玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さもしい金持ち

2008年12月07日 | 政治・外交
ホンダのF1撤退について書くつもりだったけれど、妙にムカつくニュースがあったのでそちらから。
ちなみに、ホンダの撤退には別に怒ってません。

「さもしく1万2千円欲しい人も…」定額給付金で首相発言 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 麻生首相は6日夜、長崎県諫早市で自民党長崎県連が主催した首相の演説会で演説し、追加景気対策の柱である定額給付金について、「貧しい人には全世帯に渡すが、『私はそんな金をもらいたくない』という人はもらわなきゃいい。(年収が)1億円あっても、さもしく1万2000円が欲しいという人もいるかもしれない。それは哲学、矜恃(きょうじ)の問題で、それを調べて細かく(所得制限を)したら手間が大変だ」と語った。

 政府は所得制限を設けるかどうかで混乱した末、「年間所得1800万円が下限」という目安を示したが、受給辞退を呼びかけるかどうかは市区町村の判断に委ね、実質的に制限がない状態が見込まれている。それだけに、今回の首相の発言は波紋を広げそうだ。

なんだこれは。クリスマスも近いというのに余計に人をむかつかせやがって。
まったく腹が立つ、もういい加減にしてほしい。
…誤解しないでほしい、私が怒っているのは麻生総理ではなく読売新聞のほうである。

記事のタイトルに「(年収が)1億円あっても」を省いたこと、そして「波紋を広げそうだ」という騒ぎを期待する下衆な煽り。まったく低俗な記事だ。バー通い批判とか漢字が読めないとか、麻生総理に対してはくだらない難癖、ケチ付けが多かったけれどこの記事はいちばんひどい。

年収一億円の、どこからどう見てもまぎれもない金持ちが、巨額の財政赤字を抱えた国から支給される「1万2千円」のはした金(相対的に)をそのままポケットに入れる。辞退することもできるのにしない。それどころか「当然の権利だ」という顔をしている。
そういう光景を具体的に想像して、それでも「さもしくない」と言えるのか。はっきり言うけれど、これがさもしくなければ世の中にさもしさなど存在しない。金持ちであることは悪いことじゃない、むしろ立派なことだ。貧乏人(私自身を含めて)がつい金に細かく、さもしくなるのも仕方ない。だが「さもしい金持ち」は最悪である。

私はなにも「金持ちは公共サービスを利用するな」とは言わない。急病になれば救急車を呼べばいい、支払いに健康保険を使うのも当然だ。どちらも社会の基盤として広く利用されるためにある。金持ちが使っても後ろ指さされるいわれはない。
だが今議論されている定額給付金は違う。特別な状況で行われる特別な方法である。世界金融危機が世界的大不況につながるんじゃないか、絶対にそれは防がなければいけない、という状況で苦し紛れに行われるばら撒き政策だ。金持ちも貧乏人も「もらって当然」ではなく、「そこまでやらなきゃいけないのか、これは大変なことだ」と気を引き締めて受け取り(あるいは辞退し)、有効に使う義務のあるお金なのである。

私のように「1万2千円はちょっとした金額だ、けっこう使いでがある」と実感する人間(要するに貧乏人)は悪びれずに給付金をもらえばいい。景気をよくしたい、消費したいと思っても財布に金がなければできない。ない袖は振れないのだから、国から消費刺激のための金をもらって使うのはバトンの受け渡しのようなものだ。
だが「年収一億円」の金持ちは違う。彼(女)にとっての1万2千円は、年収300万円の人にとっての400円と同じ重さでしかない。貰っても貰わなくても大差ない、それどころか「貰うのに手間がかかるならいらないや」という程度のはした金だ。
政治の決定はどうなるか知らないが、私は断然「金持ちは定額給付金を辞退せよ」と主張する。そして、「金持ちなら社会に責任感を持て、景気を良くするために貢献しろ、ちゃんと自腹で金を使え」と要求する。
貧乏人や中産階級ならタクシー料金のお釣り400円をしっかり貰うのは恥ずかしくないが、金持ちなら「お釣りは要りません」と言ってすばやく降りるのが粋というものだ。金持ちが「さもしい奴」と軽蔑されたくなければ、金持ちらしく鷹揚に金を使ってほしい。


ついでだから定額給付金について言っておこう。
私は今のところ「大きな効果は見込めない、もっといい金の使い道があるんじゃないか」と思っている。だが、定額給付金というアイデアそれ自体が馬鹿げているとは思わない。アメリカでは以前から行われているそうだし、ドイツでも検討されている。
景気後退に歯止めがかからない状況の中、ドイツ政府が日本が進める定額給付金と同じようにばらまき型の「消費券」の配布計画を検討していることが明らかになった。総額は150億ユーロ(約1兆8千億円)に上るとみられる。25日付の経済紙ハンデルスブラットなどが報じた。

 同紙などによると、国内経済、個人消費を活性化させるために配布が検討されている消費券は、500ユーロ分。配布対象はサラリーマンなど約3千万人に上る。早ければ年明けにも詳細を決定する可能性があるという。

 独国内では政府が今月決めた一定期間にわたる自動車税免除などを含む総額500億ユーロに上る景気対策では不十分との声が一部で上がっていた。消費券は台湾がすでに配布を表明している。

asahi.com(朝日新聞社):バラマキ1.8兆円、ドイツでも「消費券」検討

大不況が心配されている現在の状況で、定額給付金というばら撒き政策(消費刺激策)は充分検討に値するし、実行されてもおかしくない。問題は期待された効果が上がるかどうかだ。10兆円ばら撒いても期待以上の効果が上がれば安いものだし、効果がなければ1兆円でも無駄になる。「バラマキだから無駄」ではなく、「効果がなければ無駄」なのである。
そこらへんのところがマスコミや世間では理解されてないように思う。「ばら撒きはよくない」という声ばかり大きくて「効果があるかどうか」検討されることは少ない。「ばら撒きそれ自体がよくない」と考える人は勝手に辞退してくれればいいのに、清貧を人に押し付けたがるのは困りものだ。

私は経済についての知識ゼロなので、実際のところ定額給付金にどれほどの景気刺激効果があるのかわからない。素人考えで言うと、実際の金額よりも心理的効果のほうが大きいだろうと思う。マスコミが好意的に報道し、国民が「消費意欲を高めないと不況になる、ちゃんとお金を使おう」と前向きに考えてくれたら給付金の効果は大きくなる。だが、現在のようにマスコミが細かいアラを見つけて(所得制限の有無など基本的にはどうでもいいことだ)足を引っ張り、世論も消費拡大より「冬篭り」を望んでいるような状況では大きな効果を望めないだろう。
定額給付金が失敗するとしたら(その可能性は高いと認めざるをえない)、「定額給付金自体が愚策だった」というより「愚策だ、ダメな政策だと悪口を言い続けたせいでダメになった」のだ。残念なことである。

参考記事
 「さもしい」と言う感性 - 生粋の気が向いたら書く日記

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「偽装認知」の怪 | トップ | 田母神「論文」と自衛隊幹部教育 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hagakurekakugo)
2008-12-08 01:20:44
給付金の効果としては、みずほ総合研究所による『定額減税・想定されるスケジュールと効果』というレポートが一番まとまってるんじゃないでしょうか。

http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/japan-insight/NKI080909.pdf

給付金ではなく、定額減税を前提としたレポートですけどね。
最初から貰う積もりアリマセン (フリテンの虎)
2008-12-08 15:48:08
「定額給付金」というの?
ボクは最初から貰う積もり、アリマセン。
太郎さんのいう通りです。
まあ貰って、寄付してもいいけど。喜んで、有意義に使って呉れるところはあるんだから。

ついでにいうと、「老齢年金」というのがあるね。
ボクはそれを辞退しようとしたんです。
丁度安倍首相の、年金問題が沸騰していた頃。65が近づいた。
社保事務所に電話しても、意味が通じない。ようやく意味が通じたら、そんなこと聞いたことない、やり方が分からない、という。結果、辞退には相当手間のかかる手続きが要ると分かりました。聞いただけで面倒くさくなった。そのうちに手続き期限が過ぎてしまい、いま、年に4回かな、入金しています。それをまた確定申告して納税する。ぐるぐる回る訳です。
ボクが社会保険事務所の女性(オバサン)に言ったのは、
「私は、出来ることなら、年金を貰わずに元気で働いて、生涯年金を貰わずにポックリいきたい。それが望みです。明日病気になるか知れないので、偉そうなこと、言えませんが」

年金問題なんか、みんなが元気で働けば、うんと改善されるのです。太郎さんの言っていることは正しいんですよ。これは弱者切り捨てと正反対なのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

【まとめ】麻生が首相になってやったもの (帝國ブログ)
麻生内閣のこれまでの仕事についてまとめて下さった方がいたので貼っておきます。 一応、見ている人は大いに見ているという証左になりはしないかと。 でき得る限り麻生首相と側近の方々に届くといいですね。     86 名前: らっきょう(京都府)[sage] 投...