クロキライディング

いつだってバイク

2018春の一泊ツーリングー1

2018年05月09日 01時34分59秒 | ツーリング


前日は夜遅く寝るまで雨が降っていて、予報のとおり雨が止んでいるのか心配しましたが

以降2日間で最も車が混んでいた早朝の中国自動車道の路面がギリギリ乾いたところで皆さん時間通りにご集合いただきました。



今回のツーリング 初日のルートプランはF800S氏におまかせでしかも先頭は…お願いすればどんなペースでもセット可能なメンバー

これまであれやこれやとルートは走ってきたつもりですが、またしても新ルートをうまく組み立ててくれて

キリリと引き締まった走行ペースのなかで僕は中間あたり

後方に990アドベンチャーと、そして時々先頭インカムで通話もできたので

右に左にとルートを移り快適で美しいワインディングを同一行動。



中国道の鹿野SA 裏門からアクセスすれば人のみ出入りできて利用可能

人知れずスポーツ的なライディングをしようと思うと、この山陰方面は給油とトイレと食事が何時でも…とはいきませんからこんな使い方もアリ。



その後天気は見る見る回復



ランチは吉和の「もみの木森林公園」レストランの開店時刻にほぼ予定どおりに到着



あわび茸のかき揚げ丼 食べてわかったその食感、アワビみたいです (^.^)



食事を終えて外に出てみるとお天気はさらに晴れ渡っていて

家族連れが次々と訪れる高原は輝いていましたね~



この先災害のため一部道路の通行止めもリサーチ済みでしたので、ここ吉和から高速道路を1区間だけ利用して一段と爽快気分

戸河内ICを降りてからも新ルート(これがまた入口がわかりにくい)



それにしても交通量の少ないこと

車を追い越すにも苦労はないけど1台1台マナー良く追い越すのはこのツーリングのルールですが

ドライバーにできるだけ嫌な思いをさせずに追い越すにはバイクの加速力だけでは足りませんね。





道の駅「豊平どんぐり村」

ここ豊平ではぜひ蕎麦を食べたかったので皆さんをお待たせしないよう真っ先に食券購入

蕎麦について語れるほどではないのだけど、これまでに出かけて食べた蕎麦やいつも食べている地元の蕎麦と自分なりに比べながら楽しみました。






その後も爽快ワインディングは続き、時々ですが出会うと嬉しいループ

今回の「犬伏山ループ」はかなり大きなRで曲がり応えありました (^.^)

そしてこの後 今年3月31日で廃線となったJR「三江線」沿いのルートとなり

これまで別のエリアで三江線に交わることは何度もあったのに

今回の新ルートではそこに廃線の時、一層話題となった天空の駅「宇都井駅」があったことに気付かずに

よくある高架だと思って素通りしてしまうと言う失態…




拝借した画像 そうそう確かにコレでした (*_*;



初日のルートも終盤 道の駅「グリーンロード大和」

ここまで先頭を走ってくれたR1200STとはココでお別れ

初日のみの参加なのでココから下関までこれまでを上回るであろうペースで帰ります。

そのくらいのことをやればBMWのこともっと理解できるのではないでしょうか (^_^;)



この後も三江線が見えたり隠れたりする山間ワインディングをしばらく走って

大きく周り込んで三瓶山の東側





同じところを走っている車もバイクもありませんし民家も見当たらないという

我々のツーリングでは一日に何度も訪れるとても走りやすい環境。





最後に三瓶山を見渡せるポイントで皆さんもスマホで撮影



まあ よく飽きもせず同じ宿に来るものだと言われそうですが

いえいえ毎年違うルートで楽しんでいると、年に一度しか来られないと言う見方もできます。

それだけ山陰方面はルートが素晴しいと言うことですかね。





天然イノシシ「おおち 山くじら」と呼ぶそうです。

アブラがスゴイ ジビエでエネルギー補給

                                                                                     

今年は珍しく最後までお付き合いできまして

午前2時半頃に就寝 雷鳴と雹が叩きつける音が気になるけど明日大丈夫だろうか?








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トランスミッションオイル | トップ | 練習会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事