玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お前はなぜ飛ぶのだ。お前はなぜ飛ばないのだ。

2008年03月20日 | 日々思うことなど
なんだか変である。ちょっとおかしい。
いや、変だと感じる自分のほうがおかしいのか。

誰かに「太陽が昇れば夜が明ける」とか「犬が西向きゃ尾は東」と言われたらどうしますか。
大真面目に「気付かなかった」と感心したり「そんなことはわかってる!」と怒ったりするだろうか。
たいていの大人は笑うか「だから何?」と適当にいなすだろうと思う。
それなのに、「よく生きるにはわずかな勇気が必要だ」というわかりきったことを書いたブログが700以上のブックマークと70以上のトラックバックを集め、賛否両論・侃侃諤諤・喧々囂々の大騒ぎを起こしている。
どうも解せないのである。

要は、勇気がないんでしょ? - Attribute=51
はてなブックマーク - 要は、勇気がないんでしょ? - Attribute=51

70のトラックバックを読むだけの、めったにないお仕事です。 - Attribute=51
はてなブックマーク - 70のトラックバックを読むだけの、めったにないお仕事です。 - Attribute=51

日本人は、いや「はてな」ユーザーは生真面目な人が多いと実感した。いや、痛感した。
集まったトラックバックやコメントをざっと眺めてみたけれど、真面目に感心したり感動したり納得したりする人や、怒ったり批判したり罵倒したりする人ばかりである。私のようにguri_2氏をGTO神や25歳金無し君や阿部さんと並べて笑う人はほとんどいない。
「要は、勇気がないんでしょ?」という挑発的なタイトルの記事はどう見ても煽りである。読者にチキンレースを「やらないか」と誘っている。度胸に感心したり「やってやろうじゃないか!」といきり立つ人が多くてなんだか疲れる。

ポジティブな生き方は結構なものだ。だが同時に滑稽でもある。

アクセルを踏むと走り出す。一度やってみなよ。 - 玄倉川の岸辺

GTO神の「アクセルを踏むと走り出す、マジで。ちょっと感動。」
25歳金無し君の「一度やってみなよ。」「マジでお勧め。」
阿部さんの「男は度胸!なんでもやってみるのさ」

これらのポジティブな名言を見たときほとんどの人は笑うはずだ。
馬鹿馬鹿しくて素直に可笑しいのである。
GTO神も25歳金無し君も阿部さんも、世間の常識からはちょっと(どころではなく)ずれている。
GTO神はAT・NAの愛車が最強最速だと信じてるし、金無し君は怪しげなオンラインカジノの広告で、阿部さんはノンケでも構わず食ってしまい特殊プレイに積極的なホモだ。彼らは非常識だけどポジティブだ。ポジティブだけどずれている。
もしかしたら、事なかれ主義が横行し「KY」などという言葉が流行る日本では世間の常識から外れないと自分らしくポジティブには生きられないのかもしれない。彼らの滑稽さは勇気であり強さでもある。
笑わせたり笑われたりすることで固定観念を揺さぶり、殻を破って心をしなやかに自由にする。滑稽は結構だ。
だから私はGTO神を崇拝し、金無し君を愛し、阿部さんになら抱かれてもいいと憧れるのだ。
畏れ多くも神々の真似をしてGTOを買ったりオンラインカジノに金をつぎ込んだりハッテン場に行ったりはしないが、「ちょっと感動」「一度やってみなよ」「なんでもやってみるのさ」という名言は胸に刻み込まれている。つらいときにそっと呟いて勇気と笑いを思い出す。一度やってみなよ、マジでお勧め、である。

そんなGTO教徒の私から見て、guri_2氏の「要は、勇気がないんでしょ?」という記事は絶望的なまでに滑稽味が足りない。読者を笑わせるどころか反省させたり怒らせたりしている。笑いで人に自由と勇気を与えるGTO神のありがたい教えではなく、信徒を威圧して「積極的な」生き方を押し付ける邪悪なポジティブ教に魅入られているようだ。たいへん嘆かわしい。


急に話は変わるが、4年ほど前にGTO教徒が作ったとしか思えないような素晴らしいドラマがあった。
「お前はなぜ飛ぶのだ。お前はなぜ飛ばないのだ。」は坂口憲二が演じた宇宙飛行士・秋山のセリフである。

愛するために愛されたい
日本にある宇宙機関JASDAでスペースシャトルの打ち上げを目指す秋山達。途中、理沙が訓練中に山道を2キロも転げ落ちて怪我をしたり、星野がルナティックだったり、病気で死亡フラグが立っていたはずの宮田が火事で亡くなったり、それにより謎の男・ジョージ松岡が赴任してきたりと多少のトラブルもあったが、なんとかシャトルを打ち上げるところまでこぎつける。

一方、初回でビルから落ちたのになぜか生きている玲子が実はゴーストであったことが、途中の回のナレーションで唐突に視聴者に明かされる。玲子は自分が死んだことを知らずに、今までタンゴを踊ったりシャンパンを飲んだりと生活してきたのだ。そして亡霊となって現れた宮田のテレパシーにより、玲子自身も自分がゴーストという事を知るのであった。

そして最終回、色々あって急遽搭乗員となった秋山と星野はスペースシャトルに乗り込み宇宙へ。そこで秋山は宇宙空間に浮かび上がりながらタンゴを踊る巨大な玲子と会話をし、宇宙のかなたへ消えるのであった(その際、星野は脱出カプセルで射出する)。そして秋山と玲子はどこかの時代のどこかの星に生まれ変わり、恋人同士となるのであった。


深遠で哲学的、大真面目な愛と勇気と真実のドラマである。
そして見るものを爆笑させるとてつもない滑稽さがある。
ジョージ松岡とかタンゴとかシャンパンという単語を見ただけで笑ってしまう。柳葉敏郎の顔芸も西岡徳馬の日系アメリカ人ぶりも素晴らしかった。その中でも武田修宏の演技を超えた演技はすべての視聴者を感動させずにおかない。彼こそGTO神に愛された男だ。
「要は、勇気がないんでしょ?」などという低級な煽りにつきあうくらいなら「愛愛」を見ろ!と言いたい。笑いの神を目の当たりにして爆笑し自由と勇気を取り戻せ!!!

…だが残念ながら「愛するために愛されたい」はいまだにDVD化されておらず、見ようと思っても見られないのだ。なんてこった。
せめて「愛愛」愛にあふれたブログ記事で伝説的ドラマの素晴らしさを知ってほしい。

愛するために愛されたい:baddreamfancydresser-diary






JASDA職員・阿部高知さんからのメッセージ



宇宙旅行やらないか
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« アクセルを踏むと走り出す。... | トップ | 「世間」あって「社会」なし »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひとし)
2008-03-22 15:47:56
イージス艦には反応したテサさんがチベットを完全スルーしているのは笑えるな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々思うことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事