玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カルト化した小沢信者と冷静な予測

2010年09月14日 | 政治・外交
民主党代表選挙が無事に終わり、新代表に菅直人総理が再選された。
私は菅氏には何も期待しないが、人の世の礼儀としてお祝い申し上げる。当選おめでとうございます、日本を良くするためにがんばってください。

asahi.com(朝日新聞社):民主代表に菅氏再選 党員・サポーター票で小沢氏に大差 - 政治
■民主党代表選の結果(敬称略。単位はポイント)

菅 直人721(国会議員票412、地方議員票60、党員・サポーター票249)

小沢一郎491(国会議員票400、地方議員票40、党員・サポーター票 51)


さて、意外なほどの大差が付いたわけだが、これまで小沢絶対有利だの圧勝だのと煽ったり脅したりしていた小沢信者さんたちはどうするのだろうか。自分がどこで希望的観測の罠に落ちたのか、現実と願望を取り違え精神主義に走ったのか、きちんと振り返り反省する   …なんてことはほとんど期待できない。いやありえないってマジで。
冷静に「小沢氏の実行力に期待します」と語る一般の小沢支持者はまともだが(私の意見とは違うけれど)、「小沢を勝たせないと日本が終わる」だの「『本当の世論』は小沢支持だ、小沢が圧勝する」だの目を釣りあがらせた小沢信者はほとんどカルトだ。まともな常識や反省は期待できない。かの”ミラーマン”植草一秀氏のように陰謀論を叫ぶのは目に見えている。

代表選菅氏辛勝を圧勝に粉飾して流布するマスゴミ: 植草一秀の『知られざる真実』

私は小沢一郎という政治家自身も好まないけれど、小沢氏を崇拝し陰謀論に染まった「小沢信者」のほうがもっと嫌いだ。今回の民主党代表選の結果でいいことがあったとすれば、小沢信者が勝ち誇る醜い姿を見なくて済んだことくらいだろう。


「現実と願望を取り違え精神主義に走った」小沢信者を罵倒した私自身の予測はどうだったかといえば、見事に当てたとは言わないけれどだいたい合っていた、少なくとも大外しはしなかったといえる。

世論の7割は菅総理の続投を支持(無能なのに) - 玄倉川の岸辺
小沢支持に数えられた議員の中で日和見したり寝返りをたくらむものが出てくるのは間違いない。

小沢氏の代表選出馬が明らかとなり、マスコミの票読みで小沢優勢が伝えられても菅総理の表情はなぜか明るかった。たぶん小沢氏の極端な不人気ぶりを知っていたのだろう。調子に乗るとたちまちコケるのが菅氏の芸風(年金未納追求→自身の未納が明らかに→お遍路、高支持率→消費税引き上げ宣言→参院選大敗)だから何が起こるかわからないが、小沢氏の「豪腕」にむざむざとしてやられることはなさそうだ。

今になってみれば当たり前すぎて自慢するような予測じゃないと言われそうだが、小沢氏の出馬が伝えられたときマスコミや政治通の多くが「豪腕」小沢の勝利や菅氏の大敗を予想していたのである。予想が外れるのは良くあることだが、外した人はちゃんと原因を見極めて反省しないとまた間違えることになる(偉そうなこと言ってごめんなさい)。
私のことはどうでもいいが、二週間前に小沢氏の惨敗を予想して見事に的中させた人もいる。

選挙プランナー 三浦博史の選挙戦最新事情 - 民主党代表選で小沢氏は惨敗する
多くのマスコミ報道によると、国会議員のマジョリティを押さえ、連合、党員・サポーター、さらには地方議員のマジョリティをも押さえつつある小沢氏が圧勝し、小沢総理誕生かの如く喧伝されています。

しかし、小沢氏は惨敗すると私は思います。

お見事でした。小沢信者のような熱狂とは距離を置き、三浦氏の冷静さを見習いたいと思う。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 世論の7割は菅総理の続投を... | トップ | 「有言実行内閣」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

民主党代表選、菅氏再選 (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
民主党は14日午後、都内のホテルで臨時党大会を開き、党所属国会議員による代表選挙の投開票を行いました。郵送済みの党員・サポーター票、地方議員票を合わせた開票の結果、菅直人代表が小沢一郎前幹事長に大差をつけ、代表に再選されました。菅代表は首相として速やかに...