玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

あるブログの終焉

2007年11月09日 | ネット・ブログ論
ネットの片隅での小事件。

はてなブックマーク - ある個人史の終焉 - after game over

heartbreaking. 「子供が産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだけの男女を無気力にさせているか少しは考えろ
はてなブックマーク - heartbreaking. 「子供が産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだけの男女を無気力にさせているか少しは考えろ

はてなブックマーク - hello goodbye - after game over
はてなブックマーク - ブログログ復元 - after game over
はてなブックマーク - ログ復元に関して実際にはまだうだうだと悩んでいる話 - after game over
はてなブックマーク - 今のもんもんを、正直に書いてみる - after game over

書き手に「読者に読ませない権利」はあるのか - TERRAZINE
「自分の痛み」を「みんなの痛み」に置き換えて罵倒しても「自分の痛み」は消せやしないよ - NC-15



発端となった「ある個人史の終焉」を含めて「after game over」ブログは削除されている。「はてなブックマーク」のコメントや関係記事からどんなものだったか想像してもらうしかない。

「ある個人史の終焉」について特に感想はない。
どうしても何か言えといわれれば「おめでとうございます、お子さんと奥さんを幸せにしてあげてください」くらいか。文章を書いたご本人、つまりidiotape氏について特に幸せを願うことはない。私はこの手の村上春樹もどきの小綺麗な文章が嫌いなのである。「名文だ」「感動した」と涙を流さんばかりの読者の反応には異様なものを感じた。「鏡の法則」とそれに感動する人たちを思い出してしまった。
みんなそんなに「いい話」が好きなのか?
どれだけ甘いものに飢えてるんだ?
本当はカロリー過剰で糖尿病気味じゃないのか?

「heartbreaking. 「子供が産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだけの男女を無気力にさせているか少しは考えろ」についてはいろいろ思うところもあるけれどうまく書けない。私は hashigotan には幸せになってほしいと願う。muffdivingさんがぶっきらぼうだけど温かい言葉を書いてくれている。

hashigotanの悲鳴(批判と呼ぶには悲痛すぎる)を聞かされた後のidiotape氏の対処は立派だった。あるいはたいへん醜悪だった。
どちらの見方をとるかはその人の考え方による。私は言うまでもなく後者である。
小沢一郎じゃあるまいし、「消します」「みなさんが惜しんでくれたから戻しました」「でも本当は悩んでます」そして結局はブログ削除というのはどうなのか。ブログを書くのも消すのも本人の勝手だが、正直言って呆れた。どれだけ自意識過剰なのか、「誠実で傷つきやすい自分」を演じるのが好きなのか。私はこういう人を信用しない。

文章がとんでもなく上手で、「誠実」な「いい人」の俗物がネットから消えて私はせいせいしている。


最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (有芝まはる(ry)
2007-11-09 21:25:26
私が玄倉川の岸辺というブログ(或いはb:id:kurokuragawa)に関して常日頃思ってるのは
「言葉を選んで書く」
ということに割と気を遣われている、という印象です。少々口汚い言葉を選んでても、細かいところで論旨の破綻を防ごうとする意思が見て取れると言うか。その意味では、非常に気を悪くされるかも知れませんが、idiotape氏と通じる部分のある人、という印象を持っているのですよね。
そんなゲンクラさんにしては言葉を余り選ばずにDisっておられるなぁ、という意味で
「らしくないエントリ」
という感想を抱きました。まぁ普段言葉を選んでる人がある種冷静さを欠くのもブログのある種の醍醐味と言えばそうでしょうし、冷静さを欠いているように見えるからこそ情感的には伝わってくるものがあるエントリでもあったのですが。
Unknown (mrcms)
2007-11-10 07:26:25
私は、久々の「玄倉川」節が聞けたな、と嬉しい気持ちになったよ。あの頃が戻ったようだ、ということではないけど。

「嫁が、夫が」などと配偶者を文中に出す人が一般人ならまだいいけどね。アルファブロガーと称される人々の中にも居るわけで。個人的にそういう人の意見は信用しないことにしている(平常心下での意見とは捉えないということ)。
Unknown (Unknown)
2007-11-10 07:41:24
「ある個人史の終焉」ての見たけど、冗談抜きで3行以上読む気がしない

hashigotanはどんだけガラスのハートだよって感じ
hashigotanに声をかけるとすれば、こんな奴の嫁さん不細工に決まってんだろって言いたい
Unknown (KAZ)
2007-11-10 12:54:54
人間って、まあその程度の認識があれば
大抵の事はblogに書くほどの事もない出来事
世間ではよくあること
こんにちは (hashigotan)
2007-11-10 14:21:17
個人的な話ですが、私が男だった頃にボソッとブクマでDisっていただいてちょっと苦手意識持ってましたが、だんだん興味を持って実は見てました(あの頃の私は確かに気色悪かったと思います。。
kurokuragawaさんが時々除かせる人間らしい感情はとても魅力的だと感じています。
私も小沢さんが日本を駄目にしてしまうんじゃないかと危惧しています(関係ないけど小沢さんの顔も、あの怠慢な態度も嫌いです)。
鏡・自意識 (straymind)
2007-11-10 18:02:02
鏡の法則の時もそうでしたけど、一つの文章にたくさんの賛意が付く→誰かがそれは違うと言う→そういう物言いを許さないor無視するみたいな流れができる→いろいろ議論があって時間とともに元文章の書き手に対する胡散臭さが表面化してくる。
同じですね。懐かしい感じがしました。
Unknown (Unknown)
2007-11-10 18:51:20
何を好こうが嫌おうがどうでもいいんですが、
感情の吐露だけで互いに言い争っている構図は実に馬鹿馬鹿しく感じられます。
Unknown (Unknown)
2007-11-11 01:32:09
> みんなそんなに「いい話」が好きなのか?
嫌いな人がいる分だけ、好きな人もいる。
blogには、偏向的な肯定コメントしか書かれない傾向がある。

それだけのことです。
それが解ってないなら、人blogの批判はしない方がよいのでは。
ドーナツ屋の行列 (玄倉川)
2007-11-11 19:03:51
みなさんコメントありがとうございます。

>有芝まはる(ryさん
私は臆病者なので、今回のように特定の人を批判する場合は特に言葉を選んだつもりです。本当はこの3倍ほど罵倒したかったのですが「罵倒を芸として読ませる」ためにはNC-15のmuffdivingさんのような才能が必要で、自分にはそれがありません。

>mrcmsさん
家庭のことを書く、ほのぼのと、あるいは私小説風に気取って書く。これだけなら何の問題もありません。私の気に触ったのは、idiotape氏の語り口が「誠実さの衣をまぶした武勇伝」になっていったからです。以前にも「体験談と武勇伝」に書きましたが、私は武勇伝アレルギーなのです。

>Unknown 11-10 07:41:24 さん
私も飛ばし読みしました。

>KAZさん
そうですね。

>hashigotan
いろいろ大変そうですが、今回の騒ぎはhashigotanがhashigotan自身のために起こしたものですから、いろいろな反応を受け止めて糧にしてくれることを望みます。もっと強くもっとクールなhashigotanを見たいです。

>straymindさん
私は小泉ファンですが、「小泉なんて大嫌いだ」という人(たくさんいます)に怒りを覚えることはありません。好き嫌いはそれこそ個人の勝手ですから。

>Unknown 11-10 18:51:20 さん
おっしゃるとおりです。
私もムカムカを吐き出してすっきりした後で「つまらないことをしたものだ」と思ってます。

>Unknown 11-11 01:32:09
今回の騒ぎは「ドーナツ屋の行列」かもしれません。
スイーツ(笑)を憎むhashigotanが乱入し私は「こんなまずいドーナツに並ぶなんてどうかしてる」と叫びました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。