高野山黒田家墓所

2007-12-31 11:03:21 | Weblog
親しい友人の尾満社長(「平成」の年号を上申した易学の泰斗故安岡正篤の流れをくむ平成の易学の大家で現在満月斎として活躍中/実家は名槍日本号を侠客より買い戻しに尽力し黒田家に寄贈させまた玄洋社を起し幕末から昭和にかけて日本国の為に大活躍した黒田藩士の末裔頭山満(とおやまみつる)を陰乍ら助け保護した/本人のお名前の満は頭山満より名付けられたという)より高野山から我が息子を経てメールが届きました。高野山には黒田家の墓所がありその写真を送ってくれました。これをもって今年度の豊前国中津黒田武士顕彰会のブログを納めたいと思います。実は昨年の12月14日に最初の1ページを開き逡巡する中、同24日より1年間は毎日ブログを更新し黒田武士の顕彰に努めるべく精進すると願をかけやってきました。拙いブログでしたが勤務の傍らでしたので走り書きもあり、またこの12月には胃の手術というアクシデント(ベットの上で点滴を受けながらブログ作りをしました)もありましたがお陰で丁度今月の24日に満願成就となりました。長い間多くの皆様に読んでいただき感謝しております。本年は黒田武士の会として4月29日中津みなと藤祭りに出演と新曲「豊前中津の黒田武士」のご披露、5月3日博多どんたくに出演、5月19日中津市南部公民館中津の郷土史を語る会で「豊前中津の黒田武士」の演題で講演、同27日中津市リルドリーム中津音頭大会、6月6日母里太兵衛の命日に嘉摩市麟翁寺に詣で、8月3日姫路お城祭り、10月20日福岡市西公園光雲神社遷座100年祭出演,また数々の祝賀の式に招かれたりして大いに中津の宣伝と黒田武士の顕彰に勤め、会としても良くやってこれたなと思える1年でした。戦国武将黒田如水、長政そして名槍日本号を福島公より飲み取り民謡黒田節でその名を残した母里太兵衛をはじめとする黒田24騎の兵(つわもの)どもは黒田武士としてその勇猛果敢な生涯は調べるほど奥が深く一人ひとりの人物はまことに魅力ある「武士/もののふ」そのものでした。それも黒田如水、長政父子が傑出した戦国武将であったがゆえにそれを支えた家臣達もそれに準じて素晴らしかったのだといえます。今後は今までのように毎日ブログを更新とはいかないと思いますが黒田武士顕彰会としては秀吉、家康に天下を取らせた戦国時代の名軍師、幾多の戦にその冴え渡る軍略を駆使し戦国史に燦然と輝く豊かなエピソードを残した「黒田如水、長政をNHK大河ドラマに」取り上げられるように頑張って行きたいと思います。全国の黒田武士フアンの皆様本年は大変お世話になりありがとうございました。来るべき平成20年が皆様にとって輝かしい一年と成りますようにご祈念申し上げます。豊前国中津 黒田武士顕彰会 会長小野眞宏、事務局長松本達雄他会員一同。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 黒田二十四騎・野口左助一成(... | トップ | 謹賀新年 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高野山 (満月斎)
2008-01-07 11:43:39
昨年一年間お忙しい中ブログを書き続けられたこと、お疲れ様でした。とても勉強になりました。
題材探しは大変だと思いますがこれからも頑張ってくださいね。

http://mangetsusai.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_f00e.html
お礼 (中津黒田武士の会・松本達雄)
2008-01-08 11:51:17
満月斎先生コメントをありがとうございました。毎日全国各地を飛び回られてお忙しいでしょうが健康にはくれぐれも気をつけられてください。本年も何かとご指導戴くことがありましょうが宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事