奥田産業の万能黒だしブログ

黒だしを使ったお料理レシピを紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さっぱり和風焼き豚 夏野菜添え

2011年05月30日 | レシピ紹介

ジュっと焼いた豚のかたまり肉を、濃いめの黒だしに浸して作るお料理です。



にんにく1かけしょうがをすりおろします。


水200mlに対しただしパック1袋で煮出した、
濃いめの黒だしに、
すりおろした、にんにくしょうがはちみつ小さじ1程度を入れます。



豚のかたまり肉に、コショウをすり込みます。
(奥がもも、手前がヒレです。今回は2種類で試しました。)


強火で一気に、表面に焼き色をつけます。


お酒をたっぷり入れて、


ふたをして、弱火。15分~20分ほど。
お酒が蒸発して、豚肉が焦げてしまわないように注意。

ふたをとって、中火にして水分をとばし、
もう一度表面を焼きます。


黒だし、にんにく、しょうが、はちみつの入ったバットに、
焼けた熱々の豚肉を入れます。



野菜は彩りよく。
今回は、ピーマン、パプリカ(赤・黄)、アスパラガス、じゃがいも、
なすび、オクラを使いました。


それぞれ素揚げした野菜も、バットに入れます。


密着ラップをして、粗熱がとれたら、冷蔵庫へ。
粗熱が取れるまで、何度かだしを豚肉にかけたり、
豚肉をひっくり返したりして、味をなじませます。



お肉を切って、野菜を添えて、
バットに残った浸けだしを豚肉にかけて、完成!


にんにくとしょうがの香り、ビタミンカラーの野菜が食欲をそそる1品。
よく味のなじんだ野菜が、
さっぱりとした豚肉によくあいます。
(写真はヒレの方です。)


豚のかたまり肉が大きい場合は
200℃ぐらいのオーブンで焼いた方が、
中までしっかり火が通っていいと思います。


この夏、ぜひお試しください。



松本





コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 梅と白菜のお吸い物 | トップ | 黒だし冷製トマトパスタ »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パーティ☆ (エリ果)
2011-05-22 21:53:46
こんど、家でみんなを呼んだ時にこれ作ろっ(o>ω<o)

コメントを投稿

レシピ紹介」カテゴリの最新記事