クロキライディング

いつだってバイク

迷い道

2018年08月12日 23時35分46秒 | ツーリング


先日の台風通過のあと、朝晩幾分涼しくなったと思いきや

また暑さがもどってきましたね。



明け方はかなり曇っていてにわか雨も心配されましたが陽が高くなるにつれやっぱり強烈な陽射し。



今回 初めて萩の町に少しだけ踏みこんで新しいトイレ休憩場所として「陶芸の村公園」

ココのところ連続で新しくトイレとそこを絡めた新ルートを提供してくれているF800S氏の誘導で萩の町が見渡せる高台で休憩





今回はお盆休みだし少し遠くまで行くことにしていて、「道の駅 ハピネスふくえ」付近から「阿武川ダム湖」へ降りてくるというルート



僕は過去に(まだスマホなんて無くてGPSで自分の位置が確認できない頃)地図で見たままこのルートで阿武川ダムを目指し

道に迷ったことがあります。

地図のとおりに県道を道なりに進むのだけど気がつけば同じところに戻ってきている

あれ?ココさっき走ったよなぁ (*_*;

これを大きく2週も周回

そのうちガス欠の心配と時間切れで諦めて別ルートで帰ってはきましたが、どこでどう間違えたのか解決できずに今日まで…

その後しばらくしてこの話をお店で話したらまったく同じ不思議な体験をしていた人が他に二人

二人とも地元山口県と周辺各県の「道」にはかなり詳しい両人

そのうちひとりはF800S…(^_^;)

その彼と久しぶりにこの話題になって、この時代ですもちろん彼はどこで間違えるのか既に解決済みらしく

その紛らわしい分かれ道を見に行こうというのが今回の早朝ツーリングのテーマだと勝手に決め込んでいました。



ここですね 道なりならこれは真直ぐではないんですかね~

画像で見るより目立っていないこの脇道

地図どおり県道を進むなら左折 なんだそうです (^_^;)

その上、県道を表示するものがまったく無い

スピードもそこそこ乗るところなのでこれは気が付きませんね。

道なりのようで曲がったり、右左折のようで道なりだったり

まあ、地図を見ながら走っているとこんなことはよくあることですが

ここの場合は道を間違えていることに気付かせることなくもとの道に違和感無く合流させるこの先の道路の雰囲気など

いろんな条件が重なったのでしょう。

都会の街中ならともかく、こんな田舎道での出来事ですから それはそれは気持ちの悪い「魔のトライアングル」と僕たち呼んでいました (笑)





必要ではなかったのでそのままになっていましたが8年越しくらいで解決できてスッキリしました  GPS搭載のF800S氏のおかげで。



本日の走行距離 ブロスのメーターで245Km

楽しすぎて開店時間遅れてしまいました。


まだまだお盆休みは始まったばかり

クロキライディングはお盆も通常営業でございます。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 帰省ラッシュ (-。-; | トップ | 蒲江ツーリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事