玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パーフェクトより凄い

2007年11月02日 | 日々思うことなど
私は野球に興味がない。
なにしろ最後に印象に残ってるのは原の引退セレモニーである。特にファンじゃなかったけど(というか悪口ばかり言ってた)彼が引退したのは寂しかった。
そんな私でも日本シリーズでパーフェクトゲームが達成されそうだったと聞けばちょっと興味を引かれる。打たれて記録が途切れたのなら仕方ないが、大記録が幻になったのは継投のためと知れば大変もったいない感じがする。
山井投手の「幻のパーフェクトゲーム」について書かれた記事をいくつか読んだ。

肯定派

  中日山井大介投手交替について - [重]塾講師のつぶやき

  不倒城: 皆さん、山井の希望も聞いてあげてください(><)

  やくみつると佐々木信也はいますぐ首を吊って死んでください。 - How Does It Feel To Feel ?

  にわか日ハムファンのブログ 敗軍のファン、用兵を語る


批判派

  404 Blog Not Found:君たちは野球の何を見ているんだい?

  落合博満の“オレ流”完全試合潰しに抗議する / ハチシロ(ハチミツとシロツメクサ)

  落合采配に玉木氏も激怒「中日新聞への寄稿やめる」 - MSN産経ニュース


どちらかといえば自分は肯定派に入る。肯定・否定の割合で言えば6:4くらい。
仮に中日が三勝三敗の状況であれば「交代は当然」、三勝二敗なら「交代やむなし」。今回は三勝一敗なので悩むところだが、目の前に「53年ぶりの日本一」が手の届く状況で自分だったらどうするだろうか。簡単には決められない。だから当事者の決断を尊重する。
昔から落合を尊敬して、というとちょっと大げさだが、孤高の域に達した人と認めていたから「オレ流(非情の・非常識な)采配」にも納得してしまう。
もちろん山井投手の決断も凄い。

中日スポーツ:山井にナゴヤ心酔! 圧投24アウト:ドラニュース(CHUNICHI Web)
 胴上げ、そして前人未到の快挙まであと3人。異様な緊張感が覆うナゴヤドームの一塁側ベンチ。山井は決断した。「代わります」。8回までパーフェクト。ベンチに戻り、森バッテリーチーフコーチに「体力的にどうだ」と聞かれ、降板を申し出た。

 日本シリーズの胴上げ完全試合。未来永劫(えいごう)現れることのなさそうな大記録も、欲はなかった。「個人の記録とかは、この試合に限ってはどうでもいいと思っていた。4回にマメがつぶれたのもあったし、握力的にも落ちていた。それに最後は岩瀬さんに投げてほしいという気持ちがあったので、代わりますと言いました」


本当の気持は彼自身にしかわからない。
この場面で「最後まで投げます」と言えば投げられただろうし、仮に打たれたとしても誰も責めなかっただろう。
それでもチームの勝利のため総合的に判断し自ら降板を決意したのだとすれば本当に凄い。「立派だ」とか「見習いたい」とか簡単には言えないけどとにかく凄い。私心を捨てる見事さというかファンの期待を裏切る小心さというか、あまりにも常人離れしている。ドイツで三億円の宝くじに当たったのに受け取りを拒否した男性がいたが、山井投手と対談したら気が合いそうである。

「パーフェクトを見たかったのに!」と怒っているファンの方々に対しては、気持は分かるけれどもうすこし落ち着いたらどうかと言いたい。
野球ファンでない私がこの「事件」に興味を持ったのは「目の前のパーフェクトをを幻にする決断」の凄さに感嘆したからである。もし単なるパーフェクトゲーム(というと語弊があるが完全試合の価値を貶めるつもりはない)であればそれこそ「単なる記録」として聞き流しただろう。
世の中には「パーフェクトゲームはすばらしい」と思うだけではなく「パーフェクトゲームを幻にする決断ができる人間がいることが凄い」「それほどまでに日本シリーズ優勝に価値があるとは」「野球というのは表層的なお祭り騒ぎじゃなくて奥深いスポーツなんだ」と感心する私のような人間もいる。

コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 給油継続だっちゅーの | トップ | ある切れ者の最期 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (盛の石松)
2007-11-02 20:52:11
山井投手の「目の前のパーフェクトを幻にする決断」の凄さ、に着目されたとは。長年のドラゴンズファンなので、落合決断の是非を問う(というか、マスコミづきあいの悪い落合批判へと誘導して着火させたい)マスコミの思惑にはうんざりしていたところです。玄倉川様の素晴らしい視点に目からウロコが落ちました。多面的な見方が大事と言われていますが、なかなかできにくいものです。ありがとうございました。
Unknown (wanriba)
2007-11-03 01:31:46
最後のあたり、すごく共感します。
落合監督がやらなきゃいけない重大な義務を放棄したかのように怒ってる人を見ると、野球ファンの中にはそういう風に思っている人たちがいるんだぁ・・・・なんか凄いなぁ。って感じです。
Unknown (kuma)
2007-11-03 01:52:03
あの時点で続投と継投、どちらが楽な判断かといえば、それはもう間違いなく続投ですよね。
仮に続投させて同点ホームランを打たれ、試合に負けたとしても、「あの場面で継投は仕方ない」という同情の方が多いでしょう。
しかし、もし継投させたことで試合に負けていたら・・・。これはもう全ての人間から批判されて当然の状況になっていたに違いありません。
批判を恐れず勝利を掴むための指揮官として決断を下した落合監督は、立派に責務を果たしたと思います。
Unknown (kuma)
2007-11-03 01:54:54
↑済みません
>「あの場面で続投は仕方ない」
です。済みません。
そんなに「凄い」かな (kazu-ct)
2007-11-03 21:06:02
ライブなものですから、試合の当座は「見たかったのに!」と「落ち着かない」声が高いのは仕方ないと思いますよ。で、この問題はそれ(見たかったのに!)に尽きると思います。
落合監督が勝利を最優先した采配をして、それで岩瀬投入というのは実にリーズナブルなもので、その意味で批判の余地はないでしょう。
批判派の立場とは、「そこまでして勝ちたいのかよ。事ここに至ったら、この試合で勝つ勝たないは二の次だろ。俺らの見たいものを見せろ」という意味だと思います。

山井投手が降りる決断をしたのは、単にチキンだからというふうに見える一方で、勝負どころで逃げる投手というのも結構いますので、「常人離れしている」という感じも私はしませんでした。
3点くらい差がついていれば、 (uNKNOWN)
2007-11-04 02:31:04
……落合も続投を指示したでしょう。
でも、1点差。一発で日本一が逃げる。第6戦からは札幌。
継投策は(残念ではあるけど)尊重されるべき決断じゃないかと。

余談ですが、スポーツによっては「終盤の攻撃時間を確保するために“わざと逆転される”」という、これまたスゴイ決断が行われることがあります。
この辺の判断は誰が何と言おうが、監督の専権事項ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々思うことなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

中日ドラゴンズ、日本一 (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
プロ野球の第58回日本シリーズは1日、ナゴヤドームで第5戦を行ない、中日ドラゴンズが1-0で北海道日本ハム・ファイターズに勝ち、第2戦から4連勝で対戦成績を4勝1敗とし、1954年以来、53年ぶり2度目の日本一となりました。 ***♪思い入れがいっぱい♪ 古い優勝の後に ...