玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

代理出産は「使い捨て出産労働」

2008年01月19日 | 代理出産問題
どうやら「代理出産」(私は寄生出産と呼ぶべきだと思っている)を原則的に禁止することを勧告する報告書が出るようだ。代理出産には重大な社会的・倫理的問題があると思ってきた(カテゴリ「代理出産問題」)私にとっては朗報である。

asahi.com:代理出産「依頼者も罰則」 学術会議報告案
 日本学術会議の「生殖補助医療の在り方検討委員会」(鴨下重彦委員長)は18日、代理出産を原則禁止したうえで、営利目的で行った場合、依頼者や実施した医師、仲介者に刑罰を科す法律をつくるべきだとする報告書案をまとめ、公表した。ただし、研究などで例外的に代理出産を認めることも検討課題として残した。

 委員会は、政府の依頼を受けて設置された。報告書案に対し、委員の中には異論もあり、3月末の最終報告まで議論を続ける。

 代理出産をめぐっては、日本産科婦人科学会が指針で禁止している。しかし、法律はなく、長野県内のクリニックで50代後半の女性が娘夫婦の子を代理出産したケースや、海外で依頼する例が明らかになっていた。

 タレントの向井亜紀さんと元プロレスラーの高田延彦さん夫妻が米国の女性に代理出産を依頼し、双子が生まれたが、東京都品川区が出生届を受理せず、訴訟になった。最高裁は昨年3月、民法上、夫婦との親子関係は認められないとの判決を出す一方、法整備の必要性を指摘していた。

 18日にあった委員会では、「遺伝的なつながりがない子宮の中で育つ子どもへの影響はどうなのか」「第三者の体を生殖の手段として使っていいか」など、解禁に慎重論が多く、原則禁止の方向でまとまった。

 さらに、学会の指針や国の行政指針では強制力がないことから、法整備の必要性を強調。営利目的での実施には、「依頼者のほか、あっせん仲介業者、妊娠に携わった医師を処罰の対象にすべきだ」との意見が大勢を占めた。日本人が、国外で実施するケースについても「処罰することになろう」としている。

 一方で、医師に罰則を科すことに、委員から「国民の意識調査で、半数が認めている行為を罰していいものか」と疑問の声もあった。

 また、子宮がない場合など、代理出産でしか血縁のある子を持てない女性もいる。「『産む権利』を、国として禁止していいのか」などの意見もある。将来、国の管理下で行う臨床研究のような形で例外的に実施し得るのかどうかなどを、今後の課題とした。

 委員会は3月末まで審議を継続し、国に最終報告する予定だ。法整備に向けた議論はその後、国会にゆだねられることになる。委員会のメンバーには「自分たちは考え方を示した。これからは国会が決めなければ、今回の報告も全く意味はなくなる」という声が多い。

 ただ、03年に厚生労働省の審議会が代理出産禁止の方針を打ち出した時は、国会で「一律に禁止していいものか」との異論が出て議論が進まず、うやむやになった経緯がある。

 今回も、与党議員の中には「個人の価値観で意見が分かれる事案で、法制化は容易ではない」「ねじれ国会で、どこまで議論にのぼるのか」の指摘もあり、法整備への道のりは不透明だ。


基本的に異論はないので、報告書案がそのまま学術会議の勧告となり国会で速やかに立法されることを望む。

記事中で気になったことが一つある。

子宮がない場合など、代理出産でしか血縁のある子を持てない女性もいる。「『産む権利』を、国として禁止していいのか」などの意見もある。

子供がほしくても自分で産めない女性はたしかにお気の毒だ。
だが代理出産は「産む権利」ではなく「他者に産ませる」ことである。依頼者側が「産む権利」を言うのはおかしい。
仮に「代理母志望」の女性たちが「自分以外の誰かの子供を産んであげる権利」を言うのであればわかるが、記事はそういう意味には読めない。あくまでも依頼者側の視点だ。

代理出産問題をめぐる報道や世論には朝日の記事に見られるような視点の偏りが多い。
代理出産を「させたい側」の意見や感情ばかりで、「引き受ける側」のことをほとんど無視している。
依頼者は身体的リスクを負わずに子供を手にする。
代理母は時に命の危険さえある出産リスクを冒すのに子供を抱くこともできない。

このごろ派遣労働とかワーキングプアといった問題が話題になる。
「企業が労働者を使い捨てにするのはよくない」というのが社会的コンセンサスのようだ。
それならなぜ代理出産を容認する世論が過半数を超えるのか。私には不思議でならない。
「代理出産」とは端的に言って依頼者が女性を「出産労働力」として使い捨てにすることだ。
子供という果実は依頼者が取り、代理母は身体的精神的負担を引き受けて自己満足を得る。
これが本当に正しいことなのか。美談としてもてはやしていいのか。

依頼者の欲望を「産む権利」と勘違いするのは、滑稽なだけでなく犯罪的な過ちである。


最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あべし)
2008-01-19 20:00:14
代理出産こそ本当の「産む機械」ですね。
広告の鉄則 (安部奈亮)
2008-01-20 18:52:22
 マスコミは「消費者を悪者にしない」という点では徹底しているんです。
向井亜紀の被害者は、逆らえば心中を持ちかけられる子供たち (blueskyblue)
2008-01-24 10:10:36
お久しぶりです。向井亜紀とかいう木っ端タレントの、怖気の立つような異常な主張を法で禁ずる時が来たようです。
もう、向井という文字を打つだけで不快感でいっぱいなのですが、あえて向井の異常性を世に知らしめる必要があると思いました。
あれだけ欲しがっていた子供を、代理母に産んでもらう前から「出生に不満を持ったら殺して山に埋める」と公言を繰り返しているような異常者です。しかもその主張は、「会いたかった」「プロポーズ」2冊の著書にも書かれています。
これがエゴでなくてなんなのでしょう。
子供を意のままにできなければ殺すと放言できるような輩だから、常軌を逸した言動を繰り返して恥じないのでしょう。
なぜもっと、子供と向き合い、愛し合ういうことができないのでしょう。

昨日は都内でも雪が降りました。こういう季節の移ろいを、しみじみと子供たちと分けあうことで、私は母としての幸せを感じました。
子供も、その友達も無邪気に雪遊びをしていて本当に可愛いと思いました。
親というものは、子供を産むだけではなく、守り育てていく義務を負います。それには、ただ都合のいいペットをかわいがるだけのような甘えは赦されません。
また、親としてだけではなく、他人の子供に対しても責任を負います。わが子だけでなく、子供の友達などの安全にも気を配り、「小さき者を守るべき保護者」としての役割も求められます。地域社会で子供を守ろうというのがそれです。
向井亜紀の対極に位置する方ですが、御夫婦ともに不妊で、幾人もの里子を育て続けている、坂本洋子さんという方がおられます。このように、子供を産んでいなくとも、母性に溢れた女性もいます。
向井亜紀のやっていることは、これらの、里子や養子を育てる方、そして育児に関わるすべての親、保護者を愚弄するものです。
向井は自分で子供を産んでいないのだから、あくまでも養母でしかありません。実母ではありえないのです。
最高裁の判決さえ否定し、挙げ句には子をモルモット、実験動物扱いにした言動は、狂気に歪んだ人のそれです。「家族のようなもの」という侮辱的な言動は、どうしてやめられないのでしょう。誰かのお墨付きがないと自信が持てないのか、国や司法や世間に甘えるのもいい加減にしろと言いたい。
なぜ、自分の身を盾にしてでも、子供達の安寧を守るという、母親として当たり前のことができないのでしょう。
自分で産んでいないという事以前に、このような人間が育児に関わっているということが情けなくてたまりません。
道案内 (玄倉川)
2008-01-24 20:05:41
blueskyblueさんこんにちは。

まず、日本学術会議の答申案が「代理出産禁止」の方向でまとまりそうなことを歓迎します。
blueskyblueさんをはじめとしてネットで「代理出産」の問題点を訴え、安易な容認ムードに警鐘を鳴らしたブロガーの力が学術会議の良識派の後押ししたものと思います。

さて、向井亜紀さんのことですが。
私は率直に言って彼女が苦手です。向井さんのブログを何度か読もうとしましたが、彼女の論理(?)がどうしても受け付けられずいつも途中で理解をあきらめました。学術会議に質問状を出すそうですが、あれを読まされる委員の方に同情します。

それはそれとして、私はblueskyblueさんのように向井亜紀という個人を批判するつもりは(今のところ)ありません。
世間で向井さんは「代理出産」のシンボルになっていますから、「向井問題」を批判することは「代理出産」容認ムードに水を差す効果を期待できます。ですが、「個人攻撃している」「ねたんでいる」「一部の問題を針小棒大に拡大している」といった誤解を招く可能性もあります。
私は「代理出産」批判においては個人名を出さず、「一般的な論理・道徳観に従って考えると社会的利益がマイナスになる」と主張しています。具体的に「敵」の顔が見えないので読者に訴える力は弱まりますが、私はそれでもいいと思ってます。
道案内に例えれば、曲がり角ごとにいちいち指示するよりも「地図の読み方」「目的にかなう道の選び方」を理解してもらうほうが結局は楽です。世間の「代理出産容認派」の人たちは、人道的な「目的地」は正しいのですが地図の読み方を知らず間違った道をたどっているように思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。