でした(笑)
こんばんは♪ (ミチ)
2008-02-25 21:00:41
前作から10年経ってるから、エリザベスも戴冠して10年くらいかな~と思うのだけど、じつはもっと時間がたっているのよね。
53歳って昔で言えばかなりの年齢でしょう?
それがあの鎧姿だからご立派!
ゴールデンエイジを得るために彼女が犠牲にしてきた事を考えると気が遠くなりますわ。
Unknown (ケント)
2008-02-25 22:49:00
こんばんは、TBお邪魔しますね。いろいろと英国歴史の勉強になりました。ある意味エリザベスは、時代の犠牲者かもしれませんね。
 そっと交わす切ないキスシーンには、僕は涙ぐんでしまいましたよ。それにしてもケイト・ブランシェットの演技たるや鬼気迫るものがありましたね。豪華絢爛な色とりどりの衣装もぴったし。さすがケイトでした。
あの鎧を着て先頭に立つシーンには、胸が熱くなりましたよ。似たような邦画の『お茶々』がバカバカしく感じられましたね。
男性には、少し面白みに欠けますが、良い映画でした。実際はローリーくん、エリザベス1世の愛人の一人だったらしいですね。
これはもう、ケイト・ブランシェットの独壇場でしたね。
こんにちは! (由香)
2008-02-26 13:48:04
お邪魔します♪
「歴史を騒がせた女達(世界編)」っていう本は面白そうですね。
後で調べてみようっと
本作は、思ったよりも生ぬるい物語でしたが(汗)、ケイトは素晴らしかったですね~
スッゴク大好きな女優さんで、彼女が何を演じてもクギ付けになります。
昨日のアカデミー賞で、主演、助演とも受賞を逃して残念でした~
でも、大きなお腹でも美しかったです
たいむ様♪ (くろねこ)
2008-02-26 18:16:23
この作品は彼女の年齢には重きを置いては
いないんでしょうね(笑)
いくつになっても女は愛を求める
生き物ですから・・(照)
孤独の中で人を率いていかねばならない
彼女の姿には涙がこぼれました。
ケイトはそんな気品と威厳あるエリザベスを
見事に演じていましたね~
ミチ様♪ (くろねこ)
2008-02-26 18:33:58
スペイン艦隊を迎え撃つ時の彼女が50代だった
ことを思うと彼女の心情はもう少し違っていたのでは・なんて思いも浮かびましたが、
神々しいラストのケイトの姿はまさに
様々な困難を乗り越え、伝説となった女帝
そのものでしたよね
ケント様♪ (くろねこ)
2008-02-26 18:53:03
コメントありがとうです。
女性はいつの時代も政治がらみでは犠牲者ですよね。
あのメアリーもです。フランス王妃になりながらエリザベスと命運を分けたのはやっぱり彼女が何人もの
よい側近&愛人を持っていたことだと思うんです。
彼らなくして彼女は有り得ないと・・。
前作で恋物語を描いてるせいか今回は
彼女の『処女性』重視の作品になってしまい、
この辺がごまかされた感じがちょっと残念でした(笑)ケイトは豪華絢爛な衣装も素敵でしたが
軍服姿も素敵でしたよね~
由香様♪ (くろねこ)
2008-02-26 19:14:35
女は権力握っちゃいかん!
と感じさせるグロさでしたよ(笑)
何を根拠に書いたんだ!と後にブーイングも起きたようですが詳しいことは忘れました(爆)
今回仕事休めなかった・・。みたかったな。
ニコールもケイトもおめでたかぁ・・。
ある意味女王様の家事・子育て・・?
やっぱり想像できないですねぇ(笑)

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (Sweet*Days**)
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (to Heart)
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・...
エリザベス:ゴールデン・エイジ 47点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
もうひとりは美ぼうの23歳 メアリー・スチュアート! 公式サイト 大英帝国の権勢を築いた女王・エリザベス1世の若き日を描いた、1998年の英映画『エリザベス』から約9年ぶりに、スタッフ・キャストをほぼそのまま引き継いだ続編として、前作から30年後の1580年代後半...
エリザベス ゴールデン・エイジ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪...
「エリザベス ゴールデン・エイジ」みた。 (たいむのひとりごと)
前作『エリザベス』は未見。そのままスルーするつもりで公開記念ナビ番組を見たら、本編が見たくなってしまい鑑賞(実際、相関関係など、ネタバレというよりは”予備知識”として役立ったナビ番組だった)。やはり、
エリザベス/ゴールデン・エイジ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテ...
映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをは...
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:大塚二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここが女子大の中でも最難関とされるお茶の水女子大よ。 {/kaeru_en4/}あんな真正面に警備員がいちゃあ、男は入りづらい。最難関て言われるのもわかる気がするな。 {/hiyo_en2/}いえ、そういう意味じゃないんだけど。 {/kaeru_en4/}しかし、男を寄せつけない...
エリザベス ゴールデン・エイジ (ネタバレ映画館)
私の名前はエリザベスよ!と言ったのは山田花子・・・
エリザベス:ゴールデンエイジ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  これぞ神の領域・エリザベス  
映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007、英) (富久亭日乗)
      ★★★☆☆  16世紀末ヨーロッパでイングランドを率い黄金時代を築いた Queen Elizabeth Iの歴史絵巻。 9年前の「Elizabeth」(1998年)に続き Cate BlanchettがElizabethを好演した。 原題は「Elizabeth: The Golden Age 」。  カトリック教徒も多いイン...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
強い信念で近世イギリスを黄金時代へと導く、エリザベス一世が辿った険しい道のり。恋や人情による葛藤、無敵艦隊との対決を描く。 1587年、イングランド。エリザベス1世としてイングランド女王の座を手にしてからも、彼女の奮闘は続いていた。というのも、宮中では依...
エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。 (My Favorite Things)
今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果…
エリザべス:ゴールデン・エイジ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 壮大な歴史大作なのだが、スペクタクル巨編を期待すると裏切られるだろう。もちろんクライマックスには、スペイン無敵艦隊とのアルマダ海戦が用意されているが、あくまでもそれは添え物に過ぎない。 なぜならこの映画のメインテーマは、エリザべス1世の「禁断...
エリザべス:ゴールデン・エイジ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 壮大な歴史大作なのだが、スペクタクル巨編を期待すると裏切られるだろう。もちろんクライマックスには、スペイン無敵艦隊とのアルマダ海戦が用意されているが、あくまでもそれは添え物に過ぎない。 なぜならこの映画のメインテーマは、エリザべス1世の「禁断...
感想/エリザベス:ゴールデン・エイジ(試写) (EDITOREAL)
なぜだろう、物足りないのは。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2月16日公開。1558年の即位から30年近くの年月が流れたエリザベス1世。彼女の前に現れた航海士のローリーは、「ヴァージン・クイーン」の誓いを立てたエリザベスの女としての一面を刺激。他方では彼女の命...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (心のままに映画の風景)
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス1世(ケイト・ブランシェット) 父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位...
映画『ELIZABETH:The Golden Age』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
“ヴァージン・クウィーン”と言われたElizabeth一世の女王即位までの物語を描いた映画作品『ELIZABETH』の続編で、約9年ぶりに同じShekhar Kapur監督と主演Cate Blanchettで製作された『ELIZABETH:The Golden Age』を観て来ました。 Cate Blanchettは9年前にこの役柄で...
映画「エリザベス ゴールデン・エイジ」を試写室にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 「エリザベス ゴールデン・エイジ」@東宝東和試写室 映画の話 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ...
★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 (ひらりん的映画ブログ)
やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30~のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん...
エリザベス ゴールデンエイジ (eclipse的な独り言)
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に
劇場鑑賞「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 (日々“是”精進!)
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を鑑賞してきました主演のケイト・ブランシェットを一躍スターに押し上げた1998年の歴史ドラマ「エリザベス」。そのラストで戴冠式に臨んだエリザベスが、その後に迎える黄金時代の幕開けを描いた続編。本作では、イングランドが当...
エリザベス:ゴールデンエイジ (Akira's VOICE)
二人のベスのファションショー。
真・映画日記『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月7日(金)◆737日目◆ 終業手前で雨が降った。 すぐにやんだけど、もうちょいと遅くに降ってくれれば…ねぇ。 終業後、日比谷「スカラ座」へ。 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を見る。 『エリザベス』の続編でスタッフと主要...
真・映画日記『キンキー・ブーツ』 (          )
9月7日(木) 平日の時、日記は日比谷線→神谷町駅近くのスタバでくつろいでいる間に書きあげるが、 この日は中盤までのパートを書くのに1時間以上かかった。 そうすると、スタバでのコーヒー・タイムの時間をまったりと過ごすことができず、 日記を書いてコー...
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
もう1本観たのが、ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』。もう、この映画の世界観を存分に楽しんできました。イングランドをその威厳で統治を続けるエリザベス1世だが、無敵艦隊を擁するスペインや王位継承権を主張するスコットランド女王のメ...
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (『座敷牢からなんかニョロ~っとトビ出したようなカンジの.......』)
(2007/英+仏/シェカール・カプール)    【期待度】★★★・・ 【満足度】☆☆☆☆・     【ほんとメアリーとかエリザベスとか名前カブり過ぎてややこしい度】★★★★★ 
エリザベス☆ゴールデン・エイジ (銅版画制作の日々)
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世   3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10...
No.123 エリザベス:ゴールデン・エイジ (気ままな映画生活)
前作の「エリザベス」で、英国女王に即位する前と 即位後の変わりように驚かされて、それ以来、 ケイト・ブランシェットの映画をチェックするように なりました。前作同様、今作もアカデミー賞主演女優賞に ノミネート。前作に比べて、即位した状態から始まるので 強...
『エリザベス ゴールデン・エイジ』'07・英・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (モノクロのアニメ)
この記事は、姉妹ブログ『写真と映画のブログ』『映画と写真のブログ』から転載されたものです。 エリザベス:ゴールデン・エイジ 1585年のヨーロッパは、二つの宗教が対立する時代だった。 カトリックを国教とするスペインと、プロテスタントを国教とする英...