玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

皇族に「黙れ」と命じる朝日社説

2006年02月02日 | 皇位継承問題
以前の「自民党総裁選で靖国参拝を争点にすべき」と主張した社説と同様、これも逆効果にしかならないだろう。

朝日新聞社説 寛仁さま 発言はもう控えては

朝日社説は「だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない」と主張しているが、私は国民が皇位継承問題に関心を持てば、必ずや「皇族の意見を尊重すべき」という意見が多数を占めることになると思う。
皇室を敬愛する日本国民の多くは朝日新聞と違って皇位継承問題で皇族に「黙れ」と命じるほど傲慢ではないはずだ。

そもそも「だれを天皇とすべきか(略)国民の間で大いに論議しなければならない」という発想からして変である。まるで「天皇を国民の人気投票で選べ」と主張しているように見える。
天皇を憲法の中でどう位置づける(あるいは位置づけない)のか、何を天皇の公的な職務とするかを決めるのは主権者たる国民の仕事である。
だが、皇位継承は配偶者選びと同様にまず何よりも皇室内部の問題であって、国民が勝手に決めてよいことではない。
皇族の率直な意見に国民と政治家は謙虚に耳を傾けるべきだろう。
聞いたからといって「必ず皇族の意思に従わなければならない」とは思わないけれど、「聞く必要はない」とか「黙れ」というのは無茶である。

参考リンク
■ 注文の多いゴルフ倶楽部 -- A.Yottiの日記 -- - 貴様らがきちんと伝えないからでしょ

関連記事
「誰から批判されたか」を隠す朝日社説
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (29)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 何を守るのか | トップ | 実写版ナウシカのキャストを... »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kousotsudr)
2006-02-03 01:47:18
はじめまして,いつも拝読させていただいております.連続のトラバ返し,有り難うございました.



まぁ朝日は特定アジアの機関誌みたいなもんですから,今更何を書いても驚きませんが,自ら言論統制をするとは間抜けですね.

表では靖国で責め立てながらも,内心は皇室典範改正絡みで小泉さんを応援するという自己矛盾に結構苦しんでたりするかもしれませんね.



言論統制して自爆する朝日新聞 (abusan)
2006-02-03 09:15:47
もう、発想が人民日報なんですね┐(´ー`)┌

これって中国共産党幹部が社説を書いているの

かと皮肉を言いたくなりますわなあ( ´,_ゝ`) プ



天皇家の権威に関わる問題=日本国民の威信に関わる問題

と言う意識があるのなら皇族の方々に「黙れ」というような

馬鹿発言は出来ないはずで朝日新聞が如何に非国民新聞

であるかの証左でありましょう。



憲法に依り天皇陛下以下皇族には皇室典範の決定権が

有りませんから皇室典範改正に於いて日本国民の責任

は重大であります。一歩間違えれば日本国民の威信が

大幅に失われるといった事で有りますから議論に

我々日本国民は全力を尽くすべきでありましょう。
もしも… (トーマス)
2006-02-03 10:26:49
男系維持派は、今回の三笠宮殿下の発言を採り上げて「皇族の意見を尊重せよ」と主張されています。

では、もし実際に意見を聞いてみて皇族の多くが女系に賛成されたら、男系維持派はどうするのでしょうか。現在の男系派の動向を見ていると、こうした事態をほとんど予想していないように思います。玄倉川さんはどうされます?

ちなみに私自身は、女系容認です。
どうもです (A.Yotti@sanhao_82)
2006-02-03 14:32:21
玄倉川さん、拙日記紹介下さりありがとうございます。

トーマス様。

> もし実際に意見を聞いてみて皇族の多くが女系に賛成されたら、

私はそれならそれで結構だと思います。
全くその通り (白い月の鏡)
2006-02-03 16:13:31
> 聞いたからといって「必ず皇族の意思に従わなければならない」とは思わないけれど、「聞く必要はない」とか「黙れ」というのは無茶である。



 全くもってその通り。 正に正論。

 こんな弁えのある大人なら誰だって分かっているに決まっていることを無視する朝日の人間は頭にウジ虫が湧いているに違いない。
さらば小泉純一郎 (陽吉良景)
2006-02-03 18:42:25
小泉首相は今日昼の記者会見で「有識者会議は皇族の意向を聞いているのか」という質問に対して、「(皇室典範に関する)有識者会議で聞いていると思う。直接じゃなくても反対論、賛成論踏まえて」(日経新聞・首相動静)と発言しましたが、これはおかしい。



皇室典範に関する有識者会議の第3回と第13回の会議録では、「皇族の意向を聞くことはできない」と記されています。また雑誌が会議のメンバーにしたインタビューにおいて、そのメンバーは「みんな皇族の意見が聞きたかった、宮内庁長官が発言すればそれは皇族の意向と言うことになるが、幸いそのような機会はなかった」と言ったとしています。



さらに寛仁親王が女系反対を障害者団体の会報で発表したことに対し、吉川座長は「どうということはない。皇族の意見を聞くことは憲法違反。」と発言しています。これに対して小泉首相は「そんなことはない、誰であれ意見は聞くべき」というように発言しており、有識者会議が皇族の意向を排除して審議をしたことは知っているはずです。



このように、有識者会議は皇族の意向を聞かないで審議を進めたことは明白です。むしろ産経新聞の「正論」で櫻田淳氏が書いていたように、歴史について素人の人間を集めて、皇族の意向を聞かずに議論することによって、現在のノンポリの日本人の平均的な意見を集約させることがこの会議の目的だったのではないでしょうか?にもかかわらず、今になって小泉首相が「有識者会議は皇族の意向は聞いたはず」と推測で話をするのはおかしい。



また小泉首相は「賛成、反対を踏まえての結論だ」と言ったと報道されていますが、これもおかしい。



三笠宮一家は反対なので、これは陛下・皇太子・秋篠宮・常陸宮のいずれかが母系に賛成であることを匂わす内容になります。整理しますと、



(1)天皇陛下の意向を聞いたのだとしたら、有識者会議は憲法違反を犯したことになります。

(2)陛下以外の直系皇族の誰かが発言されたのだとしたら、誰であるかを出すべきです。それならばその皇族の責任ある発言として我々国民はそれを尊重しなければいけないでしょう。それなしに、「誰かが女系に賛成していたのかもしれないよ」、と皇族の意向をちらつかせて国会を動かそうとするのは民主主義を破壊する暴挙です。誰の発言か確かめることができないのではまさに「風説の流布」に他なりません。この先総理大臣は皇族の意向を仄めかして国会に影響力を発揮することができるようになります。



小泉総理は一流の策謀のつもりもしれませんが、今日の総理の発言が破綻していることはちょっと考えれば誰でも思いつきます。総理は有識者会議の報告を全く読んでいないことが分かります。また明らかに国民の知的水準をなめています。これで三笠宮以外の皇族は賛成しているのだと思いこませることはできると思っているわけです。なめるだけならともかく、民主制を破壊しようとしています。



さすがに今回の発言で愛想が尽きました。たとえ皇室典範の改定案が今国会で成立しなかったとしても、私は今後小泉総理を支持しません。まことに残念です。
高貴な方は表\明はしないだろうと存じます (トントン)
2006-02-03 19:32:49
先日は失礼しました。決めつけのつもりではなく感じたことをコメントしました。 あの時に私がもう見たくないと感じた心境と同じような社説になっていたんですね。 寛仁様は一度ならず記事になる発言をされました。一度で考えは公表\され、国民はそれを知りました。その上更にご両親のことまで持ち出されました。これ以上伺いたくないと思う気持ちは、一般国民としてはあたりまえではありませんか? 今日、ふと感じて、昭憲皇太后を検索したところ、もはやそこまで!と思う中傷記事を読むはめに陥りました。だから、もう一般人がうんぬんするのはもちろん、マスコミがあれこれ言う筋合いのものではないと強く思いました。 群書類従の系図を見ればいいのでしょうが、手間をとる時間はないので、反論はしませんでしたが。 先の反対決起集会の発言の中にも、種と畑とかという卑しい言葉や、小泉改革の今だから反対という政争の手段としての発言もあったようですね。 不遜な一般人になってはいけないと思います。また、素人有識者といいますが、一般人よりはずっと皇室典範を研究された方々だと思いますよ。あの高崎経済大助教授の方も入っておられるようですから、偏りなく意見は交わされた上での意見書だと思っています。新聞掲載された本文も、明確でした。
Unknown (陽吉良景)
2006-02-03 19:50:24
私も、理想論としては、皇室典範はなくしてしまって「皇太子は当代が指名する」の一言だけでよいと思っています。



天皇が人事不承の場合は摂政で、摂政がいなくて天皇が決められない場合は皇族会議かな。でもその皇族会議は今の皇族会議ではなくて、純粋に皇族だけの会議です。



今日の昼の首相発言は民主制を破壊する発言です。これは重大です。
民主制の破壊? (トーマス)
2006-02-03 20:38:21
陽吉良景様へ



今回の小泉総理の発言は、確かに不見識という非難を避けられないと思います。

しかし、現時点において小泉総理は国会の決議を通して皇室典範を改正しようとしているのですから、「民主制の破壊」というのは明らかに言いがかりでしょう。



あと皇室典範の廃止についても反対です。天皇、もしくは摂政による指名、それがない場合は、皇族会議で後継者を決めればよいとのお考えですが、南北朝のように後継者を巡るお家騒動が起こる可能性があります。もしそのような事態に陥れば、天皇の権威の失墜は免れないでしょうし、最悪の場合、天皇制の廃止という事態に至る危険性があります。

徳川家康が長子相続という原則を打ち立てたように、皇位継承についても皇室典範という形で原則を打ち立てる必要があります。
おじゃまします。 (super_x)
2006-02-03 23:36:02
朝日って、こんな事しかできないんでしょう。

って、当ブログは怒られてしまいましたが…

いう事で、首を締めるトコが朝日の得意技ってとこですかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇位継承問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

[雑記][時事] 平成の和気清麻呂は国民自身 (もののふのこころ)
諸君3月号の田中(卓)論文を読んでみました. 専門外なので氏の引用した史料等の妥当性については何も言えませんが,ロジックは明らかに結論ありきのこじつけの類でした.しかも,何故悪いと逆ギレ? その結論とは”愛子内親王を女帝にすること”です. 前半から中盤に
■当事者の発言を制する「報道機関」とは (【音静庵】)
<div class=\"divtxt\">朝日新聞様は、とうとう、自分の馘を締める言動にでなさったみたいですね。 自分の意に添わない発言を制しようとなさるとは。 朝日新聞も、ここまで落ちました...
産経GJ!! 【主張】「言論封じ」こそ控えては (まいっちん愚ログ)
昨日の朝ピー新聞の斜説には正直度肝を抜かれました。{/hiyob_hat/} ■【斜説】寛仁さま 発言はもう控えては いやいや、言論を糧としている新聞社が、皇族の言論を封じようとする文章を、「社説」として書いてくるとは一体どういうことなんやろか?と。 今までもさんざん
皇室典範の改悪に反対する全国のイベント (楯追人.Blog)
女系天皇反対を表明されているブログに送らせて頂いてます。 全国のイベント日程です。
節分の掛け声は… (SUPER-X.COM)
こんばんわ、super_xです。 怒られてから一発目ですが… 本日は、節分。 豆を撒いたり、太巻きを一気食いすることで、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという日である。 さて、豆まきのときの掛け声は「鬼は外、福は内」だが… 先日終わった「仮面ライダー響鬼」も、
紀子さま 御懐妊 (日付のある紙片)
NHKニュース速報 秋篠宮紀子さま ご懐妊。 おめでとうございます。 男児がお生