鉄/アート/雑貨/Cafe♪ KUROGANE-YA/鐵屋+Cafe~島々ノ文化ノ風ガフク~♪

彫刻家/HIDEの創作な日々と鐵屋+Cafeの島風な日々♪『紅い鉄』『土へ還る鉄』を暮らしへと♪島文化薫るカフェと鉄。

初心に帰ってみよう!

2011年10月17日 09時12分30秒 | 日記・エッセイ・コラム

Kc460088

いい錆になってきたな~と毎朝、草木花にお水をあげながら眺めている。この錆鉄達が花器へと姿を変えるのは、秋も終わり北風が冷たくなる初冬かな?そんなことを考えながら・・・12月の企画展の準備もせねば・・・と焦りを感じる小寒い朝だ。                                   

夏頃に比べれば?少しは仕事も落ち着いて来たものの・・・まだまだ気持ち緩めれぬ日々が続いている。仕掛けたい創作も早くつくりたい!そんな葛藤の中で、いい刺激となった昨夜のテレビ番組【情熱大陸】だった。

デザインをデザインするのではない。遣い手がどう?感じるのか!遣い手にどんなメッセージを送るのか?遣い手が喜んでくれるのか?為になるのか?暮らしを潤すのか?その時々の社会の流れもしっかりと考えながら、時代を切り拓くデザインを創造せねば・・・そんなことをすごく改めて感じさせてくれた。

私は、どちらかと言うと?創作に関しては、花器と椅子を中心に創作していることが多い。花器は錆・・・。椅子は鉄と木・・・。これがKUROGANE-YAスタイルであり、13年の誇り・軌跡となってきている。この2本柱をもっともっと追求しデザインせねば・・・ 

Photo_2

Photo_3 

                                            

誰の為に?何の為に?私は創作しているんだったんだろう?                                        

それは遣い手の為だ。暮らしの中にさりげなくおだやかに作品が溶け込んでゆく・・・そして、時を刻み、次へと受け継がれる。人がそこに存在し、体温を感じていたい・・・。それが私の作品なんだ。

・・・もう一度、初心に帰り、花器、椅子ともっと向き合っていこう!

Photo_2

HAPPY DAY'S!

HAPPY TIME!

HAPPY SMILE!

厳選ブログ集「ひととき」 OCNブリエ認定ブロガー                                                   

                                                             がんばろう日本!

Photo_2

◆KUROGANE-YA 鐵屋+Cafe 《HP》は→

http://www2.ocn.ne.jp/~kurogane/

◆◆◆【鉄花器・鉄と木のシャビィな家具・雑貨】を中心に、こだわり住宅の手摺・階段・内外装飾・表札などの住空間のオーダーメイド鉄創作物、店舗様の看板・家具・什器・内外装飾も手掛けております。鉄釘1本やシャビー木板1枚でも注文頂けます。

♪♪♪好評?鉄アート体験!随時、ご参加ご予約を承っております!平日開催有り!詳しくはこちら(鉄アート体験詳細)→http://www2.ocn.ne.jp/~kurogane/new1010.html

◆♪♪♪ 鐵屋+Cafe ♪♪♪ 隠れ家?屋根裏小屋みたいなカフェ&ギャラリー!オーナーの鉄アート作品や鉄と木のシャビーな作品。アクセサリー・陶器・ガラス・革など他作家さんの作品もいっぱい!雑貨屋Gallery&Cafeな楽しい空間です!是非!遊びに来て下さいね!

●下記のブログ村のアイコンを1ポチッとして頂ければ幸いです。(ブログランキング参加中!応援ヨロシクお願いします!)

にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 焦りは禁物!でも焦る。そし... | トップ | 40・・・。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんのために、だれのために創るのか。 (KARAGON)
2011-10-17 23:42:51
すごくシンプルなことなのに、
すごく見失いがちなこと、のように思います。
私も初心を忘れずに、
心のどこかにほんわりと響くそんな作品を生み出せるよう
日々を大切に過ごしたいと思います。
KARAGONさんへ (kurogane-hide)
2011-10-18 08:48:18
ありがとうございます!この当たり前の筈の・・・創作の初心を大切にしていきたいと思いますね。誰もが見失う時があるからね。何かの節目とか出会いとか、そんな奇跡の瞬間が気付かせてくれるんでしょうね。
お互いしかっりと手を動かしていきましょうね~。作品の向こう側に・・・何が見えるんだろう?そんな創作がんばっていきたいな~では!

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事