「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」感想♡

2017-03-13 | た ち

★★★★★ 普通の女高生たちの夢への挑戦が今始まる!!
くろねこ大好物作品(笑) 元気もらいました~~!
若い人にも 私のようなおばさんも楽しめる作品だと思います~♪ 

福井の女子高生たちがアメリカのチアダンス大会優勝をめざして突き進む---物語。
(2009年に福井県の高校アリーダー部が起こした実話をもとに描かれた青春ムービーです。)

「目標は全米大会制覇!前髪禁止!恋愛禁止!」

目標を持つことを熱く説く先生に対し去っていく上級生たち---
残ったのは、なんとぽか~んと口を開けた生徒たち・・でした・・・(笑)

とはいえ新入生たちは野球少年孝介(真剣佑)を応援したい♡だけで入部した主人公ひかり(広瀬すず)・・オタク系ダンスが得意なあゆみ(福永遥)ぽっちゃり女子多恵子(富田望生)----。経験者綾乃(中条あやみ)・ヒップホップが得意な唯(山崎紘菜)バレリーナー(柳ゆり菜)を除いてダンス初心者ばかり。レベルの低さにあきれバレリーナーさんが早々に退部・・・。
ひかりもやめることを決意しますが・・「一回踊ってみようよ!辞めるのはそれからでも遅くない。」チアダンを愛するキャプテン綾乃の言葉に導かれ・・彼女たちはチアダンの楽しさを知るのです。

随所に笑いをちりばめながら・・個々の問題も浮上。
明るく元気でチームの中心にいるひかりに対し--
笑顔ができない事に苦しむ唯。キャプテンとしての資質に悩む綾乃、そして部活とバイトの両立に苦しむ多恵子。
そんな彼女たちを乗り越えさせたものはやっぱり熱き友情-----!
そして 躍ることが好きだったことなんでしょうね♪
----Simple is best !  ベタ is LOVE----
 とはいえこうしたメンバーひとりひとりに寄り添った展開は秀悦だ!

 そこにはあのバレリーナさんや先生への「見返してやる!」なんて思いも入ってたりして
 案外リアルなとこも〇----なのだ(笑)

しかし、大失敗(これはベタすぎか:苦笑)の地区大会を経て綾乃はきずく--
上を目指す為にはコレ(仲良く楽しく--)ではいけないのだと-----。

先生から託された綾乃の「自分ノート」には
「これからは嫌われる存在になる!」--そう書かれていました。

多恵子(ぽっちゃり)は自信なさすぎ
あゆみは一人目立ちしすぎ
唯は表情ぎこちなさすぎ
そしてひかりは、向上心なさすぎ---。

一人一人に悪い点を突き付けていく綾乃。
一気に悪くなった空気を浄化しようとするひかりを見つめ先生も助言する

もう「それ」は必要ないことなのだ----と。

 それは ひかりの いや彼女たちの中にあった
 「楽しければそれでいい」そんな思いが消えた瞬間だったのかもしれません。
 
 上に行くために必要なことは--現実を見つめること。そして自分と向き合うこと。 
  そしてそれは 彼女たちの夢を目指す為の 新たな1歩となったのです---!!

  様々な困難を乗り越え努力してきたことで生まれる友情と絆---
 夢に向かって行く過程の中で変わっていく何か---も丁寧に描かれていて
 見応えあったと思います。 
 まぁ・・上にいくための練習はこんな甘いもんじゃなかった・・んだろうと想像するけど・・・
 彼女たちに強いられた感がなかったところも私は好き。
 先生との関係もまぁ・・案外こんなもん・・なのかもね(苦笑)


 ラストでは-もちろん彼女たちの努力の結晶である
 「チア・ダンス」登場~~!!

 けっこう じらされたね~~。それだけに 期待大!テンションもマックス!
 さぁ・・どうなる~~~!??って不安も大だったけど。
 
 ブラボ---!!!
 それはもう・・期待を裏切らない素晴らしさだったと思います!!
  
 努力しても報われないことがある。しかし努力し続けるしかない
 彼女たちの頑張りをみつめ
  作中にあった・・この言葉を深く胸に刻んだくろねこだったのでした。
  
  感動をありがとう。今はただ。それだけを伝えたい♪
  
  PS:本物(福井商業高校)のダンスも見たかったなぁ~~。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ラ・ラ・ランド』感想♪ | トップ | 美女と野獣 感想♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

た ち」カテゴリの最新記事