玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分のブログは見ない

2007年03月17日 | ネット・ブログ論
つまりこのブログのことですが。

もちろん全然見ないという訳じゃない。更新するときは見る。でも更新する気が起きないときはあまり見ない。だから自分のブログを見るのは三日から一週間に一度くらい。

PCの電源を入れブラウザを起動するとまずGoogle Newsで最新ニュースを確認。あとYahoo!ニュースとか。目ぼしいニュースを探すには「2ちゃんねる」ニュース速報+のチェックも欠かせない。
ニュース以外の巡回先スレッドももちろん読む。「運スレ」とか「市民運動観測所」とか軍事板とかその他たくさん。
次はRSSリーダーを起動して巡回先ブログをチェック。記事タイトルと概要で面白そうなのだけ選ぶけれど、それでも10本くらいは読むことになる。
もちろん「はてなブックマーク」も忘れてはいけない。注目エントリの閾値を3usersにしてあるのでずらっと並んだタイトルを見るのも楽じゃない。はてブの「お気に入り」に現在27人登録してあるのでこちらのチェックも大変だ。
健康な男性としては当然のことながら美しい・かわいい・あるいはエロい女性たちの画像も気になる。少なからぬ時間と手間を費やしてネットを渉猟し、ハードディスクからあふれんばかりの画像と映像を集めて、ろくに見やしない。まったく何やってるんだか。
最近のネットはストリーミング動画も充実している。GyaoやYahoo動画にはたまに掘り出し物がある。とりあえずGyaoの「シャーロック・ホームズの冒険」「名探偵ポアロ」を見ようと思っているがなかなか時間が取れない。
あとはWikipediaで調べ物をしたり(いつの間にかぜんぜん関係ない項目を読んでいることが多い)、Stage6やYoutubeで動画を探したり、気まぐれにネットサーフィン(死語?)を楽しんだり。
あれこれ目移りしているうちに時間はなくなり、自分のブログの存在を思い出すことさえ難しい。
ネットには自分のブログより面白い情報がたくさんありすぎる。

基本的にブログのコメント欄とトラックバックを解放しておきながら放置するのは良くない。
頂いたコメントやトラックバックを何日も見ないのは無責任というものだ。
それならなぜ毎日自分のブログを見て管理責任を果たさないのかといえば、これまで2年ほどブログをやってきて「自分のブログの読者は信頼できる」という実感があるからだ。「変なコメントはほとんど付かない」「コメント返しが遅れても気にしない寛容な方ばかり」という安心感というか甘えというか。
「こういうことを書くとヤバいかな、炎上するかも」とおそれながら書いた記事でも、意外なほど多くの読者が意図を読み取ってくださる。これには本当に感謝している。私自身のリテラシーは間違っても高くないが、「読者のリテラシーの高さ」はたいていのブログに負けないと自慢できる。

「自分のブログを見ない」のは私だけのことかと思ってたらそうでもないようだ。

CONCORDE: 自分のブログを自分は見ない

寄せられているトラックバックを見るかぎり「見ない」のは少数派らしい。なるほど。

そういえば、というか直接は関係ない話だが、多くの女性は(そして一部の男性も)毎日何十分も鏡を見て自分の姿に飽きることがないらしい。私は必要最低限、いやそれ以下しか見ない。たぶん一日に10秒ほど。だからときどき寝癖が付きっぱなしだったりヒゲを剃り残してたりする。実にみっともない。
「こんなことじゃダメだ」と思いながらやっぱり鏡が苦手なのは直らない。たぶん子供のころに読んだ星新一「鏡」と江戸川乱歩「鏡地獄」のせいだ。あと「鏡の国のアリス」も(ジャバウォッキー!)。
ときどき鏡を見て自分の姿を確認するのは必要だけど、鏡に魅入られるのは恐ろしい。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アメブロ芸能人・有名人ブロ... | トップ | 間違いだらけの「海外日本食... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tristar)
2007-03-18 20:27:15
トラックバック受領しました。

最終段の鏡の話に共感できてしまうところに「読む人と読まない人の差」の答えがあるような気もします。

もちろん文章を公開する時点では(自信まではなかなかですが)公開できるくらいには整ったと判断しているのですが、後々"オモテのデザイン"読み返すとなるとこっぱずかしい感情が出てきたり(苦笑)。

いつも作成には時間を掛ける(というか、掛かってしまう)ので、本当に伝えたかった部分はわりと憶えているのもあるのですが。
自分のブログは恥ずかしいです (玄倉川)
2007-03-19 19:05:33
Tristarさんこんばんは。
私の場合、自分のブログを読み返すと「手直ししたくなる」「いっそのこと取り消して一から書き直したくなる」ことがあって落ち着きません。どうせ書き直しても大して出来栄えが変りやしないので、イライラするだけ損です。だからますます自分のブログは見ないようになりました。
ときどきグーグルで検索してると自分の名前や文章がヒットすることがあって、わっと叫びたくなるほど恥ずかしい思いがします。
といって、「なるべくたくさんの読者に読んでほしい」という気持ちもあって、われながら複雑というか身勝手というか臆病というかなんというか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネット・ブログ論」カテゴリの最新記事