玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋はイナゴの季節

2006年09月08日 | 日々思うことなど
8月下旬からの(google検索ヒット数における)ネットイナゴの増殖に実感を与える出来事だ。

乙武洋匡公式サイト : 紀子さま出産
    はてなブックマーク - 乙武洋匡公式サイト : 紀子さま出産

乙武洋匡公式サイト: 深くお詫びします
    はてなブックマーク - 乙武洋匡公式サイト: 深くお詫びします

rocketdolphinの日記 - チャネラー火病で乙武洋匡さんのブログが炎上
    はてなブックマーク - rocketdolphinの日記 - チャネラー火病で乙武洋匡さんのブログが炎上

「炎上」のきっかけになった乙武氏の文章「紀子さま出産」はたしかに言葉が足りなかった。
世間は昨日から「めでたい、めでたい」と騒いでるけど……




ひとつの命が誕生したことがめでたいの?




それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの?



どちらにしても。


これで、また大事な議論は先送りにされてしまうんだろうなあ…。


これではまるで乙武氏が親王のご誕生を喜んでいないように読めてしまう。ブログ読者のすべてが彼の人となりを知っているわけではない。
だが、乙武氏が誕生したときのエピソードを知っていればそれが誤解なのは明らかだ。私は「それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの? 」の次の行に「それとも誕生した命が「五体満足だったから」めでたいの?」という文章を想像してしまった。
「その瞬間」は、意外な形で迎えられた。「かわいい」母の口をついて出てきた言葉は、そこに居合わせた人々の予期に反するものだった。泣き出し、取り乱してしまうかもしれない。気を失い、倒れ込んでしまうかもしれない。そういった心配は、すべて杞憂に終わった。自分のお腹を痛めて産んだ子どもに、1ヶ月間も会えなかったのだ。手足がないことへの驚きよりも、やっと我が子に会うことができた喜びが上回ったのだろう。- 生後1ヶ月、ようやくボクは「誕生」した。


「紀子さま出産」の真意を誤解して怒る読者はまだ責められないとしても、「深くお詫びします」が出た後に突撃して炎上させている手合いは愚かとしか言いようがない。
まず、今回、親王のご誕生を「めでたくない」と考えているように受け取られる文章を書いてしまったことを、深く、深く、反省しています。

むしろ、僕は親王のご誕生を「おめでたいこと」「よろこばしいこと」だと思っています。それは、性別の如何を問わず、ひとつの命が誕生したことを「よろこばしい」と思っているのです。


ところが、ご誕生を受けてのマスコミ報道や世論には、少なからず「男の子でよかった」という風潮が感じられました。そのことに、僕は抵抗を感じてしまったのです。

男であろうが、女であろうが、皇室であろうが、民間人であろうが、命の重さは等しく、尊ばれるもの。そう思っていた僕には、内親王がご誕生した時よりもはるかに舞い上がった今回の慶事ムードに違和感を覚えてしまったのです。


どんな命でも尊いはずだ。


その結論を急ぎすぎたあまり、ご誕生に対するよろこびの気持ちを欠いた表現となってしまいましたことを深くお詫びするとともに、みずからの文才のなさを恥ずかしく思うばかりです。


この文章を読んでそれでもまだ乙武氏に罵声を浴びせている連中はいったい何を考えているのだろう。絶望的に読解力が不足しているのか、それとも単に乙武氏が嫌いなのか、あるいは「皇嗣子誕生にイチャモンをつけたサヨク」を憎むネット右翼なのか。
私には彼らこそ「親王ご誕生の喜びに泥を塗る大馬鹿者ども」としか思えない。
ジャンル:
ブログ
コメント (15)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私にとってSEOとは何か・その2 | トップ | 総裁候補月旦 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせていただきました。 (ちさと)
2006-09-08 20:25:18
初めまして、ちさと。と言います。

乙武さんのブログ炎上は、読んでいて私も不快な気分になりました。



TBさせていただきます。
最後の一文 (本城右京)
2006-09-08 22:04:43
…至極同感です(笑)。泥を塗るどころか、

私は“不敬”極まりないものだと思います。



やはり、ああいう連中は右翼でもなんでもなく

ストレス発散というか、いたずらというか…

まあ、とにかく「主義・主張などない、

それも集団心理に毒された個々の集まりで、

いわば“旧ユーゴスラビア連邦”だな」

という印象をさらに強めるには十分でした。
でも (Bar)
2006-09-08 23:23:08
>やはり、ああいう連中は右翼でもなんでもなく

>ストレス発散というか、いたずらというか…



でも、それに大義名分を与えて土台となる風潮をつくってるのは右翼だわね。

乙武氏 (Baatarism)
2006-09-09 00:03:46
何年か前、乙武氏は2ちゃんねるでとてつもないバッシングを受けてましたからね。2ちゃんねるの歴史の中でも、あのバッシングは一番ひどかったと思います。乙武氏はそれに耐え抜いた人です。あれは本当に偉かったと思います。

イナゴ達の攻撃をものともしない乙武氏の姿に、イナゴ達の神経を逆なでする何かがあるのかもしれませんね。w
きっこの存在 (Scott)
2006-09-09 00:59:08
>イナゴ達の神経を逆なでする何か



今あぁいうコメントをすると、「きっこのアレ」がかぶって見える、というのがあるんじゃないかと推測します。きっこのような、本当に紛れも無い罵詈雑言を人の誕生に浴びせる人の存在がこういうのを複雑化しているような。
Unknown (雪斎)
2006-09-09 01:19:49
 至極、真っ当なご議論です。

 こういう手合いを見ると、どうしょうもないなといもいます。

 拙者も書きましたが、「他人を平然と罵っている連中こそ、主観的には愛国者、客観的には亡国の徒」だと思います。「広く会議を興し万機公論に決すべし」。この言葉を、どう心得ているのでしょう。

 勿論、他人に噛み付く言論が「公論」ではありませんね。
ルール作り (straymind)
2006-09-09 08:41:11
 乙武氏の場合はきっかけエントリと謝罪エントリを(凍結ではなく)放置とし、食い荒らされるに任せて晒すべき。温泉卵騒動の対応のように、炎上エントリには手をつけず(放置)、イナゴが飛び火する場合は力業で削除というスタンスが良いかと思います。

 なぜなら、「イナゴ」がイナゴ行動を取った時点で「発言者としてのRights」を放棄したと見なせますから、個々に応答する義務も無いと言えます。

 間違っても「ネットイナゴ」=「世間・世論」だと勘違いしないことが重要でしょう。
Unknown (LSTY)
2006-09-09 09:29:57
 あと「俺はこんな所でくすぶってるのに、身体障害者のくせに脚光を浴びやがって」と思ってる馬鹿も多いようですね、コメント欄を見てると。

 そういう意味では、半熟男の炎上よりも問題が複雑というか。
コメントありがとうございます (玄倉川)
2006-09-09 19:59:29
>ちさとさん

こちらこそはじめまして。

「正義」をふりかざす愉快犯は歯止めが効かなくて恐ろしいですね。



>本城右京さん

40年前に「プチブル」を吊るし上げていたのと同じ種類の連中でしょう。



>Barさん

「大義名分」は右翼の責任かもしれませんが、「土台」はもとから存在した彼らの素朴な正義感だと思いますよ。



>Baatarismさん

2ちゃんの乙武叩きスレは見てませんが、乙武氏の「自分の慢心を叩いてくれるのはありがたい(大意)」という文章は読みました。たいへん感心しました。



>Scottさん

きっこがイナゴにたかられてもまったく同情しません。あれは下品な罵倒、あるいは呪詛でしかありませんから。

乙武氏の文章は違います。もし乙武氏がきっこのとばっちりを食らったのであれば本当に気の毒です。



>雪斎さん

だんだん中国や韓国の「愛国者」の醜態を他人事と笑えなくなってきました。



>straymindさん

いちど猖獗したイナゴを退治するのはたいへんです。



>LSTYさん

本音と恥知らずの区別ができない馬鹿が多すぎて情けないです。
Unknown (Scott)
2006-09-10 00:22:35
>もし乙武氏がきっこのとばっちりを食らったのであれば本当に気の毒です。



同意です。

きっこの件と乙武氏の件を並べて挙げるレスが散見されるので、乙武氏がとばっちりを喰らった可能性を捨てきれないでいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々思うことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

乙武さんのブログが炎上 (ちさと通信)
「五体不満足」で有名な著者の乙武洋匡さんのブログが、紀子様の男児出産に関する記事を載せたところ、非難のコメントが集中してます。 問題のブログはこちらです。 その後、謝罪文を載せています。 この件に関して言いたい。 乙武さんは、紀子様のご出産はめ ...
【乙武君】これは『炎上』なんかじゃなくて『放火』だろ【負けるな】 (京さん党宣言)
 秋篠宮妃紀子さまの出産で、世の中祝賀ムードになってるのは、まぁ知り合いの出産を一緒になって喜びたいっていう感情の表出としてごく普通の現象だとは思う。とにもかくにも有名人なわけだし。 どんな人であれ子供を無事出産したっていうことはメデタイことだ ...
個人は、個人にとって平等ではない (実験場)
人類は平等である。 それは、法の上での話にすぎない。 個人が、ある個人と他の個人とを区別して扱っても何も問題はない。 友人と見知らぬ他人を同様に扱う人などいるはずがないのだ。 個人の個人に対する扱いにおいて、人は平等ではない。 >男であろう ...
説明が必要なところを「前提」とする姿勢に対する嫌悪感 (できるだけごまかさないで考えてみる)
 2chは関心のあるテーマがない限りはほとんど見ていないのだが、新宮様ご誕生に関して、「きっこのブログ」と「乙武洋匡オフィシャルサイト(のブログ部分)」が炎上しているとのこと。「きっこのブログ」の方は、当該記事を「公開の順番を間違えた」という理 ...
[Text]乙武ブログ炎上で思ったこと。 (NC-15)
乙武氏のブログが物凄い勢いで炎上している。 流れについては、このまとめを見ていただくといい。 ■[ニュース速報]チャネラー火病で乙武洋匡さんのブログが炎上 http://d.hatena.ne.jp/rocketdolphin/20060908/p1  基本的に昔の炎上は、炎上するブログがバカな ...
乙武洋匡公式サイトの件 (Voice of Stone)
乙武氏の文章は「ある生誕を特別視すること」への疑問にすぎない。.. 様々な差別の根元には「天皇」の存在がある。確信的な右翼はともかく、無邪気に騒いでいる人達はそのことをよく考える必要があるだろう。
[日記]「ネットイナゴ」の読解力 (Dancin’ in the Dark)
乙武氏のブログが炎上している件について。 まず始めに、多くのコメントのうち、乙武氏を中傷するような内容のものは全くよくない。また、内容が仮にまともなものであったとしても、この状況でコメント欄に相乗りするのは「炎上」状態の演出に一役買っているわけ ...
乙武さんはなぜ謝罪したのだろう (もじもじスケッチ)
乙武洋匡さん:ブログ“炎上”紀子さまご出産への言及で 「五体不満足」などの著書で