地図のいろいろ

半世紀も地図作りに携わっていましたので、この辺で振り返って地図を見直してみようかな~・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飯豊山の県境

2008-07-10 12:18:43 | Weblog
行政界で面白いのに、飯豊山があります。
(参考:「日本の地図の楽しみ」今尾恵介 著)

地図からは、当然、山形県と新潟県の境に属している山ですが、それがなんと、福島県に横取りされているのです。

飯豊山から約東南へ5km下ったところの三国岳は、読んで字のごとく陸奥〔福島県〕、出羽〔山形県〕、越後〔新潟県〕の3つの県(国)にまたがっていますが・・・

三国岳から飯豊山までの間は、山道だけの幅です。
飯豊山神社への参道のようです。

福島県山都町にある飯豊山神社の奥宮ということから、認められたそうです。
御西岳まで伸びていますので、全長約8kmの紐のような細長い県域です。

行政境、一つとっても、歴史を辿らないと納得できないところだらけですね。

そこへいくと、アメリカとカナダの国境線、アメリカ合衆国内の州の境、オーストラリアの州の境、中東からアフリカ北部の境のように、経緯度で直線的に引いた境は、シンプルでいいようですが、逆に不自然な気もします。

歴史が感じられませんね。
中東やアフリカは砂漠や人口密度から仕方ないとして、他の国々の状況は、先住民を制圧し、民族間の感情を無視した、帝国主義思想のなせる業ですね。

あまりえらそうなことはいえませんね・・・先祖様は盗賊のようなものですから・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 行政界の“怪” | トップ | 大阪市東住吉区の行政界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事