玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

総裁候補月旦

2006年09月09日 | 政治・外交
いよいよ自民党総裁選が告示された。
各テレビ局に出演した三人の候補者の話を聞いているうちに、以前から抱いていた疑問がますます膨らんでくる。
なぜ世論調査では「安倍氏絶対的有利」の状況が続いているのだろう?

私は自民党員ではないので総裁選の投票権を持っていない。
確固とした自民党支持者でも自民党ファンでもない(小泉純一郎ファンではある)から、何を言ってもしょせんは外野からの野次にしかならない。とはいえ、新しい自民党総裁は(数ヶ月か、数年か)日本の総理大臣になるのだから、一国民として総裁選に注文をつける資格はあるだろう。

私の頭はあまり論理的にできていないので(「馬鹿」の婉曲表現)、各候補の掲げる政策について具体的にどうこう言う能力はない。どなたも大変立派なことを語っているように見える。政策論については各マスコミ、識者、そして賢明なるブロガー諸氏が分析してくださるだろうから、何も私が無理して語る必要はないだろう。

政策論を放擲すると残るのは人物月旦だ。
小泉純一郎という不思議な男が総理大臣になってからというもの、日本の政治家は小泉との「距離」と「方向性」によって明確な立場とキャラクターを与えられ、結果として「政治ドラマ」がたいへん面白くなった。「TVタックル」の政治番組化と高視聴率が政治のエンターテインメント化を象徴している。
これについて毀誉褒貶いろいろあるが、私は単純に「よくわからない人たちがよくわからない言葉でよくわからない何かを目指し暗闘していた」頃よりずっとわかりやすくなったと喜んでいる。
「小泉の時代」の政治ドラマがあまりにも面白すぎたから、私には政治家をキャラクターで評価する癖が付いてしまった。われながら不真面目とは思うが、政治とはまさに人間同士の利害を調節する働きなのだから、ペーパープランの優劣よりも「人間としての魅力と説得力」で選んでもいいだろう。

そういう視点で見ると、どうも私には安倍晋三という人が物足りないのだ。
なにも悪口を言うつもりはないけれど、彼の言葉は優等生的な「正論」かもしれないが心に響かない。なんだか借り物の意見を語っているように聞こえる。これまでの政治家人生が順調すぎて「正論」の発酵と練りこみが足りないのかもしれない。酒で例えるならボージョレヌーボー、あるいは発泡酒。多くの人に愛飲されているが「本当にその味が好きなのですか?」と訊ねても力強い返事が返ってこない気がする。
ぐっちーさんが指摘しているように、早口すぎてモゴモゴしてしまう話し方も気になる。何だか余裕がなさそうで「こういう人をリーダーにして大丈夫なのか」とそこはかとなく不安になる。圧倒的有利を伝えられているのに笑顔が少ないのもよくない。むしろ沈鬱にさえ見える。
長州出身の英傑にたとえるなら、安倍氏の性格は高杉晋作(稀代の革命家)や伊藤博文(優秀な実務家)より木戸孝允(理想家で憂鬱性)に近いのかもしれない。

谷垣禎一氏は本当に善良で真面目そうだ。彼の話は聞いていて気分がいい。声と話し方の快活さはアナウンサーとしても通用する。笑顔の明るさは三人の中で一番だろう。話し方もいかにも頭脳明晰で「東大卒・弁護士資格あり」という経歴が素直に納得できる(社民党の党首と同じ経歴だがあちらはまったく納得できない)。
言ってみれば「成績も性格もいい学級委員長」というキャラクターである(残念ながらこの手のキャラは漫画やドラマでは主人公の引き立て役で終わることが多い)。
だが、「善良で頭のいい」人が、きつい言い方をすればそれだけの政治家が現在の日本国総理として本当にふさわしいのかどうか。どうも違う気がする。善良なのも頭がいいのも総理大臣候補ならば当然で、その上にさらに人格的迫力や「人の悪さ」がほしい。あからさまな「いい人」では国内の諸勢力やアメリカや中国、ロシアといった海千山千の諸外国にいいようにあしらわれるのではないかと危ぶまれる。

ここまで書いてきたことですでに明らかだが、私の好みの総裁候補は麻生太郎である。
なんといっても彼の話は面白い。いや面白すぎる。声も顔も態度もガラッパチで「下品さ」を嫌う人がいてもおかしくないが、彼の話の内容はいつも自然な格調の高さと明るさがある。吉田茂の孫という血筋をつい思い出してしまう。
地方在住の私は「潰れた石炭鉱山をセメント会社に立て直した」麻生氏の経歴は特に魅力的に感じる。三人の候補者のなかで「経営者」としての自信を一番強く感じさせるのは麻生太郎だ。
なぜかネットでは麻生人気が突出しており、応援したり萌えたりしているブロガーも多い。

さくらの永田町通信: 九州ブロック大会①~財政編
さくらの永田町通信: 九州ブロック大会②~アジア外交編
ノムさんの時事短評:麻生さん発言解説
大石英司の代替空港: 海保戦死者合祀問題
バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳:小泉メルマガレビュー
もじもじスケッチ: 自民党総裁選告示されました
シッタカブリ~ゼの私何様?!(麻生太郎応援ブログ):ネット上の麻生人気がすごい!!

私の好みはともかく、政治家の評価にうるさそうなブロガーの多くが麻生太郎を支持しているのは彼の魅力の高さを示している。
世論調査で麻生太郎の人気が安倍晋三の数分の一でしかない現状がどうにも不思議でならない。ネット世論の動向はマスコミの世論調査に先行していることが多いから、「総裁選挙が数ヶ月先なら麻生人気が盛り上がり安倍氏と肩を並べたはず」と詮無いことを想像してしまう。
とはいえ、選挙の結果は開票するまでわからない。

副会長だより:総裁選、やっと告示
 麻生氏はネットで支持されているし、案外人気がある。総裁選で注目されればある程度の「ブーム」をおこせる人間性がある。ただ、それだけでは足りない。唯一あるとすれば、安倍氏がハワード・ディーン並の失態を犯すこと以外考えられない。もしも、安倍氏がテレビ討論などで思わぬ未熟さを露呈すれば、党員投票は経験豊富な麻生氏に一気に流れを変える可能性がある。

私には票も影響力もお金もなにもないけれど、投票日まであきらめず麻生太郎を応援するつもりだ。


以下は蛇足として。
民主党の政治家たちは本当に「小沢代表の無投票当選」でいいと思っているのだろうか?
選挙をやる活力も人材もない政党が有権者から政権を任せるに足る信頼を得られるとは思えない。
有力者が誰も出ないのであれば、せめて「総理を狙う男」を自称しつつ実は「民主党代表を目指すために推薦人20人を必死にかき集める(でも集まらない)男」河村たかし大先生を立候補させてくれ。

コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 秋はイナゴの季節 | トップ | 政治は楽な仕事ではない »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も (佐倉純)
2006-09-09 03:05:12
理念がどうとか政治信条がどうとかを抜きにして、麻生総理を期待するのですけれどね。

総理にふさわしい要素というのは色々あると思うので一様には決められないとは思いますが、カリスマ性でいえばずば抜けていますね。

いかんせん、表舞台に登場するのが遅すぎたのかな。

まぁ、ポスト安倍狙いでもいいかな、なんて思ったりもしています。



まぁ安倍氏も総理の座に着くと、立場が人を作る可能性もあるので、総裁選もはじまる前から一概にダメと決めつけるのはアレですが。。。でも麻生さんの勝ちだなぁ(笑)
本当に (紗穂瑠)
2006-09-09 08:04:01
 安倍氏は参謀タイプに見えるんですけどね。出来る人だけどリーダーとしての大きさが見えないというか…谷垣さんは連立与党の調整役としてのトップなら適任でしょうが、引っ張るという立場にはちょっと弱いかと。私もやはり麻生さん。



 民主党への不満は本当にそう思います。共産党のように党としての考えが画一的な政党ならともかく、考え方の違う政治家が集まった政党ですから、よほど支持されている場合でなければ(むしろそうであっても

)対立候補が立って停滞しないようにする必要があると思うのですが…。
Unknown (nervenarzt)
2006-09-09 08:59:07
なんかネット界では麻生さんで決まり、という勢いですね。

麻生さんの「品のいい柄の悪さ」ってものすごく魅力的です。



民主党?

河村さんの主張には全く賛同できないけれど、立候補できたっていいんじゃない?

彼が20人集められないところに民主党の限界を感じる。てかそもそも民主党が自民党と同じルール(20人の推薦人)なのか判らない。

自民との違いを出すなら10人でも5人でもいいと思うのだが。

要は古い自民党に近づきつつある。エピゴーネンはオリジナルの悪いところも過剰に踏襲するってか。
自分のボス (玄倉川)
2006-09-09 20:10:42
>佐倉純さん

麻生さんは一見すると柄が悪いですが本当は品のいい人ですから(多分)、遮二無二権力を奪う勢いに欠けていたのかもしれません。

安倍さん本人は別に嫌いじゃありませんが、変な取り巻きが多いようでそこが心配です。



>紗穂瑠さん

民主党は現党首からして「食後の活動を医者に止められている」有様ですから、活気のある代表選挙を望むのが無理なのかもしれません。

それでいいのか?と激しく疑問に思いますけど。



>nervenarztさん

「日本の総理として誰がいい?」と聞くと実感が薄いので「人気者」安倍氏に票が集まりますが、「自分のボスを選ぶなら誰がいい?」と訊ねたらきっと麻生さんを望む人が多いと思うのです。

人間としての器とか魅力 (松岡美樹)
2006-09-11 01:16:55
人間としての魅力でいえば、確かに麻生さんが3人の中でダントツですね。人の記憶に残る人だと思います。安倍さんや谷垣さんは30年後、「そんな人いたっけ?」で終わるような気が。特に安倍さんは、なんだか民主党の前原さんとイメージかぶります。優等生度合いとつまらなさ(失礼)が。まあ私も自民党員じゃないので影響力ないですが。……とはいえ河村たかしさんが一番なのはいうまでもありませんけどね。

河村たかし (エディ)
2006-09-12 20:38:55
「総理を目指す男」じゃなくて「総理を狙う男」ですよ。
人徳 (玄倉川)
2006-09-13 01:48:47
>松岡美樹さん

河村たかし大先生、今回も代表選出馬ならず。

どうやら推薦人の数もだんだん減っているようで情けない限りです。

たかしが悪いのか、彼の真価を理解しない民主党議員が悪いのか。

…10人中8人は「本人の人徳がないから」と言うでしょうし、たかしファンの私もそれに反論するのは難しいです(悲)。



>エディさん

ご指摘ありがとうございます。訂正いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

 麻生太郎と茶の間のおばさん (セカンド・カップ はてな店)
なぜかネットでは麻生人気が突出しており、応援したり萌えたりしているブロガーも多い。 http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/b2ef8e490b77bfc15ba4803dd4758531 というのを、しばしばネットで見かけるし、新聞などの発表物では安部一番人気続行みたいな感じの ...
メイクミラクル (明日への道標~みんなが幸せになるために)
MiracleはCountableじゃねえの、という 突っ込みはひとまず置くとして。 今回の総裁選については、当ブログは1月の時点で 「麻生支持」を宣言している。 http://blog.goo.ne.jp/fwhh1899/e/6cee6e985fecb5a8fb5457d040acba91 それは今も変わっていない。 世の ...