クロキライディング

いつだってバイク

2018春の一泊ツーリングー2

2018年05月12日 00時08分01秒 | ツーリング


昨夜の雷雨 朝の6時くらいまで雨が降っていたらしく

朝食の時間頃は当然まだまだ空の雲は厚く、周辺の道路もしっかりと濡れています。





それでもココはけっこうな山の中ですし天気予報は晴れ

出発の時間には空の雲も割れてきて、レインウエア着用の必要は無さそうなスタート。



少し走って江の川沿いに走るころにはこのとおり

ありがたいことにここ何年続いている、とくに2日目スタートの爽やかな天気と言ったらもう…



こちらは毎年並んで走る三江線 もうココを列車が走ることはないのでしょうけど

廃線になったことを受けてよくよく思い返してみるとこれまでの30年近く…そう言えば列車が走っているのを見たことありませんでしたね

よほど運行数が少なくて僕達が走る時間帯はなおさらだったのではないかと思います。



2日目スタート後しばらく走るとほぼ毎年走っているタイトなワインディングとなるのですが

毎年走りたくなるようなそれほどコンディションの良いルートではありません。

ただこれまでに20回以上も走っているのに対向車に出会ったのは僅かに数回

それでも地元の人達は確かに利用されているようで、走る気なくなるほどまでに荒れることもないという…楽しさとリスクと微妙なバランス

そんな難易度高いルートが今年はどうなっているのか…ちょっとふざけて確かめに行くようなものです。

毎回写真を取り忘れる 集中力を欠くことのできない朝の一発目

今年も楽しく完走しました。



それまでの険しさがウソのように視界が開けたり狭まったりまったく飽きることがありません

GWと言えども山陰の山間ルートはガラ空き。



あちこちにスキー場のあるエリア

冬場は除雪車でも入っていなければ通行できないのではないかというルートを登って登って下って下って





景色を見るというより曲がった道を見るのが楽しい

これでもカメラを片手に持っていないときはもっと良い景色を見ています 一瞬一瞬ですけど。



このあたりはスキーヤーでもあるF800S氏の誘導

美しく開けたパノラマの高原景色



そして利用できるトイレ (^_^;)





匹見を経由して「柿木村」



行きか帰りのどちらかで一度は利用する洋食レストラン

おじさんに成り果てて以降はお店で「ハンバーグくださ-い」とオーダーすることなんて無くなっているわけですが

2日間もバイクを楽しんで遊び疲れてこのようなお店にたどり着くと、これはもう迷わず自然に注文できるというものですよ。

年に一度だけここで食べたくなるのはボクだけではないはず (^.^)

「少し多めにしておきました」のライス これはもう大盛以上

また来年もここに来るルート決定。



ここまで来るともうさすがにおなじみのルート

津和野から阿武川ダム





かつては走り屋さんが往復して走っておられたのに

今はバイク…見えませんね。

山口県といえばアチラ方面に集中集合していらっしゃるんでしょう どうぞどうぞ。



そろそろ日も傾き始め 無事に帰ってこれた安堵とツーリングが終わってしまう寂しさ



いつもの「蛍街道西の市」

ツーリングは終わりですがまだまだ連休真っただ中

さすがに温泉施設のある道の駅

遠いナンバープレートの巨大なキャンピングカーを見上げてため息…


終わってみればまったく雨に降られることのなかった2日間

今回のツーリングもツイテましたね

こんなにクリアに走れるとは


ご参加の皆さんお疲れ様でした。







2日間の走行距離は700Km

距離はそれほどではありませんがルートが良かった

来年も新ルート見つかるかどうか自信ありません (^_^;)











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 練習会 | トップ | 早朝ツーリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事